マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックフロンティアワークスダリアコミックスeDaria(ダリア)幼馴染じゃ我慢できない【コミックス版】幼馴染じゃ我慢できない 1【描き下ろし漫画付きコミックシーモア限定版】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

幼馴染じゃ我慢できない 1【描き下ろし漫画付きコミックシーモア限定版】

673pt/740円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【ずっと独り占めしたかった】蒼衣は、幼馴染の諒太とルームシェアを始める。かっこよくてモテる諒太を自慢に思っている蒼衣と、「アオと一緒ならなんでもいい」と真顔で言ってしまうほど蒼衣中心な諒太。これから先も、ずっとこんな関係が続くと思っていた。しかし、ある日寝落ちした蒼衣が目覚めると、諒太が自分にキスしようとしていて……!? 突然のことに戸惑う蒼衣だが、触れた諒太の熱が忘れられず――。 ※本編は、「幼馴染じゃ我慢できない 1~6話」を含む内容です。【コミックシーモア限定の描き下ろし1P漫画付き!!】

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全4巻完結

  • 幼馴染じゃ我慢できない 1【描き下ろし漫画付きコミックシーモア限定版】

    673pt/740円(税込)

    【ずっと独り占めしたかった】蒼衣は、幼馴染の諒太とルームシェアを始める。かっこよくてモテる諒太を自慢に思っている蒼衣と、「アオと一緒ならなんでもいい」と真顔で言ってしまうほど蒼衣中心な諒太。これから先も、ずっとこんな関係が続くと思っていた。しかし、ある日寝落ちした蒼衣が目覚めると、諒太が自分にキスしようとしていて……!? 突然のことに戸惑う蒼衣だが、触れた諒太の熱が忘れられず――。 ※本編は、「幼馴染じゃ我慢できない 1~6話」を含む内容です。【コミックシーモア限定の描き下ろし1P漫画付き!!】
  • 幼馴染じゃ我慢できない 2【特典付き】

    673pt/740円(税込)

    【「大好き」これ以上の言葉が出てこない】幼馴染の諒太から長年秘めていた想いを告げられ、紆余曲折を経て恋人同士になった蒼衣。イチャイチャし放題の同棲生活を満喫していたけれど、就活が始まり、今まで蒼衣中心で生きてきた諒太は、進む道が決まらず思い悩んでいるようで……? そんな中、キスしているところを蒼衣の妹に見られてしまい――!? ※本編は、「幼馴染じゃ我慢できない 7~12話」を含む内容です。【紙書籍特典ペーパーの漫画付き!!】(※紙書籍の特典と同内容ですが、電子書店ではコミックシーモアのみに付いている特典です。)
  • 幼馴染じゃ我慢できない 3【コミックス版】【限定版小冊子&電子限定描き下ろし漫画付き】

    950pt/1,045円(税込)

    【アオがいない未来なんて考えられない】幼馴染の諒太から長年秘めていた想いを告げられ、恋人同士になった蒼衣。お互いの母親へも関係を報告し、さらに強い絆で結ばれた二人は、順風満帆な同棲生活を続けていた。しかし、就職を機に二人の時間が減っていく。不動産会社で慣れない営業職に奮闘する諒太の邪魔をしたくない蒼衣は、寂しく思う気持ちを素直に伝えられず──。 ※本編は、「幼馴染じゃ我慢できない 13~18話」を含む内容です。 ※小冊子は『ダリア 2021年8月号』『ダリア2021年4月号』に掲載した単行本未収録の番外編と、描き下ろしショート漫画を収録しております。【限定版小冊子&電子限定描き下ろし1P漫画付き!(※限定版小冊子は紙書籍の小冊子と同じ内容です。)】
  • 幼馴染じゃ我慢できない 番外編「喧嘩するほど」

    100pt/110円(税込)

    蒼衣から諒太に指輪を渡してから1年半。仕事にも少しずつ慣れて後輩もできた諒太に、まさかの浮気疑惑が…!? 好きだからこそしてしまう可愛い嫉妬と、その夜の甘やかしイチャイチャを描いた番外編! ※本作品は、ダリア2023年2月号に収録されている作品と同一内容です。

レビュー

幼馴染じゃ我慢できない【コミックス版】のレビュー

平均評価:4.8 1,176件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0)
    sara2さん 投稿日:2024/4/6
    作者買いです・今回の作品もいつも通り面白くて最高でした。嫉妬深いところがあらゆるところで見えるのが可愛かった

高評価レビュー

  • (5.0) 2人共々の激重愛 ありがとうございます!
    Hammyさん 投稿日:2022/12/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 産まれてこのかた自他ともにニコイチと認識して生きてきた幼なじみLOVE。 完結、感無量です。 キュンもラブラブもイチャイチャも、たーっぷりと頂きました。 そしてさすが百瀬先生です!全力の恋の中に少〜し病的な所が見え隠れして、読んでいる気持ちの土台がわずかに揺らぐ危うさも堪能しました。 あんなに大量に投下されたイチャらぶキュン以外のところでも自分の感情を深掘りされました。 それは「嫉妬」です。恋愛作品で両思いになった後に必ずと言っていいほどカップルを直撃する感情です。 嫉妬って醜いですよね、傍ら見ても当事者としても。 嫉妬が深いほど独占欲が強い。 好きな人の全てを自分のモノにしたい。 嫉妬が過ぎると純愛じゃ無くない?独占欲=愛だなんて思いたくない、って考えが頭をよぎります。 でもそれは物語に夢を見ているからであって、自分自身は嫉妬しないで恋愛する自信はありません。 嫉妬しまくりの醜い自分を「愛されている!うれしい!」って思ってくれる人はもの凄く有難いなぁと思います。(だって大抵は面倒くさいって思われる?と思うから) そういう関係でいられる事がどんなに有り難いことか!! 相手が好きで好きで好きで好きで、身動きがとれないくらいの恋愛の渦中にいる幸せよ…!! 嫉妬を起因とするいざこざを痴話喧嘩と鼻を括らず、感情を丁寧に拾って激重愛の表現としたところに共感しまくりました。 ましてやこの2人はずーっと殆どを共有してきたのだから、社会が広がって共有できない部分への不安が嫉妬に直結しちゃったんだろうなぁと。 1巻終盤の諒太の「じゃあ俺もう我慢しなくていい?」に続く一連のセリフがメチャクチャ刺さって泣けたのですが、この諒太はずーっと一貫して諒太の核で在りつづけたと思いました。 諒太は最初っから蒼衣だけで(偽装彼女を振る下りがエグい激重で萌えました)、その重さに蒼衣がちゃんとそぐうところまで来たんだな、と指輪の言葉で実感のダメ押しをされました。 ここまで読めて嬉しかったです! 百瀬先生本当にありがとうございます! 今作は裏表紙だけでもたくさんの愛おしさを感じましたが、小冊子の派生小話は本当に嬉しかったです! 2巻では4Gだったのが3巻で同じ場所でWi-Fiなのは2人の自宅でなのかな、とか。たくさん撮っただろう画像からそれぞれソレを選んだのね、とか。 お隣さんのスピンオフも嬉しいです! 続きを読む▼
  • (5.0) 大丈夫、きっと2人の歩く道は明るいよ
    みりみゆさん 投稿日:2022/2/15
    1巻もキレイな絵の幼馴染もので良かったけれど、2巻は描かれる世界が家族や友人にまで広がり2人の関係に対する周囲の受け止めが描かれ、グッと作品としての深みが出てて、良かった。気付いたら涙が浮かんでたほど。 BL作品で家族、とりわけ母親の描 かれ方って作品によって様々で、障害の象徴になったりしていると読んでて同性として胸が苦しくなることもあってモヤモヤしてた。今回、攻めの諒太のお母さん明紀子さん、小さな頃から知っているアオを、諒太が巻き込んだのではないかという葛藤を抱えながら、覚悟を決めて2人に語りかける姿に「王道BL作品に見る家族観の変容」ってテーマで論文書けるんじゃないかな?と思うほど、母親の描かれ方の進化を感じてしまいました。アオの妹ちゃんも自然体で2人を見つめていて、女性陣があったかくって良かった! 諒太もお母さんと同じことを感じていたのをアオが吹き飛ばす姿に、この2人が自分達の関係を後ろめたく感じる社会にしたくないなあ、身近にLBGTの方の存在を感じることはないけど、小さな頃からの成長が描かれたこの作品を読んで、こんないい子達が普通に生きていける社会になって欲しい、そんなことまで考えてしまってました。知り合いの若いお母さんは、自分の息子が将来、実は心が女の子だったとなる可能性も考えて名前を選んだそう。そんな考え方が広がる社会になるかもしれないな。 そんな作品世界の広がりもありつつ、2人のラブ方面の成長振りも甚だしくて、「お母さんも見てない姿まで見ててごめんなさい!私今壁になっているから許して!」とさっきまで感情移入していたお母さんに赦しを乞いながら2人の濃厚なシーンを堪能したのでした…。 それにしても、今ピアスのあけっこって流行っているのかしら。リアルにお揃いのピアスつけてる男の子がいたら、妄想してもいいですか? それから、攻めが爪の手入れを丁寧にしている姿、何のためにしているのかを考えると中々セクシーなのですね!書き下ろし含めて新たな発見に胸がトキメキました。 社会人編もあるとか。2人がどう周囲に影響を与えていくのか。きっと2人の歩く道は明るいと信じています。先生、思う存分描ききってください!ついてきます! もっとみる▼
  • (5.0) childhood friendship to lovers
    MioAkiyamaさん 投稿日:2022/4/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 Love is beautiful between Ao and Ryota. Ao is really a passive aggressive person in bed, making everything very erotic! I love it a lot! Ryota has been secretly loving and crushing on Ao since they were kids! The day that they were in preschool when Ryota drew AO in the family portrait. So adorable!! It melts my heart to know that Ao is always being loved by Ryota in his own ways and when Ryota finally could not handle the pressure he confessed his feelings. Ao was intitally shocked but I'm glad they decide to talk it out and find that they have similar feelings for one another. The final panels show their wedding registration which really made me cry!! Sensei was hoping that even in reality they could get married too? I'm so happy to see it and I wish that we could have seen them in their wedding outfit!! I'm sure both Ao and Ryota would look so beautiful in it. Thank you sensei!! 続きを読む▼
  • (5.0) 自身はいわゆるLGBTQ+当事者で、作者に感謝
    いぬさん 投稿日:2023/5/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 途中まで読み終わりました。 BL好きな(ザックリと)当事者ですが、日本では男女以外の婚姻ができないため、どうしてもBL/GLのことを尚更フィクションとして消費してしまいがちです。 何かを渡すことを仄めかすところで、あ〜日本でも婚姻できる設定のやつか〜、のような(羨ましさから)少し捻くれた読み方をしてしまったのですが、いい意味で予想をすごく裏切られて、不意打ちで泣きました。 諒太がなぜ就活にあんなに苦戦してたのか不思議だったのですが、どこでもよかったわけじゃなかったからだったのだろうなとか、 アオが勢いと言いながらもそのまま一緒に役所に突撃するところとか、 正直、本当に実際のあるあるすぎて、フィクションの世界からグッと現実に寄り添ってくれた感じがして、本当に嬉しかったです。 (と共に、この2人のようなカップルを阻む、法整備のままならなさに、もどかしい思いで胸が一杯です) 世の中に理解が浸透してほしい、そのために寄り添える側に立ってみようと思った、と言ってくれた諒太に、 それに触発されてダメ元でも役所に婚姻届を一緒にもらいにいってくれたこと、バッシングされるかもしれないことを不安に思いながらも「でもそんなのどうだっていい」と言ってくれたアオに、 漫画の中のキャラクターなのに、すごくすごく感謝してしまいました…… 百瀬さん、本当にありがとう……この2人を、ストーリーを、リアリティを、つくって・もたせてくれたことに本当に感謝してます。 本当に想定外に心を掴まれました。 2人とも差別に晒されず、これからも祝福を受けられますように。(でもルームシェア断られたりしてたんですね!泣 もー!ホントにやだ!泣) この2人も隣人2人も、大好きです!( ; ; )大号泣 読んでてよかったよお…… 続きを読む▼
  • (5.0) 素晴らしい美し愛
    サムンさん 投稿日:2022/3/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 エロ描写はしっかりエロなのに、愛は美しかった。 幼少期からの拗らせ重愛なりょうた。個人的ベスト重愛アワード最優秀賞シーンは、「アオちゃんに彼女が出来たから自分の気持ちを隠すように彼女を作ったものの、アオちゃんが別れた報告をするや否や秒で自分も別れようメッセージ送信して俺も別れた報告する」シーンです。え?聞いてる横で?トトトって(←メッセ送る音)?良心どこいった?仕事早ない?wwwwwwってなるスピード感。まさに相手以外は眼中に無いどころか多分りょうたの世界に生きてないんだろうなと伝わりました。当て馬の女共、悪いがご馳走様でした良い働きだったぞ と噛み締めました。 個人的ベスト美し愛アワード最優秀賞シーンは、「俺の知らないところで泣かないで」です。おま、、自分散々苦しい思いをしたのに、、そのタイミングで絞って出てくる言葉それかよ、、何にも執着しなさそうなのにそこは帰らないのかよ、、たまんねぇな、、と噛み締めました。 そして、周りの人の甘くない(基本応援して貰える方向だけど)社会も書かれてるのも好きです。りょうたのお母さん報告タイムでの、孫の顔〜2人で顔見せなさい のところは号泣必至。お母さんとしては正直複雑な気持ちもあるんだろうなと、でも息子の様子を見てて応援したんだなと。うーん、苦しい。まだまだ同性愛がマイノリティであり「一般的」じゃないとされる中、こういう人たちが普通に外で手を繋げるよう、本当にりょうた君には世界を変えて欲しいなと思います。 …でも身体的なハードルはどう越えられるんだろう、夢がないけど少子化進んじゃうよな…なんて真面目に社会・道徳的に考えました。こういう作品から、みんな考える機会が増えるといいなと思います。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

距離感近すぎ!幼馴染
設計:AI王子(シーモアスタッフ)
幼少期から蒼衣に片想いしている無口なイケメン諒太が、ルームシェアをきっかけに気持ちが抑えられなくなって想いを吐露してしまうところから始まります。距離感が近すぎる幼馴染から恋人へ。2人の関係に目が離せません!百瀬あん先生が描く、男子大学生2人の幼馴染BL!2巻に続くのでお楽しみに!
ニコイチ幼馴染尊いッ
設計:AI王子(シーモアスタッフ)
諒太と蒼衣は幼い頃からいつでも常に一緒のニコイチ幼馴染みです。蒼衣は諒太を純粋にとても仲の良い親友として見ているけれど、諒太の世界は蒼衣でいっぱい。ルームシェアをキッカケに気持ちが抑えられず、ジワジワと変わっていく関係から目が離せず、萌えます…!百瀬あん先生の幼馴染BLは鉄板ですね…!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ