マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 1

通常価格:
110pt/121円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.4) 投稿数254件
夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】(12巻配信中)

作品内容

「ずっとあなたの子供が欲しかった」だけど、現実は……。
憧れの王子、ユオと結婚するため魔力を磨いた国一番となったヒルマ。しかし、ヒルマが相手をするべき王子は双子だった!?アームとユオ、2人の王子と交互に夜伽をすることとなったヒルマは…?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  12巻まで配信中!

  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 1
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「ずっとあなたの子供が欲しかった」だけど、現実は……。
    憧れの王子、ユオと結婚するため魔力を磨いた国一番となったヒルマ。しかし、ヒルマが相手をするべき王子は双子だった!?アームとユオ、2人の王子と交互に夜伽をすることとなったヒルマは…?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 2
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「本当なら兄の僕が君を一番に抱くはずだよね?」
    初夜に双子の兄・アームを魔力で吹き飛ばしてしまったヒルマ。それはアームの心を大きく揺さぶっていて…?そしていよいよ想い人であるユオとの夜伽の時間となるが…!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 3
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「口を開くな 詐欺師の女」
    ユオのために作った思い出のクッキーに毒が混入していたことで刺客と疑われたヒルマ。疑いを晴らすため、ユオに決死の告白をするが…?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 4
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「今晩の夜伽 僕とユオ どちらを選ぶ?」
    王子の暗殺未遂の疑いが晴れたものの、未だに夜伽役としての役割を果たせていないヒルマ。王から忠告を受けたヒルマは、初夜の相手を双子のどちらにするか選ぶこととなり…!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 5
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「これ以上の事をしたらお前の心臓はどうなるんだ?」
    ユオにキスされ、舞い上がるヒルマ。しかし、王子達がヒルマと未だ初夜を迎えていないことを心配した王によって、新しい妃候補が王宮にやってくることになり…!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 6
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「僕が勃たないのも死活問題だなあ」
    想い人のユオとの夜伽の最中、第2の妃候補と部屋に消えたアームのことが気になってしまったヒルマ。心ここにあらずなことをユオに気づかれてしまい…!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 7
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「ユオ様以外、感じることは嫌なのに・・・」
    アームが媚薬を飲むことを阻止するため、彼の部屋へかけつけたヒルマ。しかし既に媚薬が効いていたアームに迫られて・・・!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 8
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「次の夜伽 お前の処女は・・・」
    最後の一線は越えなかったものの、アームと一晩体を重ねたヒルマ。処女喪失したと思われる中、ユオに本当のことを伝えたいと思ったヒルマは・・・!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 9
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「ユオにあのエロい声聞かせてあげよっか」
    隔離期間中に部屋を抜け出してユオに会いに行ったヒルマ。しかし部屋へ戻る途中、アームに捕らえられたヒルマは、ドア越しにユオがいる状況でアームに体を乱されて・・・!?
  • 夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】 10
    登録して購入
    通常価格:
    110pt/121円(税込)
    「世界はつまんない だけど初めて女に興味を持った――――・・・」
    ヒルマの処女喪失を偽装したことで、王の逆鱗に触れ、幽閉されることとなったアーム。天才肌の双子の兄王子。彼の日常、そしてヒルマへの想いとは・・・!?

レビュー

夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―【マイクロ】のレビュー

平均評価:4.4 254件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 最初は面白かったが…
    みさおさん 投稿日:2022/9/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 途中からどんどん話がややこしくなってきて、両思いなのにすれ違いばかり。 王様も一人の女性に二人の男性を充てがうとか、意味不明な事してないで、二人の女性をちゃんと用意してあげれば良かったのに…。 最新話まで読みましたが、だんだん登場人物たち皆が面倒くさくなってきました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白いです!
    joe1iさん 投稿日:2021/12/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 双子の白黒王子の世継ぎ作りに選ばれた的な感じです!主人公は昔から黒王子に片思い。 双子はどちらとも最初彼女に塩対応だったのですが、白王子に黒王子を好きなことがバレ興味を持たれます。 白王子も最初こそ興味本位でしたが、健気に黒王子に恋をしていたり自分に本音でぶつかってくる彼女に心を惹かれ、黒王子に主人公の初夜を取られまいとからかって邪魔をしたり嫉妬したりします。 かたや黒王子は警戒心が強く正義感が強いゆえに真面目で、まだ知りもしない相手と肌は重ねられないといった感じ。肌を重ねるにはまず君という人を知る必要がある…的な。完全な主人公の片思いです(^^; そんな中、主人公は黒王子に毒を盛ったと疑われ黒王子に羽交い締めにされ罵倒されますが白王子が犯人を見つけ出し主人公を助けてくれます。 その際に負った傷の看病も白王子が毎日甲斐甲斐しくしてくれて… こういう漫画ではのだいたい黒王子を好きになるタイプですが、この漫画に関しては今のところ断然白推しですwいつもふざけてますが強引にキスしてきたり守る時は守ってくれて、3巻まで読んだ地点だと断然白王子にドキドキさせられます。 黒王子は段々と好きになり始めているようですが、現時点ではそっけなく真面目であまりドキドキさせられるといったことはありません(^^; しかし一巻の始まりをみると3人でなされているので、結果3人でよろしくするのでしょうwww どちらかにしぼるなら個人的には断然白推しですw エロありギャグ要素もありでサクサク読み進められます^ ^ 続きを読む▼
  • (5.0) ヒルマの脇の甘さに…
    mimimiの本音さん 投稿日:2022/4/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 ほんのちょっとイライラ。両方取りしたいわけ? 当初はユオ一直線だったはずで、その心はちゃんと保ってるはずなのにアームとのやり取りを重ねるごとに情でも湧いたのか…はたまた無意識下での独占欲が強まったのか、若干優柔不断な部分がお話のスパイスとしてはかなり効いてるけど読んでて天然的あざとさを感じてしまって早くユオかアームのどっちかと決着つけちゃってよ〜とジリジリしてます。 個人的にはヤンデレサイコパス感満載なのに隠れ一途なアーム推しだけど、主人公にはちゃんと想い人とくっついて欲しいなと思います。あとは第2の妃候補がどうかき回してくれるかにも期待! ま、もしかしたら途中で想いを寄せる相手が変わるかもしれないけど…とか思いながらワクワク妄想しながら続き楽しみに待ちます。 ちなみに夜伽〜とタイトルにあるけど、全話全編で過激エチなドロドロシーンではなく、ちゃんと登場人物との関係性や感情とかメインで進み、要所要所でソフトなシーンがある感じ。ちょいハード?なシーンもあったり、今後はどのくらいそれが増えるかはわからないけど程よいバランスで組み込まれてるので、エチシーンはあってもいいけど過度なわざとらしい効果音や言葉責めとか行為を際立たせたシーンを読むのが苦手なタイプの人には安心して読めると思う。ヒルマもユオもアームも純真純情純愛タイプです。 続きを読む▼
  • (5.0) 最高ですね
    おもりなさん 投稿日:2022/8/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 2人の王子がまた両方イイんですよ…やや第一王子が飄々として、感情なかったくらいが欠点だったのでそこに感情が加わり有利なのかなと思いますが、想いを寄せられてる第二王子も堅実らしい攻め方でまたイイ。「どちらかとくっついてほしい!!!」って人には向かないかもしれませんが、だって両方の王子が魅力的だから(大声)!!!!!!王子たち同士の攻防、主人公へのイチャイチャは沢山見たいので、はやくどっちかとなんて決めないで…!!!どっちかに決まるなら片方ずつと実った世界線のイチャイチャを10巻くらいは出して欲しいです。王子2人が本当に刺さります、、、既にマイクロ、単行本と購入済みですが、今後も楽しみです。3Pの世界線も大いにありだと思いますので、作者様の世界線を楽しみにお待ちしてます!!!! 続きを読む▼
  • (5.0) ヒーローがどちらも大好きなツンデレ
    okaさん 投稿日:2022/8/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 白皇子、黒皇子ともに性格は違えど、両方ともドストライクなツンデレキャラです! 白皇子は要領良すぎて世の中ナメてる系の兄ちゃん、 黒皇子は、天才肌の白皇子兄ちゃんと比較されて、正反対の誠実真面目くさい、努力家。どちらもヒロインのヒルマに心惹かれていきます。 初恋の黒皇子への印象は最悪で、刺客と間違われて殴られ床に押し付けられます、 白皇子とは最初から悪態をつけれて、ヒロインが素を出せる相手、 どちらも捨てがたく、どちらもきっと好きになっちゃいます。長年遊んでた男が遊びをやめてしまうようなとき、 女を敬遠してひたすら自分を律してた人が心揺れてしまう時、どちらの場合もひたすら魅力的です。このまま二人を天然で翻弄するヒルマでいてほしいです 続きを読む▼
  • (5.0) 三角関係大好きっ!
    天然水さん 投稿日:2022/8/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 まず、どっちの王子様も性格に難あり!でも見た目だけでいったら、どちらも甲乙付けがたい眉目秀麗さ。 一見冷たく見えるユオ王子も、一見チャラく見えるアーム王子も、知れば知るほと素敵な王子様 ヒルマちゃんは初心で素朴な感じで可愛くて、アーム王子が意地悪しちゃいたくなる気持ちもわからなくはない! だけど気になっている子からの「何番目でもいい!」って発言はあまりにも痛い!「一番って言えよ」的なユオ王子の気持ちもわかる! ヒルマちゃん、憧れを拗らせすぎだよー! 王子様同士の牽制でも意地でもなく、本当にシンプルに好きだと思えた時に、抜け駆けじゃなく致してほしい。 どっちの王子とくっついても悔いなし! 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 最後に選ばれるのは黒王子?白王子?それとも3人で!?予測不能な王宮ラブ!
    初恋の人・ユオ王子と結婚するため魔力を磨き、王宮に入ったヒルマ。ところが想い人のユオは双子で、アーム王子という兄がいた。そして妃候補のヒルマの役割は双子の王子と交互に夜伽をして強い子供を産むこと・・・!?硬派で曲がったことが嫌いな雷黒の王子・ユオと、飄々と意地悪な言動を繰り返す氷白の王子・アーム。彼らの間で、ヒルマの心と体は激しく翻弄されて・・・!?ヒルマのハジメテと恋心の行方に新話更新の度に大反響!倒錯した恋愛漫画の名手・島袋ユミによる、異世界王宮での三角関係ラブをご堪能あれ♪
    出版社:編集
  • ユオと結婚したい一途なヒルマ! しかし、お城には双子のユオとアームの二人がいて…。双子の騎士の中で揺れるお姫様の物語
    「魔力の強い女性が騎士と結婚」…。魔力を磨き、国一番となったヒルマは、お城にいるユオと結婚できる資格を得ます。しかし、城で待っていたのはユオとその双子のアームでした。正反対の性格をした双子に挟まれ、ヒルマの気持ちは揺れ動きます。 ユオと結婚したいのに、お城に行ってみればアームもいて困惑するヒルマ。アームの性格はいじわるで強引な部分があるけど、なぜか憎めないタイプ。逆にユオは優しく包み込むような性格…かと思いきや、ユオはヒルマにはあまりいい印象を抱いていない様子。ユオとアームと交互に接していく中で、気持ちが揺れるヒルマの今後は一体どうなるの!? 正反対の性格をしたユオとアームに挟まれるヒルマ。最初はユオ寄りだけど、この先アームに惹かれそうな感じも…。まずは無料配信で試し読みできるので、気になる方はぜひ読んでみて!
    制作:そのめろ

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ