マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ秋田書店ヤングチャンピオン・コミックスどこでもヤングチャンピオン片田舎のおっさん、剣聖になる~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~片田舎のおっさん、剣聖になる~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~ 4
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

片田舎のおっさん、剣聖になる~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~ 4

640pt/704円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「アンタは引き籠もっていたんじゃない。準備してたのさ。いつか回ってくる「役目」のためにな」 スリの少女・ミュイの姉の行方を捜す為に、ベリルとルーシーは宵闇のアジトに乗り込んだ。宵闇一味の制圧に尽力したベリルは事件の後始末を済ませ、酒場に向かう。そこで、シュプールという騎士に出会い、二人は意気投合する。ベリルに剣士の役割を説くこの男、一体何者・・・!?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

レビュー

片田舎のおっさん、剣聖になる~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~のレビュー

平均評価:4.6 457件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 人気作なだけあって
    satoさん 投稿日:2024/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 やっぱり面白い。最新巻まで一気見!5巻では先生が自己評価低くなってしまった原因ぽいのが少し描かれてて、余計に先が気になる。間違いないので、とりあえず読んで見てください。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) おっさんと弟子達が凄すぎる
    miikiimamさん 投稿日:2023/9/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 一巻見ただけで、かなりハマり一気買いしました! 主人公が弟子達を育てて、その弟子達が色んなところで大活躍!みたいな話はたまに見かけるので、一巻だけのつもりだったのですが、 この漫画はなんて言うか…弟子達が凄すぎるよりも、主人公のおっさんはワイルドな顔立ちで、結構なおじさんなのに自己肯定感が低めなキャラな所がまず面白かった。 剣を持って集中してしまうと、主人公の凄さが一目瞭然。人格変わってるんじゃない?!ってくらい変わって、そこも見どころでした! 弟子達が可愛い女の子ばかりで…って言う低評価な方もいますが、個人的にはそこの設定は特に気になりませんでした。なんて言うか…、騎士団の副団長は指南してもらい始めてから弟子みたいになってるし(男性でイケメンだし)、鍛冶屋のおっさん(これもまた弟子だったけど)も男性で面白キャラだったし、、、と、4巻まで読んだら、別に弟子は女の子ばかりじゃなくなってきたから気にならなかったです。(本当に個人的意見です) 悪者側?がどうしても男性になりがちだと思うので、愛弟子達は女の子の方が区別もついて、私は読みやすかったです。(これから変わるかもしれませんが) 基本的に戦ったり戦闘ものは、悪者だろうが何だろうが必ず死があるので好んで読む事は稀にしかないのですが、これは冒頭にもあるように一気読みしたくなる内容でした。のほほんとしたり、くすっと笑える場面も多くあるからかな。 今は4巻までしか読めていませんが、続きもとても楽しみにしています! 続きを読む▼
  • (5.0) 原作をうまく昇華させている傑作!!
    春霧さん 投稿日:2022/12/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 [2024.2.14再編集] 私もオッサンだから結婚圧力を受ける中年男の心情(苦笑)はわかるし、主人公ベリルの主観と周りの客観評価のギャップも面白い。最近は同様のギャップ系作品も増えたものの、その多くは主人公がなぜ強いのかの理由付けがおざなりで物語も薄っぺらいが、この作品はベリルの資質+日々の鍛錬の積み重ねをきちんと描いている。また原作が程よく改変されているのも尚よし。(1)原作のベリルは消極的・受動的な行動や愚痴が多いがそれを抑えて、状況に流されつつも積極的・能動的に動く「不器用だが頑張る大人」に描くことで好感を持ちやすい。(2)ヒロインを含む周辺人物それぞれの事情や過去の出来事を掘り下げることで、強さの理由や行動原理、ベリルに傾倒(恋慕)する経緯がわかりやすい。(3)魔獣や敵対勢力も原作を下敷きに、個体の強さや組織の厚みを増すことで、それに対抗するベリル達の強さを実感できる。(4)多くの優れた弟子を育てた師範にしては異常ともいえるベリルの自己肯定感の無さにも、乍藤先生なりの解釈を与えている。(5)戦闘シーンのスピーディさを重視した魅せ方もうまい。原作ベリルの性格も味わいがあるので今後も目が離せない。 続きを読む▼
  • (5.0) 読むべし読むべし読むべし
    sinさん 投稿日:2022/11/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 こんなおっさんばかりの日本なら良かったのにと思う(笑)。弟子に慕われるってことは、優しくて強くて思いやりがあって尊敬できて、一筋に生きてる姿を背中で語って…弟子の、その後の美女師匠にまで気にいってもらわれるなんて。 あーなんてハーレム。 おっさんの心の叫びも笑えるし涙もろいところも共感できるなぁ〜。 剣の立ち合い、戦闘の描写もカッコいい。良く考えられた物語。戦闘以外は、ほのぼの系で絵もいい。コマ割りも上手。マンガはそれ程、読み返さないのだが、何度か読み返してみても全然飽きない。弟子たちの言葉や行動も可愛くて、そこもまた引き込まれました。 なんで2巻までなのよ 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

「能ある鷹は爪を隠す」のはずが、まさかの転身!? 成り上がりファンタジーの代表作
広報:あずき(シーモアスタッフ)
主人公のベリル・ガーデナントは、片田舎の村で剣術師範として生活していました。ある日、かつての教え子・アリューシアが王国騎士団長としてベリルのもとにやってきます。そのアリューシアから「先生を特別指南役として推薦し、この度無事承認されました」と一言。ここから、ベリルの人生歯車が大きく動き出します! 片田舎の剣聖として多くの弟子を輩出してきた主人公。弟子たちは騎士団の指南役だったり、最強の冒険者になっていたりと、かなり立派に活躍している様子。なぜ弟子は女性ばかりなんだ…という疑問はさておき、アリューシアをはじめ大成した弟子たちとの感動的な再会シーンも見物! 無自覚だけど圧倒的な強さを持つベリルの実力に、一緒にしびれませんか? 佐賀崎しげるが「小説家になろう」サイトで発表した原作を、乍藤和樹と鍋島テツヒロにより漫画化した作品。ストーリーのみならず、絵のタッチも原作の雰囲気をそのまま再現しているので読み応え抜群!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ