マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガ集英社少年ジャンプ+ジャンプコミックスDIGITALダンダダンダンダダン 12
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

気付けば幽体で北海道の星子のもとに来たオカルン。宇宙人の侵略の危機を伝え、ターボババアに戦いの秘訣と、体に戻る方法を教えてもらい、一路自分の体へ…。一方、モモ達は宇宙人の再襲撃に備え、連係の特訓を重ねる。そして、襲来の予測日に街へ戻ると、既に宇宙人の侵攻が…!! みんなが戦う中、モモは敵の本体が来るのを阻止するために、セルポ星人とゲートへ向かうが!?

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  13巻まで配信中!

  • ダンダダン 11

    494pt/543円(税込)

    突然の襲撃に苦戦しつつも、セルポ星人の助力で宇宙人の撃退に成功したモモ。セルポ星人曰く、襲ってきた宇宙人は外宇宙の来訪者で、セルポ星人から奪ったデータを基にモモ達を襲ってきたのだった。モモはカシマレイコに見つからないように夜をやり過ごし、共闘することになったセルポ星人と帰宅すると、シャコさんに看病されている重傷の仲間達の姿が――!?
  • ダンダダン 12

    494pt/543円(税込)

    気付けば幽体で北海道の星子のもとに来たオカルン。宇宙人の侵略の危機を伝え、ターボババアに戦いの秘訣と、体に戻る方法を教えてもらい、一路自分の体へ…。一方、モモ達は宇宙人の再襲撃に備え、連係の特訓を重ねる。そして、襲来の予測日に街へ戻ると、既に宇宙人の侵攻が…!! みんなが戦う中、モモは敵の本体が来るのを阻止するために、セルポ星人とゲートへ向かうが!?
  • ダンダダン 13

    494pt/543円(税込)

    怪獣の着ぐるみを着たバモラは、遠い宇宙で繁栄していたシュメール人だった!? 故郷の星では、今地球を狙っている宇宙人達に襲われ、散っていく同胞達。バモラは母と慕うバンガ達と共に、惑星脱出を試みて…。一方、バモラの過去を知って立ち上がるモモ達だが、外宇宙の宇宙人達は強敵で…。

レビュー

ダンダダンのレビュー

平均評価:4.4 95件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 画力がすごい
    どんこさん 投稿日:2024/1/31
    癖のあるキャラと圧倒的な絵の力で引き込まれます。迫力があるので、アクションシーンに効果音の書き文字がないということに最初は気付きませんでした。

高評価レビュー

  • (5.0) 王道のようで亜種
    もんたちさん 投稿日:2021/10/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 2巻まで買って読みました。 ストーリーは書かないけど、細かい表現のネタバレあります。 ギャル系JK?と地味系DKがオカルト活躍な話です。 +とはいえジャンプなので、なんていうんだろう、設定やキャラ構成が少し想像出来てそこの意味ではちょっと王道ともいえるところもある。 ただ、自由なところもあってそこが楽しい。 まず、ギャルのかけ合い良いし、ボソッと入る友達のツッコミは評価鬼上げ。 他には、(評価上げることは無いけど)パン○ラどころかパンモ○は思い切ってますね(笑)、しかも、読んでてあまり気付かれないかもしれないチョーカーとソックス残し!なんでやねんって笑った。 でも、そのこだわり(笑)も含めて、「ギャルはおしゃれが戦闘服」っていうように普段も良い感じです。 この辺りは、他の漫画で、謁見するのにミニスカ仕立てちゃう漫画も見習って欲しいものです。 そして、本筋のオカルトも売れ線を超えてパロディのような自由さもあります。 そんな感じで、総合評価は王道さは☆4というところだけど、自由な亜種っぽいとこでちょい上げ、2巻の勝手に避けられていると思ってしまうとこでそれなー上げでした。 グダグダレビューで、ちょっとあまりレビューで書かないエロネタまで書いてしまった。オカルトだけに天の邪鬼なんだろうか。 まぁ亜種レビューってことで。 で、おばあちゃんは彼ピいるん?(笑) 続きを読む▼
  • (5.0) アホっぽいがそれが良い
    anさん 投稿日:2021/10/19
    上手いです。これからもっと駆け上がってくだろうなって、エンタメ性を感じます。 まずキャラデザがイケてる。 幽霊やら宇宙人やら敵が何故か性器ばかり狙ってきてアホアホしいのですが、真剣にふざけてる類というか、それが良い味出してます。GANT Zで田中星人に出会った時の衝撃再び。 そしてヒロインが狙い通りかとてもエロ可愛い。チョーカーがツボです。今や少年誌はパ◯チラどころかモロパンの時代なんですね…。(こんな単語も不適切用語に入るそうでビックリ)。 アクションシーンの描き方が上手く表情も豊かで見やすい。キャラ同士のちょっとしたやり取りも面白い。ストーリー以外にも楽しめる点が散在してました。 星4か迷いましたが笑わせて貰ったので奮発。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白い!
    Riuさん 投稿日:2022/11/9
    ジャンプ+で連載追いかけてます。 火曜日の更新が毎週楽しみで楽しみで。 オタクに優しい(ある程度)ギャルです。 いわゆるオタクに優しいギャルではなく、人として優しさを感じるといいますか、ギャルといっても黒髪ロングだったりという微妙 な匙加減がうまいこといってる気がします!とても好みです!おばあちゃん含め!! 展開がとにかくずっと面白く、ダレないのがすごいなと常々思っています。 どうかこのままずーっと面白く行ってほしいです!! 軽快なテンポ感が好きです! もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

痛快!オカルトバトル漫画
設計:人参次郎(シーモアスタッフ)
「変なおまじないのせいで好きな子に嫌われた」。綾瀬桃の理想は硬派な男・高倉健。霊媒師の祖母に女手一つで育てられたこともあり、幽霊を信じている。ある日、桃はクラスのオカルト好きオタク系男子をいじめから助けることに。彼は宇宙人は信じているが、幽霊は否定しており、桃が幽霊を信じていると知ると小馬鹿にする態度を取ってきた。その態度に怒ったに桃は、彼と一つの勝負をする。それはお互いオカルトスポットに行き、幽霊と宇宙人を探すということだったがそこで出会ってしまったものは…。なんとか困難から逃れることに成功し、互いを認めると素直に話をすることができるようになった二人。そんな時ふいに「ジブン、不器用なんで…」という言葉を彼から聞くことに。さらに彼の名前は…。龍幸伸先生のオカルトバトル劇場、開幕!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「ダンダダン」

【声の出演】

モモ<綾瀬桃>:若山詩音 / オカルン<高倉健>:花江夏樹 / ターボババア:田中真弓 / セルポ星人:中井和哉

【制作会社】

制作はサイエンスSARU

【スタッフ情報】

原作:龍幸伸(「少年ジャンプ+」集英社刊)

監督:山代風我

シリーズ構成・脚本:瀬古浩司 / 音楽:牛尾憲輔 / キャラクターデザイン:恩田尚之 / 宇宙人・妖怪デザイン:亀田祥倫

【関連リンク】

公式サイト「ダンダダン」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ