漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

僕はどこから(1)

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.4) 投稿数7件
僕はどこから(4巻完結)

作品内容

文章を書き写すことで、思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。人生に追い詰められた彼が、エリートヤクザ・藤原智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がる――!!

作品ラインナップ  全4巻完結

レビュー

僕はどこからのレビュー

平均評価:4.4 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 絶対ドラマ化してほしい!
    なばためさん 投稿日:2019/11/10
    この展開にハラハラワクワクした!久しぶりに続きが気になって買ってしまった漫画。 オリジナリティは正義だとあらためて実感。A-boutも面白くて全巻読んだけど、これはまた作者の違った一面が見れた気がする。絵の気合いがすごい!

高評価レビュー

  • (5.0) 隠れた名作
    おもちさん 投稿日:2019/9/28
    最後まで一気に読んでしまう隠れた逸品。 ひとつの脱皮を見守った感覚です。 特に、周りに気を遣い過ぎて生きてる人に読んでもらいたい作品。世界に対して心を開くって、こういうことなんだと思えるんじゃないかなーと。
  • (5.0) 想定外の展開
    ルカさん 投稿日:2019/9/17
    設定と構成が秀逸。 今後の展開がどうなるのか気になりすぎる。
  • (5.0) おもしろかった!
    こばやまとさん 投稿日:2019/5/5
    すっごく良い作品でした!!! 無料版って、3巻くらいから面白くなってくる作品が最近多かったのですが、この作品は無料版の1巻から胸が激しく高鳴りました。 最終巻の巻末に、作者さんが玲を主人公に最初考えていたと話されてて、すごく納得しました 。玲の母親から受けていた仕打ちは、読んでてとても辛かったです。玲の母親も家柄とかのプレッシャーがあったとは思うのですが、母親が子供にあんな仕打ちを絶対してはいけないです。 薫と智美の友情も胸熱でした。 もっとみる▼
  • (5.0) ヤンマガで一番好きな作品です
    臼井智さん 投稿日:2018/6/10
    個人的にはいまのヤングマガジンでは一番好きです。 全くタイプが違う二人の主人公が親友になる経緯に胸が熱くなりました。そして詳しくは書きませんがここから二人のコンビネーションでどのように難局を乗り切って行くのか。薫と智美はこれからどのよう な道を歩んで行くのか注目です。 また、市川先生の絵も上手くなっております。今後人気になってほしい作品だと思います。 もっとみる▼
  • (3.0) ぼちぼち
    a5tdmtpさん 投稿日:2019/9/9
    ぼちぼち。機会があれば続きを読みたいな、と思える作品でした。

青年マンガランキング

同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 特殊能力で乗り切る
    主人公は二十歳の小説家志望の竹内薫。彼には、相手の意図を読む、相手の頭で考えるという特殊な能力が備わっています。親友でやくざの組長、藤原智美から、その特殊能力を利用していろいろ依頼されることに・・・『A-BOUT!』作者の市川マサ先生が描く、痛快サスペンスストーリー!
    maimai
▲ページTOPへ