電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

龍狼伝 王霸立国編(7) NEW

通常価格:
450pt/495円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.6) 投稿数5件
龍狼伝 王霸立国編(7巻配信中)

作品内容

皇軍内から竜娘娘(真澄)を救出し、船で脱出した劉備軍・関平だが、竜娘娘への復讐に燃える猛将・馬超の船団に捕らえられてしまう。一方、真澄と関平を逃がすため、邪仙・大幻(ダーファン)に一人立ち向かった『竜騎兵』焦先。大幻の圧倒的な力に追い詰められるも駆けつけた志狼達に救われる。焦先に代わり、大幻に挑む志狼。完成した“実の拳”で打ち破れるか!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  7巻まで配信中!

  • 龍狼伝 王霸立国編(1)
    登録して購入
    無 料【期間限定】9/30まで
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    価格:
    0pt/0円(税込)
    西暦二一〇年十一月、真澄の救出に向かう道中の山村で、五虎神の一人・白冥虎の仕掛けた毒で倒れるも『真諦(ヂュンディ)』の“治癒の力”で、九死に一生を得た志狼。一方、皇軍六十万対曹軍十万の全面戦争は、献帝を奪われた皇軍の敗走で幕が下りた。許都に帰還した皇軍は、丞相“仲達”が失踪する中、曹軍のさらなる追撃を恐れ今後の方針を巡って熱い議論を交わすのだった。帝の救出を巡り、新たな戦いの幕が開ける……!!
  • 龍狼伝 王霸立国編(2)
    登録して購入
    無 料【期間限定】9/30まで
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    価格:
    0pt/0円(税込)
    自らの国作りのため「竜の子が死んだ」と噂を広め、姿を隠した志狼。神山での竜騎兵との厳しい修業を経て、辿り着いた新野の地で待っていたのは新たな“竜の子”だった…!? 一方、許都では竜娘娘(真澄)を皇帝に即位させるべく、“水徳党”と名乗る一団が暗躍、また真澄自身にも邪仙・大幻(ダーファン)の魔の手が伸びようとしていた。不穏な空気が充満する中、真澄は――!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(3)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    都で竜娘娘(真澄)を皇帝に即位させるべく“水徳党”と名乗る一団が暗躍する中、「帝への謀反の嫌疑」で幽閉されてしまった真澄。一方、国作りのため新野の地を訪れた志狼は、“竜の巫女”ソフィアの正体を探るべく再び動き出した。“異能の力”から『神の聖杯(エリクシール)』と名乗る暗殺団から命を狙われたソフィア。“竜の巫女”を守るため『神の聖杯(エリクシール)』と、たった一人で闘うことを決意した志狼だが!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(4)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    自らの国作りのため荊州・新野を訪れた志狼は“竜の巫女”ソフィアを救うべく、異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』に戦いを挑む。窮地におちいる中、前世の記憶『破凰』ガザンの人格を取り込み、圧倒的な力で敵を倒していく志狼だったが、首領(ドミヌス)の“念動力”により、心臓を握り潰されてしまうのだった。最強の『破凰』の力を持ってしても倒せぬ強敵に打つ手は‥‥!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(5)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    中学の修学旅行で中国に向かった志狼は、幼なじみの泉真澄と共に、突如現れた巨大な竜によって西暦207年の荊州・新野にタイムスリップしてしまう。そこは乱世の群雄が“覇”を競う『三国志』の時代……。“竜の子”として劉備軍の軍師になり、自分が乱世に終止符を打てる『天運』の相の持ち主と知った志狼は、滅びをもたらす『破凰』の相の持ち主“仲達”を倒すことが、自分に与えられた使命と考え、戦うことを決意する。志狼を待ち受けるのは「長坂坡の戦い」「赤壁の戦い」――数々の戦場! そして、『三国志』の歴史が変わる!?


    許都で幽閉された「竜娘娘(真澄)救出」を名目に八万の軍を率いて出陣した曹操。同じ頃“仲達”もまた、曹操を討つべく呉の孫権を動かすのだった。一方、国作りのため荊州・新野を訪れた志狼は、異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』から“竜の巫女”ソフィアを助け出す。真澄を救うため蓮花(レンファ)と共に都へ向かった志狼は、街を襲う“水徳党”の一団と遭遇するが・・・・!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(6)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    中学の修学旅行で中国に向かった志狼は、幼なじみの泉真澄と共に、突如現れた巨大な竜によって西暦207年の荊州・新野にタイムスリップしてしまう。そこは乱世の群雄が“覇”を競う『三国志』の時代……。“竜の子”として劉備軍の軍師になり、自分が乱世に終止符を打てる『天運』の相の持ち主と知った志狼は、滅びをもたらす『破凰』の相の持ち主“仲達”を倒すことが、自分に与えられた使命と考え、戦うことを決意する。志狼を待ち受けるのは「長坂坡の戦い」「赤壁の戦い」――数々の戦場! そして、『三国志』の歴史が変わる!?

    各地で蜂起した“水徳党”を吸収し、二十万の軍勢となった曹操軍が許都を目指す中、洛陽への遷都を決めた皇軍。一方、皇軍にいる真澄を救うべく蓮花(レンファ)と共に都へと急ぐ志狼は“竜の巫女”ソフィアをめぐり、かつて戦った異能の暗殺団『神の聖杯(エリクシール)』と出会うのだった。首領(ドミヌス)から「竜娘娘(真澄)が、猛将・馬超から命を狙われている」と告げられた志狼だが・・・・!?
  • 龍狼伝 王霸立国編(7)
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    皇軍内から竜娘娘(真澄)を救出し、船で脱出した劉備軍・関平だが、竜娘娘への復讐に燃える猛将・馬超の船団に捕らえられてしまう。一方、真澄と関平を逃がすため、邪仙・大幻(ダーファン)に一人立ち向かった『竜騎兵』焦先。大幻の圧倒的な力に追い詰められるも駆けつけた志狼達に救われる。焦先に代わり、大幻に挑む志狼。完成した“実の拳”で打ち破れるか!?

レビュー

龍狼伝 王霸立国編のレビュー

平均評価:3.6 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 面白かったです
    マザさん 投稿日:2021/8/16
    三国志を基本としたストーリー展開ですが、そこに主人公をはじめ魅力的なキャラクターが活躍しているのが、とても面白いです。架空の人物だけでなく、三国志に欠かすことのできないたくさんの人物たちの活躍は読んでいて、ついつい引き込まれてしまいます。三 国志は、いろんな作家さんによって魅力ある作品として描かれていますが、本作も面白かったです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 最終章なのかな
    のんやんさん 投稿日:2019/3/6
    とうとう最終章なのかな。志狼が国づくりを決意してその部下として龍騎兵が集まった。周瑜は敵と思っていたが、これからは周瑜の思いに沿った流れになるのかな。これで3つの国の主要人物と心通わせたと言っていいでしょう。始まったばかりなので結末を考える のは早いだろうが、悪い結末とうまくいく結末と考えてしまった。 もっとみる▼
  • (4.0) 新新展開
    monakaさん 投稿日:2017/9/15
    志狼が、自ら国作りを始めた第三部。仲達(破皇)を作った敵?西欧ローマからの刺客?更に規模を大きくしながらの展開。志狼、真澄も変わり続けていく。
  • (4.0) 無料版だけですが、
    こばやまとさん 投稿日:2019/4/24
    肉体的にも、精神的にも成長して大人っぽくなったシロウ君がかっこいいです。 ぜひ完結させて欲しいと強く思います。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ