マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガKADOKAWAB's-LOG COMICS異世界の沙汰は社畜次第異世界の沙汰は社畜次第 5【コミックシーモア限定版】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

異世界の沙汰は社畜次第 5【コミックシーモア限定版】

690pt/759円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【コミックシーモア限定版には、描き下ろし特典が1ページ付きます】
異世界に転移したサラリーマン 近藤誠一郎が
教会に出向して数日が経った。
教会での調査が佳境を迎えるなか
最後の瘴気浄化遠征も終わろうとしていた。
しかし、誠一郎を残し遠征に参加していたアレシュは
危険な魔獣討伐に直接向かうことに……。
ロマーニ王国の国教でもあるアブラーン教、
その教会の役割とは? そして誠一郎が近づくことのできない御神体とは?
離れ離れになった二人が想うのは―――
描き下ろし番外編「旅路の無事は想い次第」も収録!!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • 異世界の沙汰は社畜次第 1

    670pt/737円(税込)

    近藤誠一郎は毎日仕事に追われる三十路目前のサラリーマン。聖女召喚計画に巻き込まれ、異世界のロマーニ王国に転移してからも自らの”癖(へき)”から仕事を求め働き続けていた。それが”氷の貴公子”と呼ばれる騎士団長アレシュと急接近するきっかけに――。巻末には描き下ろし番外編「社畜の未来はアレシュ次第」を収録!!
  • 異世界の沙汰は社畜次第 2

    670pt/737円(税込)

    聖女召喚計画に巻き込まれたサラリーマン・近藤誠一郎は、転移してからも異世界で仕事に追われていた。その疲れを癒すために飲んだ栄養剤の副作用で命に関わる”魔力酔い”を起こすも、騎士団長アレシュに救われ――。”魔力を馴染ませる”ためにアレシュに抱かれる形となったが、それは二人の関係に変化をもたらすきっかけとなりうるのだろうか……。巻末には描き下ろし番外編「社畜の運命は部下次第?」を収録!!
  • 異世界の沙汰は社畜次第 3

    670pt/737円(税込)

    異世界のロマーニ王国に転移したサラリーマン・近藤誠一郎は、王国の経理課副管理官として転移後も仕事に追われていた。騎士団長のアレシュから世話を焼かれ、宰相のカミルからも重用される誠一郎だったが、暴漢に襲われて生死を彷徨うことに……。傷付いた誠一郎を目にしたアレシュは――。描き下ろし番外編「騎士団長のご機嫌はクッション次第」も収録!!
  • 異世界の沙汰は社畜次第 4

    670pt/737円(税込)

    異世界に転移したサラリーマン・近藤誠一郎は、ついに聖女召喚計画の目的である”魔の森の瘴気浄化遠征”に帯同する。森の最深部で命を危険にさらす誠一郎を、盾となって護る騎士団長アレシュ。誠一郎の機転で瘴気問題に立ち向かい、アレシュもまた思いがけない提案で誠一郎を驚かせるのだった。二人の距離はさらに近づいて――。描き下ろし番外編「二人の温度は湯浴み次第」も収録!
  • 異世界の沙汰は社畜次第 5【コミックシーモア限定版】

    690pt/759円(税込)

    【コミックシーモア限定版には、描き下ろし特典が1ページ付きます】
    異世界に転移したサラリーマン 近藤誠一郎が
    教会に出向して数日が経った。
    教会での調査が佳境を迎えるなか
    最後の瘴気浄化遠征も終わろうとしていた。
    しかし、誠一郎を残し遠征に参加していたアレシュは
    危険な魔獣討伐に直接向かうことに……。
    ロマーニ王国の国教でもあるアブラーン教、
    その教会の役割とは? そして誠一郎が近づくことのできない御神体とは?
    離れ離れになった二人が想うのは―――
    描き下ろし番外編「旅路の無事は想い次第」も収録!!

レビュー

異世界の沙汰は社畜次第のレビュー

平均評価:4.7 733件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) なめてました。
    ぴ。さん 投稿日:2024/2/14
    最初はうーん?とか思ってた避けてた自分を殴りたい!!!読んだら面白くて、一気に購入しました!一途な感じがたまらない早くちゃんとくっついてラブラブな一面が見たいですね、、

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろい!!骨の髄まで社畜〜!
    しゅうさん 投稿日:2023/9/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 ●普段BLのカテゴリに絞って作品探してるので、SNSで広告流してもらってなかったら本作には出会えなかったです。ありがとうございます!これ「女性マンガ」でいいんでしょうかね??どう見てもBLでは…? ●既刊4巻まで一気に拝読!小説が原作だからか、世界観や設定、ストーリー運びがかなりしっかりしてると思います。さらに作画家さんが工夫されてるんだろうなと思える描写もありますし、何より絵がめちゃくちゃ好きです!美しい!! ●近藤の社畜っぷりは、元社畜だった私には共感しかなくて、「分かる〜〜〜!」でした。仕事に誇りを持ってるタイプの社畜です。筋金入り。そして有能。効率厨。この社畜近藤が好きになれれば楽しく読めると思います! ●そしてアレシュ。これは…一目惚れか?!会話もしないうちから視線の交わる描写があり、「気になって仕方ない」という様子。近藤の弱った表情にドキッとしてたり。しかし当初は無自覚!!ただの世話焼きオカンと化します。笑 ●「魔力耐性のない近藤のためにアレシュの接触や体液が必要」というのはファンタジーBLn番煎じな設定ですが、全然気になりませんでした。ちゃんと作り込まれてるからかな?ちなみに4巻時点で本番(そこまでの治癒が必要だった場面)は2回です。2度目はもう…愛ですな! ●社畜近藤はアレシュが何度助けてくれても「おかげで無事仕事ができる!」となり、アレシュはイラッ…この、いわば“ツン”な態度のおかげで、アレシュがどんどん近藤への想いを自覚していくのが良い。近藤の価値観に寄り添おうとする態度も良い。そして全方面へ嫉妬&牽制(笑)さらにあえて近藤の社畜精神を利用して、「お前には俺が必要だろう?」と。 ●近藤の方は…どうなんでしょうね?3巻までは効率重視すぎてにべもなし…という感じでしたが、4巻では「鈍い俺でもさすがに気付く」と。ようやく向き合おう…というところでしょうか。でも近藤の表情は、もうとっくにアレシュに“委ねてる”んだよなぁ… ●サブキャラたちも大変良いです!悪役かと思われた宰相も近藤を気に入り、部下のノル、医務局長、魔道士、教会…近藤はみんなに愛されてます!!算盤を作った少年に光が当たってるのもいいなぁ。アレシュの従兄弟兼部下が、アレシュの“初恋”に興味津々なのもおもしろい! ●コミックス4巻で小説2巻に突入…ということは、完結まで10巻以上必要?でも追いかけたいです! 続きを読む▼
  • (5.0) 異世界転生モノの最高傑作
    ディルド18号さん 投稿日:2023/3/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 最近流行りの異世界転生ですが、その数ある作品の中でもこの作品は頭一つ抜けていると思います。まず異世界の設定がかなり練られている。読者に出さない細かい部分までちゃんと考えてあるんだろうなと分かるくらい、どこにも矛盾なくスっと世界観に入り込めます。瘴気の設定もお見事です。感動しました。BLの前に、ひとつのファンタジー作品として楽しめます。ですが!この作品のさらに凄いところは!BLとしての萌えもふんだんに詰め込まれているところ!まずキャラ設定が最高です。無表情で冷徹な攻めのアレシュと、タイトル通り社畜だった受けの誠一郎。最初は仲の悪かったこの2人の距離がだんだんと近づいてくる過程が、ゆっくりと丁寧に描写されていてとても良い。特にアレシュの変化がたまりません。最初はあんなに冷たいオーラを放っていたのに、誠一郎の機転の良さ、真面目さ、誰よりも頑張る姿に絆されていき、今では立派な溺愛スパダリになってしまって...最高...。最初はあんなに敵視してたくせに、今ではお揃いのクッションを勝手に買っちゃうんですよ!?ギャーッ!!!萌える!!!ことある事にみせる、誠一郎のことが心配でたまらない(`_´) っていう描画が楽しいです(笑)それから誠一郎以外には相変わらず冷たいのも最高オブ最高。あくまで特別なのは誠一郎だけなんですよね。最高。異世界転生モノ、溺愛攻め、スパダリ攻め、それから不憫受けが好きな方は絶対買った方が良い。(受けの誠一郎は社畜だったことと異世界に体が馴染まないこともあって、結構頻繁に弱ります。酷い目にも結構あいます。でもそのたびに攻めのアレシュ様が烈火のごとく怒り狂って周りに愛を見せつけるのがたまりません)絵もとても美しくて、キャラの魅力にもさらに磨きがかかっています。気になってる方は買ってみて!!! ※ 低いレビューの中に「聖女がムカつく」という意見を結構みかけるんですが、確かにムカつきます。私が誠一郎の立場だったらぶん殴ってるくらいにはムカつきます。でも大丈夫!聖女のアピールにアレシュ様が一切関心を示さないのはもちろんのこと、誠一郎を好きすぎて、国の宝である聖女様を「邪魔な女」くらいに思ってます(笑)スカッとジャパン。3巻〜4巻にかけては聖女も段々成長してくるので、私のはらわたは煮えくり返らずにすんでます。聖女のせいで購入迷ってる方はもったいないので本当に買ってみて!!! 続きを読む▼
  • (5.0) 社畜くんと騎士団長の攻防がたまらなく良い
    みりみゆさん 投稿日:2021/11/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 社畜で検索かけたことのある自分にとっては、社畜ものもーつのジャンルな訳です(ちなみに検索かけたら126件でした。検索かけるタイミングは仕事に煮詰まったときですw)。で、社畜もので異世界ものってどんなの?と思って読んでみたら、これがおもしろーい!何が面白いって、日本人の近藤誠一郎くんが、異世界に巻き込まれ召喚されながらも、経理スキルで王宮で注目され、大活躍しちゃう?という社畜が全く揶揄されず活躍する姿や、前向きなマインドにこちらも励まされて「くっ、召されて良かったな、頑張る者が報われてるぞ、誠一郎!」とジーン…と同類だけにもう感情移入しまくり。客観的に読めない。これだけでも、社畜ジャンルの中で出色の作品なのに、魔法が使える騎士団長アレシュと、え、まさか?のびーえる的展開…に?仕事スキル高いのに恋愛スキル低いのは社畜あるあるで、案の定誠一郎くんも事態がよく飲みこめていないようだけど、これは目が離せない展開になってきた…。私はアレシュ様の半裸が拝めた時点で次巻購入を決意しました!アレシュ様カッコいいです!面白そう、と思ったならきっと買って損はないです。おすすめです! ☆☆☆3巻読みました☆☆☆3巻はタイトルが伏線だったかのような展開に。物語の核となる聖女召喚計画の原因の対策に向け邁進する誠一郎の社畜魂が宰相をも動かす。国策に関わる大出世に興奮…。ラブ方面では、アレシュ様が誠一郎に名前を呼ばせたり、お世話だけでなくヤキモチを妬いちゃったりして、はーん、そろそろ誠一郎くんも絆される頃かな、と思っていたら…あれ?治療法に快楽堕ちはなしなのか?BLあるあるが通用しない異色展開が面白い。まさに「異世界の沙汰」は「社畜次第」!アレシュ様の無自覚なクソでか感情と誠一郎の仕事第一マインドのギャップが、他作品にない面白さを生んでいるのも最高に萌える。こんなに社畜が報われる漫画ってあっただろうか?ホント感無量。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

よくある異世界チート系と思ってたのに!
設計:チェック(シーモアスタッフ)
采和輝(漫画)、八月八(原作)、大橋キッカ(キャラクター原案)による異世界系ライトノベル作品。仕事に追われる29歳社畜の主人公・近藤誠一郎(コンドゥ)。とある日、聖女召喚に巻き込まれて異世界転移してしまったことから物語が始まります。よくある異世界転生モノに主人公チート系かと思いきや、巻き込まれただけなので、チート能力なし!それでも元の世界で染みついた社畜根性で仕事をもらって働くことに!さらに宰相に認められ、短期間で役職をゲット。異世界でも社畜ライフが始まるのであった。そんな日々の中で手に入れた、飲めば疲れが吹っ飛ぶ栄養剤。異世界すごいと感激した誠一郎だったが、栄養剤飲み過ぎで命の危機に!魔力耐性のない誠一郎が助かるために、第三騎士団長アレシュに身をゆだねることに・・・

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ