漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

ビッグマグナム黒岩先生 3巻

通常価格:
600pt/660円(税込)
(3.0) 投稿数2件
ビッグマグナム黒岩先生(7巻完結)

作品内容

教師も恐れおののく学園に、黒いアタッシュケースを持った一人の男が赴任してきた。その男の名は黒岩鉄夫。通称『ビッグマグナム黒岩先生』。年齢不詳、経歴不明。全国の教員名簿にその名はない。ツッパリ暴力学園に今日もマグナムの轟音が鳴り響く!! 「静かなるドン」の新田たつおが放つエロス&バイオレンス!

作品ラインナップ  全7巻完結

レビュー

ビッグマグナム黒岩先生のレビュー

平均評価:3.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) なんだこれ、、、
    サリエルさん 投稿日:2016/8/15
    作者の自己満足にしか思えない。 全てに対して銃と暴力のみで対応し、後始末も行わない、典型的な勘違いですね。 ここまですればあと自然に、、と考える、どうしようもない人によくいるタイプです。 読まないことをおすすめします。 時間の無駄で す。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 親の責任はこれ
    万帖のマサさん 投稿日:2008/2/16
    文部省直属・特別第一指導教育課・黒岩鉄夫先生の活躍物語です。「いじめ」や「学校暴力」といった問題を憂いて、空想話しのなかから、解決への道を探ろうとするものです。正義にも力が必要だとするセリフや、暴力には暴力で向かう画面など、一見無謀的に思え るようですが、生徒それぞれの根底にある、人間としての寂しさも表現されていて、暴力排除への姿勢がうかがえるようです。だいたい人間って、生まれてきてから少しずつ、世の中のことを知っていくのです。だから親が教え、周りが教えて、躾けていくのです。それを忘れて、子供を可愛がることは、怒らないことだとして甘やかし、叱るべきときにも笑って済ませ、その挙句、指導していくことを忘れて放任となるのです。子供たちが十代を越えるころ、このことが自我の欲望のみを目覚めさせるのです。総ての大人たちが、怒ることより、叱ることに気配りを示して、せめてわが子から、人間としての躾けを心掛けたいものです。お父さん、お母さん達の責任はこれなんですよ。 もっとみる▼
▲ページTOPへ