We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

ハッピー・オブ・ジ・エンド

通常価格:
730pt/803円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数160件
ハッピー・オブ・ジ・エンド(1巻配信中)

作品内容

「おめでとう、生きてる」昼下がりのゴミ捨て場、見覚えのある男の声で目が覚めた。

空腹で金もない千紘は新しい“家”探しに訪れた行きつけのバーでド好みの男・ケイトに目を奪われ声をかけると好感触。
まさかのホテルに誘われ、いい雰囲気になったところで突然電マでボコボコに殴られたのが1日前――。

全てを思い出すも、仲間を呼ぶケイトの様子を見て今度こそ殺されるかもしれないと思いつつ回収された先はアパートの一室。
ケイトの目的はとある探し物で、自分が用無しだとわかるとあっさり「消えて」と言い放たれるが帰る“家”もない千紘で・・・。


謎めいたどイケ傷害男×人生底辺ヒモカス男
クソみたいな人生、愛に飢えたふたりの歪な協和音
★単行本カバー下画像収録★

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • ハッピー・オブ・ジ・エンド
    登録して購入
    通常価格:
    730pt/803円(税込)
    「おめでとう、生きてる」昼下がりのゴミ捨て場、見覚えのある男の声で目が覚めた。

    空腹で金もない千紘は新しい“家”探しに訪れた行きつけのバーでド好みの男・ケイトに目を奪われ声をかけると好感触。
    まさかのホテルに誘われ、いい雰囲気になったところで突然電マでボコボコに殴られたのが1日前――。

    全てを思い出すも、仲間を呼ぶケイトの様子を見て今度こそ殺されるかもしれないと思いつつ回収された先はアパートの一室。
    ケイトの目的はとある探し物で、自分が用無しだとわかるとあっさり「消えて」と言い放たれるが帰る“家”もない千紘で・・・。


    謎めいたどイケ傷害男×人生底辺ヒモカス男
    クソみたいな人生、愛に飢えたふたりの歪な協和音
    ★単行本カバー下画像収録★

レビュー

ハッピー・オブ・ジ・エンドのレビュー

平均評価:4.7 160件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 結構衝撃的でした
    にゃおんさん 投稿日:2021/8/4
    出会いから終わりまで衝撃的な展開が多かったです。絵が綺麗なだけ流血とかもあるので苦手な人もいるかも。恋愛では成功してる感じですが、世間は冷たくこれからの2人が心配です。

高評価レビュー

  • (5.0) どこまでも痛みと現実を追求するおげれつ氏
    パンさん 投稿日:2021/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 (レビューのタイトル20字って結構微妙な数…) これはまた改めて、おげれつ先生の創る作品のファンになってしまいますね。この作品も同様、登場人物達の幸福とは言い難い境涯や心の痛みを、キャラ達の心情を通して読者に訴え掛ける様に描かれているので、苦しい涙なしでは読み終えられませんね。 フィクションであるから故のファンタジー性が多い作品も勿論楽しめますが、こういう実際に存在する苦しみや痛みを敢えて惜しみ無く曝け出して描写する作品に凄く惹かれます。当然、ストーリー自体はフィクションなんですが、題材として用いられているテーマはとてもリアルだからこそ心に刺さります。裏社会、人身売買、移民問題、育児放棄、性的暴行、格差社会、家族に勘当され家出せざるを得ない未成年、既婚者・妻子持ちとの関係、、、などなど、どれも現実世界で起きている事実なので、読んでいてどうしてもフィクションだと割り切って考える事はできなかったです。特に、恋人が裏切っていつの間にか結婚してるとか、恋人が実は既婚者で妻子持ちとか、お互い既婚妻子持ちで恋人同士とかとか、結構よくあるケースですよね…。僕は千紘にめちゃくちゃ感情移入してしまって、本当に苦しかったです…。 表に出てこない世の中の“真実”、それに伴う人間の心の痛みを嘘偽りなく漫画という表現方法でどこまでも追求して描いてくださるおげれつ先生には感服です。 続編連載されてる様ですが、次巻も楽しみです。“ケイト”もまだ謎多き存在なので。着衣Hの理由とか…。千紘と“ケイト”、2人でともにどん底から這い上がっていくであろうこれから、2人はどんな風になっていくんだろう。とりあえず、千紘とケイトがこの人とならまだ生きていたい諦めたくないと互いに思える存在に出逢えて良かった。2人のハッピーエンドを期待してます。 続きを読む▼
  • (5.0) 完結してません、連載まだ続いてます!
    MWさん 投稿日:2021/6/16
    新刊、作者さん買い。なぜかシーモアさんで完結表示あるんですけど、この作品完結してません! 最終ページに小さくto be continued の表記があり、雑誌でも単行本の続きが既に掲載されているそうです。なので、レビューに終わりが納得できな いと書かれてる方々、続巻あると知らない方々に届け〜とばかり書きます。伏線らしきものも回収されてないし、たしかにこれでは納得できませんね、でも大丈夫、まだ連載続いてますよ〜! 誰にも邪魔されない夜中に一気読み推奨です。おげれつ先生の痛みを描く重厚な物語、また涙と共に読んでしまいましたよ。先生は描く物事にタブーがあまりないんでしょうね。これからも、これを描いたら読者が引くんじゃないかとか考えないで、描きたい物語をそのまま描いてほしい。ネタバレになるからあまり書けないんですけど、登場人物の日常生活のある所作が、彼の生い立ちを如実に表していて泣けるんですよ。。作中で言葉では全く触れられてないんですけどね。小さなコマの絵の描写だけで人物背景まで読者に想像させるおげれつ先生の技巧に脱帽です。これから読む人は、はだける怪物シリーズ読んでる方なら先生がどこまで描くかをご存知だろうから、地雷確認しないでネタバレなしでそのまま読んで大丈夫。おげれつ先生初めての方、ビッ チ部から入った方、容赦ない暴力や登場人物たちの抱える傷と痛みの描写に驚くかもしれないけど、これが先生の持ち味だと私は思います。泣いて苦しんで痛んで寂しさに震えて、そしてその先にふたりが出会ってお互いを必要とする。重ねられた手が何回か描かれます。これからはしっかりと握って離さないで。続巻に期待しかありません。ふたりの未来が少しでも明るいものでありますように。 もっとみる▼
  • (5.0) 結構しんどい
    soramameさん 投稿日:2021/6/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者買いです! 前知識全く無しだったので、内容が結構ヘビーでしんどかったです。 まぁこれが病みつきになるんですけどね… 風俗のスカウトをしているケイト(浩然)×元ヒモの千紘。 2人とも、まだ若いのに今まで生きてきた人生がハード過ぎてしんどかったです。 千紘はまぁありがちですが、家族にゲイバレして縁を切られており、初恋の相手は突然結婚してしまうし、ヒモになっても飼い主はなかなか帰って来ず寂しい思いをしている。 そしてケイトの方はもっとハードで、母親の恋人から子供の時に迫られたり、未成年のうちから体を売って生活し、会員制のSMクラブと言えば聞こえはいいもののかなりハードな内容だったようですし、その後も本物かどうかわからない薬中の女を母親としお金を渡したり、しかもその母親の死を目の当たりにしたり…辛すぎました。 こんな寂しい2人、一緒にいて、信じあって、幸せ感じたっていいよね!?!? お互い好きなの表情でわかるし、視線でも態度でも好きって言ってるのと同じなのに、なかなか素直じゃ無くてそこも切なかったです。 とりあえずくっつきましたが、まだケイトの過去に謎があるようですし、完結表示がありますがまだまだ続くようなので楽しみです。 続きもしんどいのかなぁ…しんどいのは嫌だけど絶対読む。 続きを読む▼
  • (5.0) 私は間違いなく「ファン」なのだけれど
    yuaさん 投稿日:2021/6/16
    この作品(続くらしいので、この1巻)については、星4.5という感じ。私がおげれつたなか先生の作品を好きなのは、「日常で遭遇するちょっとしたことでも人間は傷つき、壊れ、すれ違う。でも必ず浮上できる」という流れを繊細な心理描写と共に描くのがとて も上手だと感じるから。今回の作品は、これでもかっていうくらい「外圧」を強いものにして、その後に残る「唯一のモノの輝き」みたいなものを描いてらっしゃるんだと思うけど、刺激を強くしすぎて繊細さが少し失われてしまっていると感じました。 と言いながら、大大大好きであることは変わりないので、引き続き先生の好きなものを好きなように描いていただきたいです。今回の作品は、ちょっと私の好みからは離れていたな、というだけ。 もちろん、2巻が出たら即買いします。笑 【追記】何度か読み返してみているのですが、繊細は繊細なのかな。繊細さが失われていると感じたのは誤りだったかも。純粋に、根底に流れる「不穏さ」に拒否反応が出ているだけかもしれないです。表面的にはハッピーエンドに向かっているだろうに、これほどまでに「底なしの不穏さ」を出せる先生は、やはりマジで凄いんだろうなー。改めて感動。 もっとみる▼
  • (5.0) 耐え難い
    水玉さん 投稿日:2021/6/17
    涙か止まらないです。 クズだけどもね、確かにクズだけれども。 幼少期の周囲のオトナの方が1000倍くずですね。 チヒロくんは自分を否定し続けられて心が空っぽのまま。愛を知らないからそこにぬくもりがあるなら手を伸ばしてしまうのか。 ハオレンは生まれてこの方名前すら、、、。でも愛されていた記憶、愛した記憶があるから怖いのか。 そんな2人が少しずつ触れ合うようになって空っぽのカラダにほんの一滴ずつ愛情が溜まっていくような話でした。 もともとチヒロくんは愛情が深いのかな。意地らしくて泣けてくる。自分は空っぽなのに与える愛情は沢山あるみたいに感じました。 聖母かな? 辛いけど読んでよかった。 あー。また泣けてきた。 続きがあってまだまだ完結していません。 続きも拝読しましたが、二人がいじらしいやら哀しいやら これは間違いなく傑作だと。 大団円になる?んんん・・・そう思いたいけど。そうであってほしいと思いながら次巻を待ちます。 もっとみる▼
▲ページTOPへ