We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して70%OFFで購入

マイ・ブロークン・マリコ

通常価格:
650pt/715円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.5) 投稿数52件
マイ・ブロークン・マリコ(1巻完結)

作品内容

柄の悪いOLのシイノは、彼女の死を知りある行動を決意した。女同士の魂の結びつきを描く鮮烈なロマンシスストーリー!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • マイ・ブロークン・マリコ
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    柄の悪いOLのシイノは、彼女の死を知りある行動を決意した。女同士の魂の結びつきを描く鮮烈なロマンシスストーリー!

レビュー

マイ・ブロークン・マリコのレビュー

平均評価:4.5 52件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 感情がゆさぶられる
    soramameさん 投稿日:2022/6/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 映画化が話題になっていたので気になって読みました。 話題になるのもわかる衝撃の作品ですね。 主人公の感情がまっすぐに刺さるので読んでて(いい意味で)しんどかったです。 ある日友人であるマリコが亡くなったことをニュースで知ったらシイノ。 マリコとの思い出を思い返しながら一大決心し、遺骨を家族から奪って一緒に旅をする話です。 なかなかに行動がワイルドでびっくりしますが、マリコとの記憶から考えればシイノの激昂も蛮行も納得ですね…。 色々と可哀想ではあるけどめんどくさい女だったであろうマリコとの友情、自分に何も出来なかった後悔だけが残ってしまい辛いですが、その思いも一緒にシイノが生きて思い出してあげるしかないですね。 友人を失った喪失感が凄く現れていて、映画になったものも見たいなと思いました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 確実に心に刻まれる作品
    ちょびさん 投稿日:2022/1/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 2021年1月にこの作品に出会い、「あ、今年の1番の作品決まったわ。」と読んだ瞬間に思った作品です。それでいて、誰にもオススメできない作品。少なくとも、友達に勧めたらこの子大丈夫かと心配されてしまうかもしれない。笑 最初は社会の理不尽を思い知らされ、救えなかった友人の話かと思ったのですが、タイトルを読めばわかる通り、歪んでゆくマリコが過去の描写とともに明らかになってゆき、どのタイミングなら救えたのか、読者に考えさせるような展開です。そして、未だ答えは見つかりません。(あの時代に児童相談所は頼れたのだろうかとも思いますし。)マリコの最期の手紙も、賛否あれど、今までの展開から、なんとなく内容は推測でき、わざわざ文面にするのは無粋だと思わずにはいられません。漫画でありながら、小説を読んでいるような物語は、平庫ワカ先生の構成力の高さを感じます。 2022年映画化のニュースを聞き、舞い戻ってきました。永野芽郁ちゃんは、どちらかといえばマリコ役が似合うのではと思わず言いそうになりましたが、それを映画を見ずに言うのも無粋ですので、秋まで気長に公開を待とうと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) ノンフィクションなフィクション
    なやさん 投稿日:2022/3/21
    試し読みで心を掴まれて購入しました。 まず買ってよかったです。間違いなく自分の中の買ってよかった記憶に残る作品の一つです。 漫画ですしフィクションなのはわかっているのですが、主人公のシイちゃんはもちろん、登場人物の人生が本当にノンフ ィクションのように感じれて「架空のお話」というよりも彼女たちの生活を本当にリアルに覗き見しているような気持ちになりました。 短い中にぎゅっと詰め込まれたお話。でも決して無理やりでも筋が通っていないわけでもない、とにかく濃密でした。 ハッピーエンドでもバッドエンドでもなく、ただただこれがリアルなんだと私は感じました。 最後を読者の自由に想像させるオチ、賛否あると思いますが私はこういうのが大好きです。 また、読み切りの話も濃密でいろんな感情がぐちゃぐちゃになりました。 本編も読み切りも、読んだ後に確実に心に刻まれる余韻のある漫画でした。 最高です。 もっとみる▼
  • (5.0) この胸の痛みは
    shikimiさん 投稿日:2021/12/23
    OLのシイノは食堂のテレビで親友のマリコがマンションから飛び降りて亡くなったことを知る。 先週一緒に遊んだばかり。 電話をしてもつながらない。ラインをしてもつかない既読。 シイノは悲しみと怒りのままに遺族からマリコの遺骨を強奪し、弔い の旅に出る――。 この作品、すっ…ごくよかった。 シイノはマリコを本当に愛していたんだなと思う。 彼女の悲しみがひしひしとこちらまで伝わってきて、読んでいてずっと胸が痛いけれど、彼女のコミカルな動きとカラッとした性格で深刻になりすぎずに話が進んでゆく。 最後が……ああもう、なんというか。 抉られます。 痛く苦く胸に残る。 ストーリー展開、間のとり方、情景からの心理描写…全てが見事。 タイトルの作品と、短編が一話収録されています。この短編も見事だった。 1編の映画を見たような。 何度も読み返したくなる作品。オススメです。 もっとみる▼
  • (5.0) 私の感情に顔レビが添わせられない。
    まどさん 投稿日:2020/9/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 引越しで苦痛の中で手放した本でしたが電子版で買い直しました。手放していた間も思い返すくらい良い漫画です。私にとって海底での酸素ボンベに等しいくらいの漫画です。 今まで読んでた漫画の中の女キャラは男キャラにお決まりの反応を返すbotで感情がよく分からなくて、全然私の思う女じゃないとずっと思ってた。もう人間が出てくる話なんて読めないんじゃないかと思ってた。でもこの漫画の中の女は生きていて嬉しかった。シイノもマリコもどちらも親友への感情が好意だけじゃなくて嫌悪や喪失感への恐れなどが描かれてて、その現実感が苦しくて、繊細な感情を表現してくれることに嬉しく感じた。この話をよんで、2人をメンヘラとかそういったクソみたいな人間のカテゴリ表現するのはやめて欲しい。2人とも生身の人間です。作者は人間を描写する力に対して信頼できる方だと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 生きづらい果てに
    yuuuuさん 投稿日:2022/5/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 育った環境で、周囲との価値観(特に「普通」という括り)のギャップに悩む高校生くらいの頃を思い出しました。周りのみんなは幸せで、両親に頼れて、安心できる家があって、心配してくれる家族がいて。困っていたらいつかは助けてくれる誰かがいて。そんな世界では無い人もいる。 このお話の中はとてもリアルでひきこまれました。悲しい連鎖が続きすぎるし、救いの無い生活の中、マリコはシイノを心の拠り所にしつつ、でもよっかからずに支え合ってるような。中盤からマリコの依存が強くなったり、無価値観から自分をぞんざいに扱う様子も描かれ、どんどん引き込まれました。映画を観た後の、ほう、、、とした時間が流れます。観終わったあとも誰とも話さずぼんやりしたくなるような、あの邦画の独特な雰囲気が出てました。 つまりとても素敵な作品でした。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • マリコを救え
    平庫ワカ先生の描く人物のインパクトがすごい!!知らず知らずのうちにこの絵に引き込まれて行ってしまいました。シイノさんの商品紹介してる顔とか私的には好き☆全体的には暗いストーリーだけどその中に笑えるところもあっておもしろい!
    広報:あずき

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ