漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

NeuN(1)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数14件
NeuN(6巻配信中)

作品内容

ナチス政権下のドイツ。血のつながっていない両親とのどかに暮らしていた少年フランツ・ノインは、ある日突然ナチスの襲撃を受ける。ナチスは密かにヒトラーの血を持つ13人の子供をつくり、ドイツ各地で育てていたのだが、何らかの理由で彼らの抹殺を決めたらしい。ノインを密かに警護する命を受けていたテオ・ベッカーは、ナチスを裏切り、ノインと旅に出た。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • NeuN(1)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ナチス政権下のドイツ。血のつながっていない両親とのどかに暮らしていた少年フランツ・ノインは、ある日突然ナチスの襲撃を受ける。ナチスは密かにヒトラーの血を持つ13人の子供をつくり、ドイツ各地で育てていたのだが、何らかの理由で彼らの抹殺を決めたらしい。ノインを密かに警護する命を受けていたテオ・ベッカーは、ナチスを裏切り、ノインと旅に出た。
  • NeuN(2)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ナチス政権下のドイツ。血のつながっていない両親とのどかに暮らしていた少年フランツ・ノインは、ある日突然ナチスの襲撃を受ける。ナチスは密かにヒトラーの血を持つ13人の子供をつくり、ドイツ各地で育てていたのだが、何らかの理由で彼らの抹殺を決めたらしい。9番目の子・ノインは、護衛を担当するテオ・ベッカー、8番目の子供・アハト、その護衛のナオミ・ライジンガーと共に、ナチスの追手と戦おうと決意するが・・・。
  • NeuN(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ヒトラーのDNAを受け継ぐ13人の子供たちの中でたったひとり生まれた「完璧な子供」、6番目のゼクスが、9番ノインに接近した理由は徐々に明らかになる。そして物語の舞台はナチス占領下のポーランドにとび、またひとり新たな子供が登場する!
  • NeuN(4)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ヒトラーのDNAを受け継ぐ13人の子供たちの中でたったひとり生まれた「完璧な子供」、6番目のゼクスは、9番ノインの「同期能力」に興味をいだく。ノインたちはナチス占領下のポーランドで11番目の子供レベッカ・エルフを擁するレジスタンス集団とともにナチスに立ち向かうことに。ノインの中の独裁者のDNAが発動し始め、歴史は大きくうねりだす!
  • NeuN(5)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ナチス政権下のドイツで密かに造られたヒトラーのDNAを受け継ぐ子供達がいた。その目的は「完成された人種」をつくること。1940年、たったひとり生まれていた「完璧な子供」、6番目のゼクスは、ほかの12人の抹殺指令を出す。9番目のフランツ・ノインは、その護衛のテオ・ベッカーとともに襲撃を逃れて生き延びる。

    数々の死と危機を超え、ついにノインの異能が覚醒。“同期”と呼ばれるその力は、人の生死すら超越するものだった。ゼクスとDr.Uはノインの目覚めにより極秘計画を次のステージへと進める。果たして“同期”とはなんなのか、そしてその力を使ったナチスの野望とは――?衝撃の第5巻、ついに発売!
  • NeuN(6)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「同期」能力に目覚めたノインはナチスに捕らえられ、海上の隔離施設に監禁されていた。多数のナチス軍に囲まれた状況でありながらも、脱出を目論むノイン。一方、ノインを監視するナチス軍ではノインの「同期」能力により精神を破壊される者が続出していた。そこへ、被害にあった軍人達のケアをするべくカール・バウマンという青年医師が現れてーー?

レビュー

NeuNのレビュー

平均評価:4.6 14件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 続きが気になる
    わかばさん 投稿日:2020/10/20
    ナチスドイツを題材にした物語は沢山ありますが、この物語は漫画だからこそできるファンタジーな部分と実写化できるのではないかという程のリアルさがうまく合わさっていると思います。 絵も重圧感があり話の内容に合っています。実在の人物を知っていると なお楽しめるかも。 ヒトラーの遺伝子を持つ子供達はどこから来たのか等、気になる謎がまだまだあり目を離せない作品です。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 暗いし怖い…でも面白い!!
    リンゴさん 投稿日:2019/3/5
    ナチス政権下のドイツなんて、漫画で描くには物凄くハードル高い題材だと思うのですが、陰鬱な絵(良い意味で)と飛躍し過ぎないSFサスペンス要素が良い具合に合わさって、唯一無二の面白い作品になってます。登場人物達の瞳が、あの時代の暗澹とした空気を 物語っているようで、こっちまで緊張しながら読んでしまいました。ノインを守るテオが寡黙な仕事人という感じでかっこいいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 重い、けど面白い!
    mocoさん 投稿日:2019/4/15
    この題材、大丈夫だろうかとヒヤヒヤしつつ、思わず肩に力が入って読んでしまうが、面白いです。ノインの成長とテオの過去との邂逅。かっこいいナオミ姉さんと奇抜なエルフ。そしてぶっとんでるゼクス。重厚な背景に、先の読めない展開で、続きが気になります もっとみる▼
  • (5.0) ヒトラーの血
    靫良さん 投稿日:2020/6/13
    1巻だけ読みました。ナチスと聞くと、残虐さは避けられないので漫画とはいえ怖いのですが、主人公のノインには何かしらあるようで続きを知りたくなります。また、ノインの壁であるテオの過去、なになに? と興味がわいてきます。
  • (5.0) 緊迫の逃亡劇
    いちげんさん 投稿日:2019/4/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 ナチスの残虐性、追われる恐怖感が見事に描かれた作品。オカルトに傾倒したナチスならいかにもやっていそう…というリアリティも。ただ、取り上げ方を間違うと危険なテーマだけに先の展開が心配です。 続きを読む▼
  • (5.0) 絵、内容ともに価値が高すぎ
    kurodaさん 投稿日:2018/2/12
    絵は水彩画のようで繊細な悲しみと恐怖を感じられるし、内容は先が読めない超能力に関するSFでありながらナチスの歴史につながりがあるため現実的に感じます。久々の大作でした。
スタッフオススメ!
  • ヒットラーの子供たち
    ナチス、ヒットラーが題材の本作品。高橋ツトム先生の卓越した木炭画のような絵柄が混沌とした時代背景にマッチしていて、読む者をその世界へと誘います。人工授精によりヒットラーの血を引くノイン(9番目)は抹殺から逃れる為に壁のテオと旅をします。なぜゼクス(6番目)は兄弟同様のノインたちを狙うのか?
    編集:鋼女
▲ページTOPへ