We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して70%OFFで購入

お前にだけは溺れたくない【特典付き】【単行本版】

通常価格:
670pt/737円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.4) 投稿数60件
お前にだけは溺れたくない【特典付き】【単行本版】(1巻完結)

作品内容

αとの性交による性の書き換え――


【特典ペーパー付き!!】
〈あらすじ〉
αのお前とβの俺、それでうまくやってきたつもりだった……

近衛碧(このえ あおい)と五十島史貴(いそじま しき)は、幼なじみでセックスフレンド。
史貴は優秀なαで社長、同社の専務である碧は彼に憧れと劣等感を抱き続けており、
そのせいで史貴からの愛情を素直に受け入れることができずにいた。
そんな折、原因も分からず無性に体が疼く日々が続いて――。


CONTENTS
1-6話
描き下ろし
あとがき

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • お前にだけは溺れたくない【特典付き】【単行本版】
    登録して購入
    通常価格:
    670pt/737円(税込)
    αとの性交による性の書き換え――


    【特典ペーパー付き!!】
    〈あらすじ〉
    αのお前とβの俺、それでうまくやってきたつもりだった……

    近衛碧(このえ あおい)と五十島史貴(いそじま しき)は、幼なじみでセックスフレンド。
    史貴は優秀なαで社長、同社の専務である碧は彼に憧れと劣等感を抱き続けており、
    そのせいで史貴からの愛情を素直に受け入れることができずにいた。
    そんな折、原因も分からず無性に体が疼く日々が続いて――。


    CONTENTS
    1-6話
    描き下ろし
    あとがき

レビュー

お前にだけは溺れたくない【特典付き】【単行本版】のレビュー

平均評価:4.4 60件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 一途
    ひろじさん 投稿日:2022/6/28
    なかなか主人公が自分の気持ちに気づけずモヤモヤしましたが、落ち着いて良かった。安心して読めました。エロもいい感じ

高評価レビュー

  • (5.0) 溺愛好きにはたまらない作品です!
    まろんさん 投稿日:2022/5/31
    作者様初のオメガバ作品。今回流石オメガバ!めちゃ汁だくな上にエロっエロっ!!!キャーッそんなアングルから碧のそんなあられもない色っぽい姿見ちゃって良いのかしら?!などなど悶絶しました(是非その場面を発見して共感いただけたら嬉しいデス!)。 そしてなにより美しく、ここぞというシーンでの表情から濡れ場での色気溢れる表情まで、引き込まれるその魅力溢れる人物が読めました。特に攻めの史貴は終始ダダ漏れの溺愛振りで最高。好物の溺愛振りとスパダリ感が良かったです。そんな愛情を一身に受けている碧はというと体の関係があっても史貴とは一線を引き、側にいられればいいというスタンスからお話がスタートして、紆余曲折の末に自分の気持ちに気付きます。終盤のそのシーンも良かったです。どうしてもαとβ(後に変異してΩへ)ということに碧の心が囚われて素直になかなかなれないジレありますが、碧が史貴へ感じた歴然たる能力の差を感じた瞬間のシーン、あー分かるっ!と個人的に強く碧に共感してしまいました。なのでなかなかこだわりの殻を破れない碧についもどかしく思いつつも頑張れ〜とエールを送ってしまいました。このお話、基本的に二人にズームを当てて無駄に人物が介入しないのもノンストレスで読めた要因の1つです。なので、じっくり二人の心情の変化が読めて、また丁寧なエロっエロっも読めるので、そういうのが好きな方にオススメな作品です。因みにオメガバですが、特有の悲惨なとこなど地雷要素皆無ですので安心して読めますよ。 描き下ろしは、なんと大サービスな番になる二人がしっかり読めますので、買って良かった!読んで良かった!としみじみ思ってしまいました笑。作者様のサービス精神に感謝です!!! もっとみる▼
  • (5.0) ずーーっと、終始溺愛
    ヒロセさん 投稿日:2022/5/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 隣りに越して来た攻めと幼い頃から一緒に過ごし来たてきた受け。攻めを直ぐに大好きになるも、αの攻めにβの自分の違いに苦しんで。大人になり1番近く居る存在のまま2人関係は続くも、受けの体に異変が起きて。 「グッバイ・フライデー」「ラックスパーの檻」 でも、とても絵柄が丁寧で綺麗な作者さま。 何より攻めの受けへの愛が深くて大好きです 本編新作の単行本化。初オメガバース作品。 オメガでも、受け攻め中心の2人の世界 攻めは性別関係なく早くから受けを溺愛、 攻めの持つ圧倒的な求心力やαとしての優れた性に βとしてどうしても一線を引く受け 途中変異でΩになり戸惑う受け、本質が真面目です 一線引く事で攻めの側に居られる様にと健気。 攻めはβでもΩでも、出会った時から受けが本当に好きで、内面にも惹かれてずっと側で大切にしてくれます、言葉でも表現してくれるものとっても良い エロ多めですが、綺麗な絵柄と、受けの不器用な内面 も、ひたすら愛してくれるので安心して読んで 浸れました 続きを読む▼
  • (5.0) 美しい二人の濃厚な愛に溺れます。
    みみねこさん 投稿日:2022/5/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 岡本先生の大ファンです。この作品もスパダリ史貴&幼馴染の碧CPが大好きです。単話配信で読んでいますが、1冊に纏まるのを待っていました。青年実業家でαの史貴は子供の頃からずっと好きだったβの碧をΩに変異させてしまうほどひたすら執着溺愛しています。史貴は本当に優しく素敵でスパダリの鑑。βの碧はα史貴への憧れと劣等感で素直になれず、Ωへの変異後はαとΩの身体的な本能だけの関係ではないかと猜疑心を抱いてしまう。史貴の愛情を素直に受け入れられない碧が不憫で、史貴の愛情に思い切り溺れていいんだよとヤキモキしながら読んでいました。碧が自分の本心に気付いて史貴に愛を伝えることができて本当に良かった。書き下ろしで、二人が強い絆で繋がった番となって、名実ともに人生のパートナーとして歩き出す幸せな二人へ祝福の気持ちでいっぱいです。キャラクター設定ページの史貴&碧の立ち姿は最高にステキです。岡本先生の作品はどれも絵が綺麗で、まつ毛ふさふさの眼差しが色っぽく、受けの喘ぐ表情にゾクゾクします。エロは絶品、天下一品で大満足です。 続きを読む▼
  • (5.0) 幼馴染みで親友、対等でありたいα×β→Ω
    ねねさん 投稿日:2022/5/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 幼馴染みで親友の会社社長・史貴(α)×専務の碧(β)。恋人ではないのになりゆきの腐れ縁でセ/フレになった二人。好きだと言われても一線を引いていた碧は、体調不良で倒れたのちにβからΩに変異していると知らされる。β→Ωの性別書き換えオメガバース。絵が色っぽくて美しい!あくまで友人として、相棒として隣に立ちたい碧のプライドがΩになっていく自分を許せず、こちらからは疑いようもなくだだ漏れの史貴の愛情を信じていないのが切ない。差別意識が薄い世の中になっても、当事者の碧は意識しないではいられないままならなさ。それが碧を奮い立たせていたのも事実だし。頑なに閉じていた碧の心が解けて、Ω性と史貴を受け入れられるまで待った史貴の忍耐力と誠実さに拍手!Ωにならなきゃ一生成就しなかったかも。 続きを読む▼
  • (5.0) 帯に全てが書いてある
    うめさん 投稿日:2022/5/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 単行本にまとまるのを待ってました。本の帯が、単話「宿命に抗う」→「αとの性コウによる性の書き換え」と、具体的になってましたね。その通りのあらすじで、幼馴染の溺愛αと、ツンデレβの話しです。αの史貴と対等でありたいために頑張る碧、でもαの史貴との未来は無いと思っているので、セ/フレ状態。でも、αと性コウを続けた結果か、碧がΩになり、二人の関係が変化します。というより、碧が素直になれるようになったのかな。α×β問題は、複雑です。セ/フレでツンデレですが、碧は史貴を大切にしているし、史貴は真っ直ぐに溺愛で、ひたすら甘いです。安心して読めて、エッチもしっかり濃厚です。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ