漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

将棋めし 6

通常価格:
630pt/693円(税込)
(4.1) 投稿数7件
将棋めし(6巻完結)

作品内容

峠なゆた玉座、対杜谷龍王の防衛戦! 勝負に熱を帯びる戦いの末、 勝利の女神が微笑むのはなゆたか、杜谷か!? そして、それぞれのめし戦略は!? 話題の将棋めしマンガ、ついに完結!

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

将棋めしのレビュー

平均評価:4.1 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 左手・・・将棋部分は添えるだけ
    いっちゃんさん 投稿日:2020/5/25
    棋士の藤井聡太七段(2020年5月25日現在)の勝負飯が話題になりましたが、棋士とグルメを一つにした作品です。 グルメ漫画としては美味しそうでよく描けていると思いますが、将棋漫画部分はおまけ程度ですね。 将棋漫画としても楽しめればよかっ た。 ☆3.5 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 将棋めし
    Fullkyさん 投稿日:2019/7/2
    将棋の女性棋士の主人公とその周辺の人が将棋したりメシ食ったりする漫画
  • (5.0) 面白い
    ゆうくんさん 投稿日:2017/9/23
    ただ、ひたすら面白い絵もいいし、内容もいいし、なゆたろう可愛いしオススメです
  • (5.0) 作者の将棋愛がすごい
    hayadoriさん 投稿日:2017/1/31
    主人公が女性棋士でタイトルホルダー、というのは荒唐無稽までいかずとも現時点ではファンタジーに近いが、女流棋士や奨励会員では将棋界の「めし的あるある」(タイトル戦、順位戦など)が描きづらいので、ここは設定として素直に受け入れたい。 さて、「 将棋めし」というタイトルではあるが、「将棋(と)めし」ではなく、めしはあくまで棋士や棋界を語るうえでの味つけ、ダシとして使われている印象。むしろ女性棋士・女流棋士問題をはじめ、作者の徹底した将棋愛がひしひしと伝わってくるので、純粋なグルメ漫画として読みたい人間や棋界にまったく興味がない層には少々肩透かし感があるかもしれない。 ひとことで言っちゃえば「作者が将棋のことを書きたくて書きたくてしょうがなくて、でもそれ単体だと連載できなさそうだからめしを絡めたのではないかしら」という作品。 ただし、将棋もめしも好きだ、というわたしはたいへんおもしろく読めました。棋士のエピソードなど小ネタの宝庫でもあるので、何度も読み返せる多角的、多面的な漫画だとおもいます。 もっとみる▼
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ