マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

聖甲機兵ランス イキ肉猟辱機械姦 第1話

300pt/330円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

圧倒的軍事力で他国を侵略し、民を陵辱し尽くす
悪の枢軸『ランぺルスキン連邦』。
ランぺルスキンに抵抗する『コバルド共和国』は、
劣勢に追い込まれていた。

戦い続けるため痛覚抑制と兵器化改造を受けた
コバルドの装甲兵士・ランス大尉は、
ひとり撤退する自軍の盾となるが敗北。
ランぺルスキンの鬼畜兵に輪姦されながらも、
決して怯まず追撃の足止めを計ろうとする。

だが、性器を銃コキで嬲られ勃起してしまう。
痛覚抑制装置の作動で、ランスの肉体は
痛みさえ快楽に変わる強制マゾ体質になっていた。

嘲弄され、策略も無に帰し、それでも諦めないランス。
しかし、さらに謎の装甲ロボットが襲いかかり……!?

機械姦BL、第1話!

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 聖甲機兵ランス イキ肉猟辱機械姦 第1話

    300pt/330円(税込)

    圧倒的軍事力で他国を侵略し、民を陵辱し尽くす
    悪の枢軸『ランぺルスキン連邦』。
    ランぺルスキンに抵抗する『コバルド共和国』は、
    劣勢に追い込まれていた。

    戦い続けるため痛覚抑制と兵器化改造を受けた
    コバルドの装甲兵士・ランス大尉は、
    ひとり撤退する自軍の盾となるが敗北。
    ランぺルスキンの鬼畜兵に輪姦されながらも、
    決して怯まず追撃の足止めを計ろうとする。

    だが、性器を銃コキで嬲られ勃起してしまう。
    痛覚抑制装置の作動で、ランスの肉体は
    痛みさえ快楽に変わる強制マゾ体質になっていた。

    嘲弄され、策略も無に帰し、それでも諦めないランス。
    しかし、さらに謎の装甲ロボットが襲いかかり……!?

    機械姦BL、第1話!
  • 聖甲機兵ランス イキ肉猟辱機械姦 第2話

    300pt/330円(税込)

    謎のロボットに犯され、拉致された
    『コバルド共和国』の装甲兵士ランス大尉。
    目覚めるとそこは敵『ランぺルスキン連邦軍』の
    兵器開発担当・ヴィクターの研究室だった!

    武器を奪い解放を迫るランスだが、
    より強力に全感覚を快感へと収束させる
    ヴィクターの「改造型痛覚抑制装置」によって無力化。
    手を銃の弾丸で貫かれてしまう。

    だが、ヴィクターに手を舐め穿られて感じるものは
    まるで性器と化したアナルを
    舐められているかのような異常快楽で……?

    ついに被験体ランスの快楽を動力源とする
    装甲ロボット「性甲機兵」の実用化本試験が始まる!
    敵国兵器へのデータ提供を阻止するため、
    巨大接続コードで腹ボコしながらも抗うランスだが!?

    機械姦BL第2話!
  • 聖甲機兵ランス イキ肉猟辱機械姦 第3話

    300pt/330円(税込)

    悪の連邦『ランペルスキン』に捕らわれ、
    軍事博士ヴィクターに
    『性甲機兵』へ改造されてしまった
    『コバルド共和国』大尉ランス。

    戦場へ送り込まれるが、
    そこにはランスが囮となって逃がした
    祖国コバルドの民が潜んでいた!

    機械姦ディルドの快楽に比例して
    威力が増してゆく攻撃を止めようと、
    大尉は必死に射精を堪え、
    ザーメンを舐めて抵抗する。

    しかし無数のコードが
    乳首に、顔に、口に絡みつき!?
    正義に生きたランス大尉の末路は──

    機械姦BL最終話!

レビュー

聖甲機兵ランス イキ肉猟辱機械姦のレビュー

平均評価:3.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) エロかったけど…
    表紙の感じからあまりリアルに描かない系かな?と思ったけど結構しっかり描いてあってこの値段ならお得だと思う ストーリーは途中までは良かったけど最後の方がちょっと好みから外れたので星4かな 2巻は酷かった!特殊過ぎってのもあるが1巻よりエロ さも面白さも無くなった2巻は買わない方がいいなので星-1の星3だね もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ