電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
いびってこない義母と義姉: 1

いびってこない義母と義姉: 1

815pt/896円(税込)

244pt還元 (最大1,000pt)
2/28まで ポイント獲得3/9

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

※TVerへ遷移します
読売テレビ・日本テレビで大人気放送中の「川島・山内のマンガ沼」とのコラボレーションが決定!
国内最大級の見逃し無料配信動画サービスTVerにて、TVer限定コラボ企画がスタートします。
今回は番組内の人気コーナー「帯喜利」で、麒麟川島さん、かまいたち山内さん、おかずクラブゆいPさんが電子コミック大賞2023の大賞受賞作品やその他部門賞作品の帯に記載されるコピーを発表!

作品内容

SNSで第1話28万いいね超!! いま大注目のハートフルギャップコメディが待望の書籍化! 本書だけの描き下ろしを30ページ以上加えて心あたたか満載でお届けします。 《あらすじ》とある名家の庶子である美冶は、母の死をきっかけに本家の鴻蔵家に引き取られることになりました。そこで待ち受けていたのは恐ろしい義母と義姉のはずが――!?

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • いびってこない義母と義姉: 1

    815pt/896円(税込)

    244pt還元 (最大1,000pt)
    2/28まで ポイント獲得3/9

    SNSで第1話28万いいね超!! いま大注目のハートフルギャップコメディが待望の書籍化! 本書だけの描き下ろしを30ページ以上加えて心あたたか満載でお届けします。 《あらすじ》とある名家の庶子である美冶は、母の死をきっかけに本家の鴻蔵家に引き取られることになりました。そこで待ち受けていたのは恐ろしい義母と義姉のはずが――!?
  • いびってこない義母と義姉: 2【イラスト特典付】

    815pt/896円(税込)

    244pt還元 (最大1,000pt)
    2/28まで ポイント獲得3/9

    本家・鴻蔵で、新たに生活を始めた庶子の美冶。義母のてる、義姉のまりかとありさに囲まれて、はじめての百貨店にお留守番、新しいご令嬢も登場し、まだまだ慣れないことばかり――!? やさしいギャップがとまらない! 本書だけの描き下ろしを30ページ以上収録!
  • いびってこない義母と義姉: 3【イラスト特典付】

    815pt/896円(税込)

    244pt還元 (最大1,000pt)
    2/28まで ポイント獲得3/9

    SNSで大反響!もっとクセになる、ハートフルギャップコメディ!本書だけの描き下ろしも2編収録! 《あらすじ》名家の庶子である美冶は本家で暮らし始めてしばらく経ちました。鴻蔵家のいとこの弥栄子も加わって、お茶会や衣替えなど義母や義姉たちとの生活に少しずつ慣れてきた様子だが新たな試練が――!?母・てるの意外な交友関係もあきらかに…!

レビュー

いびってこない義母と義姉のレビュー

平均評価:4.7 152件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 顔が怖いけど…
    バイカルアザラシさん 投稿日:2023/1/31
    題名を見ても今ひとつピンと来なかったのですが、なんか凄く話題になっているみたい…というので、無料版を読んでみました。ヒロインが想像して、怯えちゃってる通りの顔と言動に、思わず「怖!」って思って引いた途端の180度逆の真意と行動に、呆気に取ら れながらひたすら振り回されました。これも新しい快感ですね。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 腹筋が痛くなる幸せしかないっ!!(大笑)
    藍竜さん 投稿日:2021/12/22
    断言できる!この家で、主人公の子が不幸になる方が確実に難しい!(大笑) でも、何でだろうな・・・ ご都合主義の物語って読み進めれば読み進めるほど、あんまり面白くなくなる事が多いのに、この人の作品は腹筋がよく働くぐらい面白いんだよな・・・ ご都合主義がいい意味で予想を遥かに超えていくからかなあ・・・ 作者の脳味噌一体どうなっているんだろう・・・ 嫌な事があったら、脳内妄想で全部ギャグにしているのか・・・? 『ポジティブにも程がない!?』って人種なのかなあ・・・(真剣に考え中) この人の真似をして、つい笑ってしまうような面白いご都合主義ネタで物語の筋を書いてみようとした事あるけど、一頁で頓挫したなあ・・・ 基本ネガティブ思考でシリアスを書くのが趣味の人間には、腹筋が震えるようなご都合主義ネタは高嶺の花か? 最近、趣味で何書いても中途半端で、ギャグ路線もシリアス路線も書けなくなってきたし・・・(再び真剣に考え中) そして、マミーに対して清々しい敗北しか感じない。 あと、こんな家庭なら、父親が寧ろ邪魔。(前向きな意味で) もっとみる▼
  • (5.0) ずっと続いてほしい
    ふくふくさん 投稿日:2021/5/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 もし、シンデレラの継母と義姉が超いい人だったら? そんな逆転話なんだけど、それがすごくいい。 ダラダラ読んでるだけで、癒されてほっこりします。 金もあって権力もあって、どんなに意地悪されても逆らえなそうな強い人達が、とっても愛情深くて、弱いものにめっちゃ優しい。 その姿見てるだけで、この継母と義姉がどんどん好きになってしまいます。口も態度も怖いのに、庶子のこと超愛してる笑 特にマミーが素敵。誰よりも偉くて怖くて、誰よりも優しい。 で、主人公が弱くて独りぼっちで、どんなにいじめられても我慢するしかなさそうな立場なのに、愛されまくる。その姿を見てると、読み手のコンプレックスまで、何か愛されてる感覚になって、優しい気持ちになれます。 大ヒット作、鬼●の刃もそうだけど、こんな話を思いつく作者さんの優しい世界観が好きになりました。 どんなにワンパターンになっても、ずっと読みたい。続けて欲しい。 続きを読む▼
  • (5.0) 世界がこれだけ平和であったなら!
    59さん 投稿日:2022/8/25
    無料分を拝読し、余りの「えっ?何このやさしい世界」と作品名通りの優しい義母と義姉につい癒やされてしまい、マンガを購入してしまいました。 思わず評価も星5にしてしまいました。主人公が『ああっ、〇〇もできない私を見てお姉様もお母様もきっと飽き られてしまう!』とか自虐が多すぎるので星4にしようかと思ったんですが、主人公よりマミーやらお姉様方の言動や行動に「とっても…イイネ!」とチップを上乗せしてしまいました。 殺伐とした世の中ですが、このマンガの世界では、せめてフィクションの世界では平和が続いてほしいものです。 星5にしつつその他懸念材料としては、長いスパンでの作品になるとダレそうだとは思います。多分同じ展開が続くと飽きが来そうなのは否めないです。ある意味こう言う作品は時短勝負なところがあると思うので、作家さんや出版社さんはどうやってこの作品を続けていくのか?それは結構気になります。 もっとみる▼
  • (5.0) スタンプの広告見て…
    karinさん 投稿日:2021/5/30
    気になって試し読み→即購入…ですw 読みほの継続クーポン取っといて良かった! いやー、もうみんな可愛すぎて…どうしようかとw 私、基本的に周囲が良い人ばっかり…と言う話が好物でして。 実際の世の中は一人一人は良い人でも、何かに囚われ ると途端に人に無責任な悪意を向けてしまうことが多い。 このお話の登場人物たちは、しっかり自分を持っていてその上で他者に優しく出来る人たちばかり。(中村のおばあ様も良い人であって欲しいです。) ミヤちゃんも鴻蔵の家族の一員となって優しいだけでなく、しっかり者の優しさと強さを兼ね備えたレディになっていって欲しいです。それにしてもマミー最高にかっちょええです。 もっとみる▼
  • (5.0) やさしいせかいはうれしいせかい
    タミコさん 投稿日:2022/1/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 たっか!いやたっか!136頁!?少な!頁数少な!いやでもオモロ!買ったろ! と、勢いで購入したのですが、さすがに2巻からはクーポン購入かなあ。値段が高いのは欲しい本がたくさんある者の悩みですね。内容は、一見するとシンデレラ家族。でも実は?ってやつです。話が進むごとにやさしいせかいが広がってゆくので笑いと共に心が穏やかになってゆくのです。 ネタバレですが、第一話の「人は内面の方が重要だと言うけれど間違い、本当は内面と同じくらい外見も評価されるべき」は名言。中身だけを磨いても他人は見向きをしてはくれないのです。自分を知ってもらうには同時に外見も磨がかなければ。いいまんがだなあ。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

思ってたんと違う??
(編集者レビュー)
とある名家の庶子である主人公・美冶は、母の死を機に本家に引き取られることに。そこで待ち受けていたのは恐ろしい義母と義姉のはずが――!?やさしいギャップ満載のみんな心あたたかになるハートフルコメディ!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

電子コミック大賞2023男性部門 受賞作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ