漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

まくむすび【期間限定無料】 1

通常価格:
570pt/627円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数7件
まくむすび(5巻完結)

作品内容

※2021年6月20日までの期間限定無料お試し版です。2021年6月21日以降はご利用できなくなります。【黛灰 推薦漫画を一挙紹介! 全10作品 まとめて無料試し読みキャンペーン!】「高校演劇」との出会いが、すべてを変えた―― 仙台星見高校に入学した土暮咲良には、誰にも言えない創作活動への秘めた熱意があった。ある“きっかけ”で創作を諦めかけていた彼女だったが、「高校演劇」や仲間との出会いによって、彼女の日常は“劇的”に変化していくことに―― いま、誰もが輝く青春群像劇の幕が上がる!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • まくむすび【期間限定無料】 1
    通常価格:
    570pt/627円(税込)
    ※2021年6月20日までの期間限定無料お試し版です。2021年6月21日以降はご利用できなくなります。【黛灰 推薦漫画を一挙紹介! 全10作品 まとめて無料試し読みキャンペーン!】「高校演劇」との出会いが、すべてを変えた―― 仙台星見高校に入学した土暮咲良には、誰にも言えない創作活動への秘めた熱意があった。ある“きっかけ”で創作を諦めかけていた彼女だったが、「高校演劇」や仲間との出会いによって、彼女の日常は“劇的”に変化していくことに―― いま、誰もが輝く青春群像劇の幕が上がる!
  • まくむすび 2
    登録して購入
    通常価格:
    570pt/627円(税込)
    “舞台”に立つ、ということ―― 演劇部に入部した土暮咲良は、“むすび”という部名を授かり、「高校演劇」の世界へと足を踏み入れる。他校との合同発表会「あおはるマルシェ」に向けてオリジナル戯曲での練習を始める中、思いも寄らぬトラブルが…果たして無事に本番を迎えることができるのか――!? 「高校演劇」部活物語開演のベルが鳴る第2巻!
  • まくむすび 3
    登録して購入
    通常価格:
    570pt/627円(税込)
    “表現する”喜びと苦悩―― 参加校すべての上演を終えた春の合同演劇発表会「あおはるマルシェ」。残すは審査員による各校に対する講評のみ――果たして、むすびが描いた舞台「けむり」に下される評価は!? そして、星見高校演劇部が歩み出す新たな世界とは――「高校演劇」部活物語創作への想いが交差する第3巻!
  • まくむすび 4
    登録して購入
    通常価格:
    570pt/627円(税込)
    演劇の“真髄”を知る―― 星見高校演劇部の1年生たちは演劇ワークショップに参加することに。その参加者にはなぜかむすびを敵視している男子生徒・柳淵もいて――数々のワークを通じて演劇への理解を深めていく高校生たち。そんな中、敵対心をむき出しにしてくる柳淵に対してむすびは――!? 「高校演劇」部活物語出会いと衝突の第4巻!
  • まくむすび 5
    登録して購入
    通常価格:
    599pt/658円(税込)
    「高校演劇」という“青春”―― 演劇部の日常に戻ったむすびたちを待っていたのは待望の仮入部員だった! 新メンバーを迎え、文化祭公演に向けて動き出した演劇部だったが――ついに明かされる演劇部の過去。すれ違う部員たちの想い。過去と現在が交錯し、指し示される未来とは―― 「高校演劇」部活物語想いを込めた最終巻!

レビュー

まくむすびのレビュー

平均評価:4.4 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) なんで打ち切り…
    vocaloさん 投稿日:2021/6/6
    1巻無料になってて初めて知りました。連載してるときに出会えてたらもしかして続きが読めたのでは、、、と淡い期待を抱くほど良かったです。何かに打ち込める人達、素敵で尊敬します。こんな高校時代過ごしたかったなあって思う。お話は勿論なのですが、絵が 綺麗で読みやすかったです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 創作をする人におくるお話です。
    みつさん 投稿日:2019/7/19
    タイトルは作者の保谷先生が1話をTwitterに乗っけた際にツイートされた文章です。 お話は迷いの中にいる主人公が自分が何をしたいか悩み、見つけ、進んでいく演劇部が舞台の青春ストーリー。読んでいくうちに、創作欲がわきあがるあの瞬間をわ たしもまた味わいたくなりました。創作するひとも、そうでない人にもぜひ読んでもらいたいお話です。 次の単行本がでるのがいまからもう待ち遠しい……! もっとみる▼
  • (5.0) 熱量を持ったいい作品
    ビノーゼさん 投稿日:2020/7/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 部活やサークルなどで共同体として一つの作品を完成させた経験を思い出させてくれる良作だと思う。 作品を完成させるためにそれぞれが目指せる最良を模索する様や他人からの評価に怯える様はとてもリアルで引き込まれる。 続きを読む▼
  • (5.0) よかった
    よしくんさん 投稿日:2020/1/15
    演劇部に入っておけばよかったな〜…と思う作品で、楽しんで読ませてもらってます。
  • (4.0) なんともいえない
    璃里さん 投稿日:2019/9/25
    学生時代、演劇部に所属していました。その当時の楽しかったことや辛かったことをいろいろ思い出しました。 むすび達ほど熱中出来なかったので少し羨ましくなりました。
  • (4.0) ユニーク
    akkiさん 投稿日:2021/3/18
    演劇を役者視点ではなく脚本家視点で描くのはユニークかも。でも、読んだ人が面白いと思える戯曲を出し続けるのは大変そうだな。
スタッフオススメ!
  • 学園演劇
    舞台は高校演劇。咲良は演劇部に所属し、そこでの活動に心血を注ぎ込む。保谷伸先生の演劇コミックです。高校生たちが主人公なので、年頃の問題などもありつつ、演劇とは何か、自分の作る世界は何かというテーマを追い求めた傑作。
    制作:わっきー
▲ページTOPへ