We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

湯遊ワンダーランド 2

通常価格:
900pt/990円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(5.0) 投稿数2件
湯遊ワンダーランド(3巻完結)

作品内容

◆あの型破り書店員・新井見枝香が推薦!

もう、あなたの体温じゃ物足りないの。
どうせ冷めるなら…水風呂に突き落として!!
叶わぬ恋より近所のサウナ。
超ミラクルパイパン気持ちいー!!

◆週刊SPA!人気連載がついに書籍化!

『週刊SPA!』で好評連載中の実録銭湯漫画『湯遊白書』が、『湯遊ワンダーランド』と改題のうえ単行本に。アルコール依存を激白した『アル中ワンダーランド』で鮮烈のデビューを飾った漫画家まんしゅうきつこ、今度はまさかのサウナに依存!?

◆サウナが退屈な日常を変える!

弟のすすめで銭湯へ通い始めた漫画家まんしゅうきつこ。サウナのあとに入る「水風呂」という絶対的快楽を覚えた彼女は、ますますサウナにのめり込んでいく。けれどいつしかサウナに頼り切っている自分に気づき……。銭湯を牛耳るヌシとして新たなババア登場、さまざまな女湯で展開されるガールズトークに妄想爆発、担当編集は「漫画のため」とまさかのパイパンに!? ひと筋縄ではいかない曲者たちに囲まれたまんしゅうきつこの日常は思いもよらない方向にドライブしていく。

◆有名人がサウナ好きを続々公言!

今や空前のサウナブーム。「オッサンの天国」というイメージが強かったサウナも、広瀬すずや北川景子、仲里依紗や鈴木砂羽ら女性有名人がサウナ好きを公言して以降、その流行は女性にも飛び火。そしてあの世界的なデザイナー・YOKO FUCHIGAMIも……? サウナブームは、止まらない!

まんしゅうきつこ●埼玉県出身、漫画家。2012年に始めたブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」で注目され、2015年には自身初となる単行本『アル中ワンダーランド』を刊行。その他著書に『ハルモヤさん』『まんしゅう家の憂鬱』などがある。

<担当編集より>本書は決してサウナのハウツー本ではございません。一人の女性漫画家がサウナと出会ったことにより、どう変わったのか。はたまた何も変わらなかったのか。その日々を追ったエッセイ漫画です。読んでサウナの快楽を追体験するもよし、ちょっと変わった日常を笑うもよし。楽しみ方は人それぞれです。肩肘はらず、読んでほしい。本書を読んで、「今のこの瞬間も悪くないな」と思っていただけたら幸いです。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全3巻完結

  • 湯遊ワンダーランド
    登録して購入
    通常価格:
    900pt/990円(税込)
    サウナ・水風呂・外気浴――それらをひたすら繰り返すだけ。
    すると退屈で灰色だった毎日は、少しずつ熱を帯び色づきはじめた。
    人気漫画家まんしゅうきつこ、お酒の次はサウナにハマる!?

    ◆週刊SPA!の人気連載が書籍化!

    『週刊SPA!』で好評連載中の実録銭湯漫画『湯遊白書』が、『湯遊ワンダーランド』と改題のうえ、その第一巻がついに発売。アルコール依存を激白した『アル中ワンダーランド』で鮮烈のデビューを飾った漫画家まんしゅうきつこ、今度はまさかのサウナ依存に!?

    ◆“銭湯がある日常”が展開!

    悪夢に悩まされる日々を送っていた漫画家まんしゅうきつこは、ある日、弟から「顔がよどんでる。毒がまわってる」と指摘される。「サウナに行って汗をかけ。毒を抜け」という弟の助言を受けて銭湯に通い始めるが、そこには銭湯のマナーにうるさいババア=ヌシが待ち受けていた……。銭湯を牛耳るヌシの魔の手を掻い潜り、さまざまな女湯で展開されるガールズトークに耳をそば立てながら、サウナの先に待つ“水風呂という快楽”を目指して突き進む。弟夫婦や担当編集など一筋縄ではいかない曲者も加わり、退屈だったまんしゅうきつこの日常はドライブしていく。

    ◆女性有名人が続々サウナを絶賛!

    今や空前のサウナブーム。「オッサンの天国」というイメージが強かったサウナも、広瀬すずや北川景子、仲里依紗や鈴木砂羽ら女性有名人がサウナ好きを公言して以降、その流行は女性にも飛び火。そしてあの世界的なデザイナー・YOKO FUCHIGAMIも……? サウナブームは、止まらない!
  • 湯遊ワンダーランド 2
    登録して購入
    通常価格:
    900pt/990円(税込)
    ◆あの型破り書店員・新井見枝香が推薦!

    もう、あなたの体温じゃ物足りないの。
    どうせ冷めるなら…水風呂に突き落として!!
    叶わぬ恋より近所のサウナ。
    超ミラクルパイパン気持ちいー!!

    ◆週刊SPA!人気連載がついに書籍化!

    『週刊SPA!』で好評連載中の実録銭湯漫画『湯遊白書』が、『湯遊ワンダーランド』と改題のうえ単行本に。アルコール依存を激白した『アル中ワンダーランド』で鮮烈のデビューを飾った漫画家まんしゅうきつこ、今度はまさかのサウナに依存!?

    ◆サウナが退屈な日常を変える!

    弟のすすめで銭湯へ通い始めた漫画家まんしゅうきつこ。サウナのあとに入る「水風呂」という絶対的快楽を覚えた彼女は、ますますサウナにのめり込んでいく。けれどいつしかサウナに頼り切っている自分に気づき……。銭湯を牛耳るヌシとして新たなババア登場、さまざまな女湯で展開されるガールズトークに妄想爆発、担当編集は「漫画のため」とまさかのパイパンに!? ひと筋縄ではいかない曲者たちに囲まれたまんしゅうきつこの日常は思いもよらない方向にドライブしていく。

    ◆有名人がサウナ好きを続々公言!

    今や空前のサウナブーム。「オッサンの天国」というイメージが強かったサウナも、広瀬すずや北川景子、仲里依紗や鈴木砂羽ら女性有名人がサウナ好きを公言して以降、その流行は女性にも飛び火。そしてあの世界的なデザイナー・YOKO FUCHIGAMIも……? サウナブームは、止まらない!

    まんしゅうきつこ●埼玉県出身、漫画家。2012年に始めたブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」で注目され、2015年には自身初となる単行本『アル中ワンダーランド』を刊行。その他著書に『ハルモヤさん』『まんしゅう家の憂鬱』などがある。

    <担当編集より>本書は決してサウナのハウツー本ではございません。一人の女性漫画家がサウナと出会ったことにより、どう変わったのか。はたまた何も変わらなかったのか。その日々を追ったエッセイ漫画です。読んでサウナの快楽を追体験するもよし、ちょっと変わった日常を笑うもよし。楽しみ方は人それぞれです。肩肘はらず、読んでほしい。本書を読んで、「今のこの瞬間も悪くないな」と思っていただけたら幸いです。
  • 湯遊ワンダーランド 3
    登録して購入
    通常価格:
    900pt/990円(税込)
    日々感じる生きにくさを銭湯に通って解消する漫画家まんしゅうきつこ。
    サウナの虜になった彼女は快楽に溺れた先でついに自分を苦しめる真実へとたどり着く。
    これって……サウナ漫画じゃなかった。

    ◆あの人気バーチャルyoutuber・月ノ美兎が推薦!

    こういうインターネットから離れざるを得ない状況をつくるのはめちゃくちゃ大事だぞ
    (日本ではまだ合法らしいですよ! )

    ◆SPA!人気連載、ついに完結!
    『週刊SPA!』で連載し、好評のまま今年2月に最終回を迎えたおふろ漫画『湯遊白書』(単行本化に際し『湯遊ワンダーランド』と改題)。
    アルコール依存を激白した『アル中ワンダーランド』で鮮烈デビューした漫画家まんしゅうきつこが脱アル中のすえ、サウナを通じて変わっていく。
    最終回では自身の「家族」との問題に言及し大反響を呼んだ。

    ◆“銭湯あるある”が満載!
    銭湯にはそこを仕切る“主(ぬし)”がおりルールに従わなくてはならない。
    サウナでガールズトークに耳をそば立てると妄想がはかどる。
    番台が男性だったりすると裸を見られやしないかとドキドキする……etc.
    そんな“銭湯あるある”を独自の目線で描き笑いを誘う。

レビュー

湯遊ワンダーランドのレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) サウナあるある漫画
    せなこさん 投稿日:2019/9/22
    サウナをある程度分かってる前提で描かれているけれど、サウナ初心者の私でも楽しめる内容でした。 サウナ情報(場所や利用の仕方など)は特に無いので、そういうのを期待するなら別の本を買った方が良いです。 サウナ無関係の心霊やスピリチュアル的な 話や日常話も結構あります。不穏さはかなり低め。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) シュールで面白い
    くーさん 投稿日:2019/3/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻はサウナというよりお祓いとか幽霊とか結構カオスな感じでしたが2巻はサウナ中心なお話になってます。サウナ行ったあとのご飯が美味しく感じる事や男性のが女性よりサウナ施設が充実してる事への不満など女性サウナーあるあるが共感できます。有名なサウナへ行った感想も手放しで褒める訳ではなく、割と作者さんが正直に感じた事を書いてらっしゃるのが好感が持てます。個人的には2巻が好きです。3巻は最後まで読めばちょっと感動します 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ