漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
BLコミック
世田谷シンクロニシティ
この巻を買う/読む

世田谷シンクロニシティ

通常価格:
665pt/665円(税抜)
(4.3) 投稿数20件
世田谷シンクロニシティ(1巻完結)
作品内容

バイト先によく現れる「彼」は、いつも決まって同じ席で同じ男と居た。……めちゃくちゃ、タイプだった。 「恋をするのは女の子なのに、男にしか欲情できない」という不思議な体質に悩まされている高史は、彼女・舞の転勤により、一緒に暮らしていた家を出なければいけなくなってしまう。困り果てていたところ、友人が使っていない寮部屋に住まわせてもらえることに。が、話によると「同室の男は“あっち系”」……。入寮の日を迎え、同室の男・深町と出会った高史は度肝を抜かれる。深町は、バイト先でいつも気になっていた「彼」だったのだ。そしてある時、二人は一線を超えてしまう……。「ふつう」ってなんだろう。俺は「ふつう」になれるのかな……。不器用な二人が手を取り合ったとき、涙が溢れて止まらなくなる。あたたかなメッセージがぎゅっと詰まった、本郷地下・待望のBL最新刊!

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
世田谷シンクロニシティのレビュー

平均評価:4.3 20件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 恋に落ちるまでが
    チロルさん 投稿日:2019/5/31
    とても丁寧に描かれていて、読み終えた後、1本の映画を観終わったような気持ちになりました。話数ごとにきちんと区切りが付いているのも読みやすかったです。BL作品に出てくる女性は大抵当て馬というか、あまりいい性格ではない印象があるのですが、こちら のお話に出てくる主人公の恋人である舞さんはすごくいい人で、好きになった方と幸せになって欲しいと心から思えました。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) 胸にささる
    moiさん 投稿日:2019/5/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 自分をわかってくれる人、受け入れてくれてその上で好きになって欲しいし好きになりたいという思いを抱えていた樋村にとって深町のそのままでいいし変わってもいいという言葉はすごく救いになったと思うし樋村と思じように悩み苦しんだはずの深町からの言葉だからこそ、樋村の力になったと思います。 切なく苦しいなかにも光輝くような愛があって感動という言葉では収まらない出会えて良かった素敵な作品でした 続きを読む▼
  • (5.0) BLってこういうこと
    みーさん 投稿日:2019/3/22
    と私は思ってしまいました。もちろんBLに限らず、誰かを好きになることで萎縮したりする必要はない、堂々としていればいい、まさにその通りですよね。とてもいいお話です
  • (5.0) じーんとほんわか
    ねこのさん 投稿日:2018/11/15
    何度読んでもいいはなし。これを見て作者さんにハマりました。ふくふくハイツもオススメです。
  • (5.0) 複雑な心の内側
    清水白桃さん 投稿日:2018/11/12
    大学の寮で相部屋生活を急遽始めることになった樋村くんと深町くん。授業やバイトで偶然一緒に行動する機会を増やしてゆく二人の交流が興味深い距離感で描かれています。一見不道徳に思われる関係性かもしれませんが、二人の日々のやりとりがテンポ良く丁寧に 描写されているせいか不思議と不快感がありません。むしろ複雑な心の内側がしっかりと浮かび上がっていて、より切なくあたたかく感じられました。思いを肯定するのも否定するのも、人それぞれ心の持ち方次第なのですが、そのままで良いと受け入れてくれる人の存在は尊いなぁ、としみじみ思う作品でした。 もっとみる▼
  • (5.0) すっごく良かった
    バナナチョコさん 投稿日:2018/8/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 無理に決めなくていい 変わらなくていい 私もその言葉がずっと聞きたかった ありがとうございます! 続きを読む▼
▲ページTOPへ