漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
3×3EYES(1)
この巻を買う/読む

3×3EYES(1)

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.5) 投稿数63件
3×3EYES(40巻完結)

作品内容

高校生・藤井八雲は、ひょんなことからチベットから来た少女パイと出会う。行方不明だった八雲の父親の手紙を持ち、自らを伝説の妖怪「三只眼」の唯一の生き残りであると告白するパイ。最初は半信半疑だったが八雲だが、パイによって不老不死の力を得てしまった彼はその妖力を信じるように…。永遠の命を捨て、「人間になりたい」と願う2人が繰り広げる伝奇ミステリーアクション巨編、遂にスタート!!

作品ラインナップ  全40巻完結

レビュー

3×3EYESのレビュー

平均評価:4.5 63件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 懐かしい作品…
    心焔さん 投稿日:2019/8/19
    完結まで購入していた作品を、古い本棚から漁りまた読み直してしまった。名作ですよ!面白過ぎて久々に一気読みしてしまった。何度読んでも心踊る物語だと思います。
  • (5.0) 面白いです
    miyuryさん 投稿日:2019/8/16
    30年くらい昔に連載されてましたが、今読んでも面白いです。夢中で読んでしまいました。
  • (5.0) 昔のトラウマw
    カフェオレさん 投稿日:2019/5/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 中学生くらいの頃かな?兄が持ってて読んでました。 獣魔術かっこいいな〜とかパイかわいいな〜とか思いながら読んでたら、第二部ですよ! 単純にパイは記憶喪失なんだろなと思って読んでたら別人でしかも元々は敵側!それでも正体をさらして八雲を助けた化蛇があまりにもかわいそうで、当時は多分一カ月くらい事あるごとに思い出しては放心してた記憶がw ちょっとしたトラウマですよ。後々出てくる化蛇は姿が違うからか第二部ほどズシッとくることはなかったけど、それでも違う人の事が好きな八雲を間近で見せられたり好きだと言ってくれたハーンが死んじゃったり、なんで化蛇にこんな厳しいんだろと思わずにはいられなかったw 大きくなって読み返してみてもやっぱり化蛇の頃のパイが私は一番好きです。ただの個人的な思い出になっちゃった。。 続きを読む▼
  • (5.0) ドキドキハラハラ
    にゃんさん 投稿日:2019/4/5
    小学生の時に兄が読んでいたものを借りて読んでました。 最初は絵柄が大人向けで独特で、当時少女漫画しか読んでなかった私にはあまりうけつけなかったのですが、とにかく物語が面白くて夢中で読みあさってました。途中から絵柄も可愛くなってくるので気に ならなくなります。 気がつけばやみつきに何度読み返しても面白いです! もっとみる▼
  • (5.0) 青春時代にハマりまくり
    anさん 投稿日:2019/4/2
    懐かしくて無料版が出た機に読み返しました。 この歳になってまたハマり直しました。 一揃え欲しくなっちゃったけど、巻数があるので大人買いしようか非常に迷います( ;´Д`) 小学生の頃ビデオを借りて夢中になってアニメも観てました。八雲が 大好きです♪ もっとみる▼

青年マンガランキング

スタッフオススメ!
  • 人間になる術を求めて…
    夜のお店でアルバイトをしている主人公・藤井八雲。ある日バイトに向かう途中、薄汚い少女・パオに出会い、そしてパオは突然手紙を差し出します。それは4年も前に書かれた、妖怪狂いの民俗学者である八雲の父親からの手紙で…。中には、パオは不老不死の術を使うという妖怪の一族の生き残りであること、パオを人間にする術を知っている亜栗という者を訪ねて欲しいことが書かれていました。さらに八雲の身に危険が迫り…!?パオは人間になれるのか、八雲はどうなってしまうのか、そして、この物語の結末は…。高田裕三が描く妖怪好きには堪らない、愛と冒険の大河ロマン!講談社漫画賞少年部門受賞作。怪奇事件に挑む時代劇『幻蔵人形鬼話』も読む価値ありです。
    総務担当:カレー煎
▲ページTOPへ