電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

第41話 色白の嘘

50pt/55円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  53巻まで配信中!

  • 第39話 一触即発

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第40話 血靨を誘き出す

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第41話 色白の嘘

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第42話 深山夜話

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第43話 存在の意義

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第44話 突然に来た知り合い

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第45話 血靨の悪巧み

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第46話 戸惑い

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第47話 嵐が来る

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。
  • 第48話 隠された謎

    50pt/55円(税込)

    かつて冥界で最も恐れられ、荒れ狂う鬼使いだった拓跋 玉騫は、とある陰陽師の戚水華によって専属「従僕」にさせられ、常に翻弄されていた。戚水華に対して怒りの目を向けようとしても、彼の顔を見ると何も言えなくなってしまい…。妖異で華やかな、前世と今世の絡み合いの物語が今始まる。

レビュー

その表情に何も言えなくて…【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 善い
    yyさん 投稿日:2022/9/28
    中華ファンタジーが大好きで絵もキレイで読み始めましたが 中々なシリアスで話数も多くて買うのに勇気がいるので ゆっくり読み進めてます。 このタテヨミ漫画は一話ずつが短いのでもっと纏めて出してほしいですね。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ