漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

愛とセイギで夜が明ける 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数9件
愛とセイギで夜が明ける(1巻完結)

作品内容

法学生・松永将大(まつながまさひろ)が、絶対オトすと決めたのは、極上ボディ&超絶美形の武川高嶺(たけかわたかね)。群がる男を押しのけて独占したい将大に、高嶺はきっぱり、「一人に絞ろうなんて思わない」と宣言! 性技尽くして、仁義を通す! 四十八手+愛で高嶺に「恋人はお前だけ」と言わせたい将大は!? エロチックLOVEバトル勃発!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 愛とセイギで夜が明ける 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    法学生・松永将大(まつながまさひろ)が、絶対オトすと決めたのは、極上ボディ&超絶美形の武川高嶺(たけかわたかね)。群がる男を押しのけて独占したい将大に、高嶺はきっぱり、「一人に絞ろうなんて思わない」と宣言! 性技尽くして、仁義を通す! 四十八手+愛で高嶺に「恋人はお前だけ」と言わせたい将大は!? エロチックLOVEバトル勃発!

レビュー

愛とセイギで夜が明けるのレビュー

平均評価:4.0 9件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) オトコ気1本
    ジュカさん 投稿日:2009/8/15
    表題作は1〜9話 法科の大学生、オレ様タイプ将大×淫乱でSEX大好きな貴嶺 最初はセフレ?で身体の関係から始まった2人が、最終的には本当の『愛』を知るストーリーです 1〜3話でライバルに勝ち、貴嶺のハートを射止める将大カッぽいけど侠気あふれる彼の情熱に、ほだされてく貴嶺がカワイイです 4、5話は貴嶺視点 同性愛の不安定さに揺れながらも『愛しい』という感情を知ります 6〜9話はいよいよ貴嶺のラスト・セフレ超絶技巧のテクニシャン、イジワル眼鏡ラスボス忠則登場で、最大のピンチを迎える若い2人 しかし、将大から心で『愛する』ことを教えられ、成長した貴嶺が選んだのは・・・・何とかハピエンです いつも自信タップリでバカ正直アニキな将大ですが、貴嶺の夢に出てきた少年、アレがホントの姿かもね? オラオラ攻は好みじゃナイ私でさえ、愛しいッて思っちゃいましたよ 脇キャラの友人ツインズも、時々入る時代劇調のセリフもイイ味出してて、互いを尊重する『恋愛』の成長を描いた、素敵なストーリーでした 10、11話は別ストーリーで、才能あるイラストレーターけん昇×セカンド・ラブに怯える七尾 ココはH無し爽やか短編ですが、表題作にターップリあるから、満足満足 もっとみる▼
  • (5.0) 性技だったのね
    サラミⅡ世さん 投稿日:2009/8/19
    いやー、目一杯Hしまくってマス 1〜9話 表題作。美人でクール、セフレ複数、愛とか恋とか馬鹿じゃないの?とゆー女王様・貴嶺。 そんな貴嶺に一目惚れして、実技試験で満点頂き?まんまとセフレの一人となれた将大。 身体だけの繋がり の二人が少ーしずつ愛を覚えていくお話です 最初に貴嶺を自分だけのモノにしたいと感じた将大の、ぐいぐい相手を引きずり込む自信と懐の深い愛情表現は凄いデス。 エロテクも凄いデス つか、途中まで『このお話はエロだけ…?』と思うくらい主役二人がHに明け暮れてます。 中盤から心が追いついてきて、じんわり温かいラストへ 貴嶺がとにかくエロいです、いや淫乱です 将大はたまに江戸っ子風味?になるけど、イケメンで真っすぐな俺様(絶倫だしねー) 二人とも良いキャラです。 10〜11話 失恋の痛手から立ち直れない由高と、それを包み込んでくれるケンショーさん。 ほのぼの可愛いお話です。 面白くてあっという間に読んじゃいました。パックおすすめです もっとみる▼
  • (5.0) エロくてHな…
    ルラメイさん 投稿日:2009/10/28
    笑えるストーリーかと、気軽な感じで読みはじめましたが、意外にも心に効く展開で、感慨深い結末でした。 硬派で熱い将大と、束縛を嫌いセフレを何人も持つ、奔放で美形な姫・貴嶺との体から始まるストーリー。 体だけの割り切った関係なら、好 きな相手が何人居ようとかまわないけど、本気の気持ちが入ったら“貴嶺にセフレがいるのは我慢できない”ーそんな本気の気持ちをめんどくさい、という貴嶺に、どう愛を感じさせるのか、感じることができるのか、見物です。 将大との体だけではない関係に心惹かれつつも、後半、大人な余裕のセフレの一人・忠則さんとの本気のHに乱れる貴嶺がエロいです〜 そしてその後に身を持って知る、愛しいという感情、愛する人は誰か…。 策士で黒い忠則さんがこのままで済むまい、と想像しちゃいますが、続編があるならば、その後の二人のストーリー、もしくは、あの忠則さんを翻弄するような新たなヒロイン?とのストーリーも読んでみたい!と個人的に余韻を楽しめました オススメです もっとみる▼
  • (4.0) まさにセイギ(笑)
    辻 久留実さん 投稿日:2009/8/23
    常に数人のセフレが絶えず、淫らな体を持つ、甘い蜜のように色っぽく香る綺麗なタカネ。 そんなタカネを1週間かけて「愛とセイギと欲望と」で真っ正面から口説き倒す、男気溢れるマサヒロ。 口説けたと思ったタカネはセフレの一人、タダノリの焦らすよう な甘いセイギが忘れられていなくて…。 タカネは美しくて誰にも媚びず、どこか世間知らずで浮いた存在。まさに高嶺の花。 そのくせ、お綺麗な彼のベッドでの乱れっぷりはセフレたちも放って置けなくて 表題作1〜9話はほぼしまくり…(笑)! でも、綺麗めなエロさなので、「もっと乱れ見せて…」とか思っちゃう始末(笑)。 ただ、天真爛漫な?マサヒロのおかげで物語はエロだけでなく、心に優しい作品となっていますいや、ついエロ中心になりましたが、心に触れられる優しさが物語のメインか(笑)。 サブタイトルも色っぽくて良いです もっとみる▼
  • (4.0) まさにタイトル通り
    うさぎsanさん 投稿日:2010/4/19
    セイギって そっち(性技)だったのか… まさにタイトル通りの内容です 将大と貴嶺の気持が強く繋がっていく様子がテンポよく描かれてました。 将大は いや〜っ爽やかだわ読んでいくうちにしっかり将大の正義も感じました 両方だったのね
▲ページTOPへ