漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

僕はどこから(1)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数17件
僕はどこから(4巻完結)

作品内容

文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。人生に追い詰められた彼が、エリートヤクザ・藤原智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がる――!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全4巻完結

  • 僕はどこから(1)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。人生に追い詰められた彼が、エリートヤクザ・藤原智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がる――!!
  • 僕はどこから(2)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。親友でエリートヤクザの藤原智美と共に、犯罪に手を染めることに。その異能を活かして成功直前までこぎつけるが、一転、殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう!
  • 僕はどこから(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫。親友でエリートヤクザの藤原智美と共に、“替え玉受験”を敢行。その異能を活かして成功直前までこぎつけるが、一転、殺人事件に巻き込まれてしまう。ヤクザ・警察・マフィアに追われる二人は、決戦の地、福岡へ!
  • 僕はどこから(4)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    藤原を追って拳銃を手に新幹線に乗り込んだ竹内に、山田の罠と警察の包囲網が襲いかかる!絶体絶命の彼に、藤原が繰り出した秘策とは? 一方、福岡へ到着した藤原は敵の本拠地「宝土清掃」に乗り込む。宝土率いるアウトローたちと、壮絶な殺し合いを始める藤原。莫大なIR利権を勝ち取るのは、どっちだ!?

レビュー

僕はどこからのレビュー

平均評価:4.5 17件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 友情とは何か それがわかればきっと・・・
    ちゆりさん 投稿日:2020/7/17
    ここで描かれている暴力や泥臭さやしがらみの向こうには孤独な魂の求めるきらめきとか至高の何か、とてつもなく美しい尊いものがある。その人が生きている証だったり生きた証だったり。そしてそれが本物の文学の持つ力や息吹だったりするのだろう。一瞬も気が 抜けない無駄が全くない、透徹した眼差しで描かれた凄まじい熱量のある物語だ。 ちなみにドラマ化で知ったがドラマがそれほど話題にならなかったことを見ると、この原作はおそらくドラマとは次元が違うと思う。だからドラマを見た人も知らない人も手にとってほしい。唯一無二の名作と言っていい。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろかった!
    こばやまとさん 投稿日:2019/5/5
    すっごく良い作品でした!!! 無料版って、3巻くらいから面白くなってくる作品が最近多かったのですが、この作品は無料版の1巻から胸が激しく高鳴りました。 最終巻の巻末に、作者さんが玲を主人公に最初考えていたと話されてて、すごく納得しました 。玲の母親から受けていた仕打ちは、読んでてとても辛かったです。玲の母親も家柄とかのプレッシャーがあったとは思うのですが、母親が子供にあんな仕打ちを絶対してはいけないです。 薫と智美の友情も胸熱でした。 もっとみる▼
  • (5.0) ヤンマガで一番好きな作品です
    臼井智さん 投稿日:2018/6/10
    個人的にはいまのヤングマガジンでは一番好きです。 全くタイプが違う二人の主人公が親友になる経緯に胸が熱くなりました。そして詳しくは書きませんがここから二人のコンビネーションでどのように難局を乗り切って行くのか。薫と智美はこれからどのよう な道を歩んで行くのか注目です。 また、市川先生の絵も上手くなっております。今後人気になってほしい作品だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0)
    |・ω・)つさん 投稿日:2020/1/18
    無料で読んだりしたら、すっかりはまってしまい、即購入しました。智美くんが好きです。設定がおもしろく、主人公と智美くんや、主人公とお母様、玲くんとお母さん、山田さんと宝土さん、といった繋がりはストーリーを盛り上げていると思います。スピード感の ある絵も好きです。終わってしまい寂しくも思いますが、智美くん同様に主人公を送り出したいと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) わかる気がした
    ひとでなしさん 投稿日:2020/2/1
    文字や文章から人の性格や行動って読み込めるかもと納得。 周りの環境がひどいけど主人公の能力は現実にも少しは持ってる人いるんではないかな、っと思ってしまいました。 お医者さんだったりしたらすごいいい腕の精神科医とかになっていそう。
  • (5.0) 絶対ドラマ化してほしい!
    なばためさん 投稿日:2019/11/10
    この展開にハラハラワクワクした!久しぶりに続きが気になって買ってしまった漫画。 オリジナリティは正義だとあらためて実感。A-boutも面白くて全巻読んだけど、これはまた作者の違った一面が見れた気がする。絵の気合いがすごい!
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 特殊能力で乗り切る
    主人公は二十歳の小説家志望の竹内薫。彼には、相手の意図を読む、相手の頭で考えるという特殊な能力が備わっています。親友でやくざの組長、藤原智美から、その特殊能力を利用していろいろ依頼されることに・・・『A-BOUT!』作者の市川マサ先生が描く、痛快サスペンスストーリー!
    制作:のぞ
▲ページTOPへ