マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガ竹書房華猫皇帝陛下のスキャンダル☆ベイビー 逃亡するはずが甘く捕まえられました♡ 【短編】皇帝陛下のスキャンダル☆ベイビー 逃亡するはずが甘く捕まえられました♡ 【短編】17
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
女性マンガ
皇帝陛下のスキャンダル☆ベイビー 逃亡するはずが甘く捕まえられました♡ 【短編】17
20巻完結

皇帝陛下のスキャンダル☆ベイビー 逃亡するはずが甘く捕まえられました♡ 【短編】17

180pt/198円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

アネッサとエディを盾に、逃亡を図る皇弟・フィリップ。しかし、続々と集まる現皇帝派の兵士たちに取り囲まれてしまう。そこに思わぬ人物が現れて?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全20巻完結

レビュー

皇帝陛下のスキャンダル☆ベイビー 逃亡するはずが甘く捕まえられました♡ 【短編】のレビュー

平均評価:3.9 198件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) タイトルに惹かれて
    るびさん 投稿日:2024/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 無料分読んだら続がきになり 最後まで読みました。 トラウマで女性が苦手な皇帝。側室を取る皇帝が 多いなか、女性が苦手だから皇后一人だけ よかった!何人もの側室と…なんてムカつくから そんな話でないから◎ そして顔をみたら自分の子供だとわからないのか? 鈍感過ぎる皇帝!w 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 続きが楽しみ
    maririnさん 投稿日:2023/1/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 すみません、正直、表紙の女性の目が大きすぎて宇宙人かなと思いました。しかし、中身を読んだところ絵に違和感無く読み進めることができました。むしろハマりました。テンポが良く、主人公の性格のようにうじうじせずに話が進むのが良いです。あっという間に子供も生まれ自分で歩けるまでに成長します。テンポ良くいちゃラブしてくれるので、幸せな2人を見たいこちらとしては満足しながら、さてどうなっていくのかと続きが楽しみでしょうがなくなります。さて、他のコメントでも書かれている皇帝へのツッコミですが、媚薬を盛られていたとはいえ忘れてしまうのはあんまりだと、、、私もそう思います。朝になったらいつの間にか帰っていましたが、好きな女性が裸で隣に寝ているのに夢で終わらすってどういうことやねんってね。また、顔がそっくりなエディのことを「あなたの子よ」と暴露しないことへのモヤモヤですが、これは子供の命に関わるので致し方ないかと思います。皇帝の子供ではとの指摘に、辺境伯の跡取りと決めただろうとのことで押切ましたがここはカッコ良かったです。ルイスの心配を汲んでのことでしょうから。それにしてもエディは父親似ですね。それが今後どう影響するのやらと楽しみでしかありません。(8巻まで読んだ感想です。) 続きを読む▼
  • (5.0) 神マンガ
    みすずさん 投稿日:2023/12/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 ルイスは誰もから慕われるような人柄が素晴らしい騎士で,そんなルイスのことを王太子は最初おとこだとおもっていました。さらに、王太子は女が嫌いであったが,ルイスに惹かれていた。ある日の夜会でルイスはドレスを着て参加し,王太子がやっとルイスは女性なのだと気がついた。ルイスと話そうとした時周りにいた令嬢に阻まれ、さらには媚薬のようなものが入ったドリンクを飲まされ王太子は酔っ払ってしまい,ふらふらのなか自分の自室にはその令嬢が待ち構えているためか、もしくは,ルイスに会いたいからなのかよったままルイスの部屋に行きそのまま一晩を共にしてしまう。しかし翌日二人が遭遇しても王太子は昨夜のことを覚えていなく,夢の中だと勘違いしている。しかし一晩を共にさたことでルイスの中に命が宿りそれを知ったルイスは王太子に迷惑がかかると思い、実家に帰る決断をした、ルイスも王太子のことが好きだったのに大好きな人の子供を孕みながら実家に帰る決断をしたのはとてもつらいことだつまたのではないかと私は思う。 とにかくめっちゃ面白い作品です 続きを読む▼
  • (5.0) 好みのストーリーなので、続きが読みたい
    Lilianaさん 投稿日:2022/10/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 「主人公が相手に知らせずにひとりで子どもを産む」というこの作品のストーリーが私は好きなので、続きが読みたいと思いました。ジェラルドの自室に女性がいて、戻れないのは、大変だし、かわいそうだと思いました。よくある感じのエピソードではありますが、ワインに変なものを混ぜるなんてあり得ないと思いました。ジェラルドにはあの夜の記憶がないなんて、どうすれば良いのかと思ってしまいます。ジェラルドが記憶を取り戻して、あの夜の出来事を思い出すのか、気になります。原作はまだ読んでいないのですが、この作品の単行本化や完結まで待てなさそうなので、原作を読もうと考えています。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

皇帝陛下との怒涛のラブ展開!
設計:うーちゃん(シーモアスタッフ)
ルイス・バランティンはフレイムランス帝国の騎士団寮で日々剣技を磨く、れっきとした女性。そこら辺の騎士団新人であれば、のしてしまうくらい強い女性。辺境伯令嬢である彼女が女性だということを、ほとんどの騎士団員は理解しているが、フレイムランス帝国次期皇帝のジェラルドだけはそれに気づいていなかった。ある日、舞踏会が開かれ、ルイスが女性だということをやっと知るジェラルド。そして、なんとどこぞの令嬢に薬を盛られたジェラルドはルイスの部屋を突然訪れ、まさかの展開に…。全体的に華やで細やかなイラストに相反してドキドキすぎる展開から目が離せません!佐東ゆかり先生、藍杜雫(あいもりしずく)先生の描く丁寧で繊細なラブファンタジー。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ