電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 13 NEW

通常価格:
550pt/605円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数149件
二月の勝者 -絶対合格の教室-(13巻配信中)

作品内容

『二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 13』 ※販売開始日は変更になることがあります。ご了承ください。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  13巻まで配信中!

  • 二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 11
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    直前期必勝マニュアル&絶対合格カレンダー

    「最終仕上げです。生徒としての。
    そして、受験生の親としての」

    本番まで残すところ約2か月……

    黒木が配布する「直前期必勝マニュアル」の中身とは?

    入学金の二重払い?移動のためにお昼ご飯が食べられない?
    「絶対合格カレンダー」が導く超実践的な本番スケジュールとは!

    併願するなら知っておきたい中高一貫公立校の魅力とは?

    残すところわずか数回の模試、
    あのコツコツがんばる生徒が、気がつけば大飛躍を!?

    まるみに立ちはだかる調査書の壁。
    親のすべきことはただ「待つ」こと…その真意は?
    中学受験を通じて描かれる子供の成長と親の自律を描く第11集!
  • 二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 12
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    連続ドラマ化!話題の中学受験ストーリー!

    「最後の12月の模試が終われば、
    あとはもう“本番”しかありません」

    合否判定がわかるラストチャンス。
    全生徒、その保護者、講師が導き出す
    最終的な志望校がついに出そろう!

    島津君、上杉君の友情コンビの第一志望は!?

    黒木が「圧倒的王者」と言い切るフェニックス、
    その驚異のシステムとトップ生徒のすごさとは!?

    「私はまだ本気出してないだけ」
    “頑張らない努力”をすることで自分の心を守る子供の真意は?

    ついに黒木が隠している別の顔が佐倉に知られて…?
    黒木をつき動かす過去の“約束”とは。

    連載100回突破!映像化も決定の最も熱い人間ドラマ、
    中学受験を通じて、受験塾の緻密な戦略と、
    子供の成長と親の自律を描く第12集!
  • 二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 13
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    『二月の勝者 ー絶対合格の教室ー 13』 ※販売開始日は変更になることがあります。ご了承ください。

レビュー

二月の勝者 -絶対合格の教室-のレビュー

平均評価:4.5 149件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 体験談
    けいりんさん 投稿日:2021/10/24
    3人の子供達も中学受験しました。上は男子校、真ん中は共学校、1番下は女子校です。 懐かしくもあり、反省もあり、切磋琢磨した時期でもありました。それぞれ楽しく学校生活を送り部活もして、大学も卒業しました。中学受験は1番フェアであると思います 。 親は一緒に成長させていただきました。 今となっては良い思い出です。中学受験もこよ漫画もオススメです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 小3までの子供がいる方、必読かもです
    メランコリーさん 投稿日:2021/10/12
    すごく面白くてとても勉強になります!私は公立小から中学受験をした経験があります。私大附属中高一貫に入学し卒業、別の私大へ進学しました。中学受験は自分の強い意思など無く、姉の入学した学校へあなたも進学しなさいと親に言われて従いました。受験の為 に通った塾の先生が大嫌いで凄く嫌々通ってたので、先生の顔だったり詳しい記憶が消えています。嫌な記憶過ぎて抜け落ちてしまったようです。黒木先生の様な頼りになる魅力的な先生のいる塾だったら今でもしっかり覚えていたかもしれません。ちなみに姉は中学受験のストレスで円形脱毛症になってました。私は軽い記憶障害くらいで済んでて良い方だと思います。当時は中学受験に対してなんでこんな事になった?と思う毎日でしたが、いざ入学してしまえば全然優秀でない私でも高校受験は実質無しで進学、更に大学受験の際にも私大への指定校推薦を優先的に回してもらえたり等、附属中からの進学で優遇されていたと思われる事が多々ありました。(附属中のパンフレットに進学先の実績が載りますので外部の生徒よりも気にかけて頂けたのか?と思います)今となっては親には感謝しかありません。そして自分が親となり、子供はまだまだ幼いですが将来を考えるといずれは中学受験させた方が良いのかとても悩みます。私は公立に通った事が無かったけど高校で外部から入学してきた友人はみんな素敵な人ばかりだったし、別に中学は私立じゃなくて公立で良いんじゃ無い?って思ってました。でもこちらを読んで私の子供の頃とは教育環境が大きく変わっている事を知りました。公立でも中高一貫が増えているとは…知れて本当に良かった!大変勉強になりました。中学受験のスタートの小3までに時間はあるので、この漫画をはじめ色々な手段で最近の教育事情をしっかり勉強したいと思います!子供の教育についてはどうしても母親の方が熱心で、中学受験って父親自身が経験してなかったら気が進まないかもしれません。でもこちらを読んでもらえれば受験への理解を深めてくれると思います、漫画として凄く面白いので純粋に楽しめるのも良いですよね!私の夫は中学受験に興味が無く、私の話を聞いてくれないと思うので子供が小学校に入学したらこの作品を読んでもらおうと思います!とりあえずお金が必要なんだな、しっかり貯めておかないとな…父親の経済力と母親の狂気って本当にその通りだし名言ですね… もっとみる▼
  • (5.0) めちゃくちゃ面白くて一気読み!
    憂架さん 投稿日:2021/10/19
    わたしも中学受験組だったので懐かしさから読んでいましたが、涙なしには読めない作品です。 受験を通して、塾を通して子供たちが自分と向き合い成長していく。 こんなに小さな、まだランドセルを背負っている子供たちが自分と真剣に向き合って努力して 、友人たちと切磋琢磨していく姿は本当に感動します。 わたし自身、「一生懸命やったけどダメだった」という経験を作りたくなくて、自分のその時の偏差値に見合った学校しか受験しなかった。 その経験は今でも関わってきていて、一番好きなことを仕事にするとか、真剣に習い事に取り組むとかそういったことを避けて生きてきました。 子供の頃、もっと真剣にチャレンジする経験を身につけていれば大人になった今も何か変化があったのではと後悔でいっぱいです。 だからこそ、この作品に登場する子供たちの成長を見られることが嬉しい。 努力の先にあるものは結果であって欲しいけど、結果以外にもいろいろな財産を得られるということを子供の時の自分に言いたかった。 がんばれなかった自分じゃなくて、頑張ってたらこんなふうになれていたのかなと、思いを馳せながら読んでいます。 素晴らしい作品をありがとうございます。 一生続けばいいのになと思うくらい素敵な作品です。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白い
    すやすやさん 投稿日:2020/11/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 中学受験では第一志望に合格する子はとても少ないんです。 レベルの高い学校を目指すことを目標としているご家庭が多いからです。 作品の中でも実力以上を目指す母親が描かれていますが、下手したら全落ちですよね… そうなったら子供はとても傷つくでしょう。 本当に中学受験は過酷です。 塾のリュックなんて大人の私が背負うとしても重くて重くて… 通って宿題をこなしているだけでも立派です。 『とにかくレベルの高い学校を』ではなく、しっかり学校を調べて学校の先生ともよく話をして、本人が気に入った実力相当の学校に入れるようにしてあげて欲しいです。 もちろん実力以上でも本人がぜひと思い頑張れるなら応援してあげるのもいいかとは思います。 ただ本人が行きたいと思ってもその通りになるかわからないのが怖いところで、切望した学校に落ちてしまうのもかなりなショックだと思うので、ある程度の見極めは必要だと思います。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ