マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガKADOKAWAFLOS COMIC残り一日で破滅フラグ全部へし折ります残り一日で破滅フラグ全部へし折ります 1 ざまぁRTA記録24Hr.
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

残り一日で破滅フラグ全部へし折ります 1 ざまぁRTA記録24Hr.

650pt/715円(税込)

90pt/99円(税込)
7/25まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

タラコネンシス王国の公爵令嬢のアレクサンドラ。
彼女が、自分が乙女ゲームの悪役令嬢だと気がついたのは、なんと断罪イベントの前日だった!
このままでは明日、糾弾&婚約破棄されることは明白だ。
だけど、素直に断罪されるなんて、まっぴらごめん!
むしろ、自分を蔑ろにした人達へ目に物見せてやる!
アレクサンドラは残り二十四時間で絶対絶命の状況を打開しようと動き始めた―。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

残り一日で破滅フラグ全部へし折りますのレビュー

平均評価:4.7 496件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 悪役令嬢の最高傑作
    とーこさん 投稿日:2024/7/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵がとても綺麗で、メインキャラクターがみんな魅力的かつキャラデザが良くて凄く好きです ストーリーも面白くて、24時間という時間を余すことなく使いドンドン形勢逆転するのがめちゃくちゃテンポ良くて楽しいです なによりダラダラ続けず、スカッとスパッと終わってハッピーエンドというが読み手としては最高で、めちゃくちゃ読後感良かったです 購入後、何度も読み返しています 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 読み始めたらもう止まりません!※追記有
    まろんさん 投稿日:2023/5/22
    たまたま無料で分冊を読むことができて、たまたま気が向いて読み始めたら、なんてこったいっ!久々にここまでページをめくる手が止まらないハラハラドキドキした逆転劇を読みました!!!現在単行本は2巻まで出ていますが、いよいよ!というところで終了して いるので、めちゃめちゃ地団駄踏みましたし、悶えまくりましたwwwなのでどうにも先が気になって仕方がないので思わず検索してしまった程です笑。 そしててっきり2巻の続きが分冊で出ていると思って危うく分冊版に手を出すところだったのですが、たまたま先に念の為に読んだレビューにて助かりました汗。因みに分冊の冊数と単行本で表示されている章は異なっているそうで、そのことを警告して教えて下さっている親切な方がいたので重複購入せずに済みました!!!本当にありがとうこざいますm(__)m 因みに分冊の先の巻数では、冒頭の数ページ無料お試し読みが無く内容が確認が出来ない為に重複購入が起こりやすいので、くれぐれもご注意下さい! 題名からも分かるように破滅フラグを主人公の悪役令嬢が24時間というカウントダウンの中を知力、財力、権力(コネも含むかな?)などを駆使してフラグを折りまくる様は華麗でもあり、とにかくテンポよくストーリーが進みます。ライノベのコミカライズなのですが、原作は少しだけ読みましたが、いやー、よく描かれているなぁと感服しました。これは完結表示がされたら読み出すことをオススメします笑。※追記7/5遂に3巻発売!!!ホントにお待ちしておりました笑。実は余りにも気になり過ぎて待てずに少しだけラノベを読みました爆wこちらの方のエンドは、流石漫画ならではだなと感動しました!!!個人的にはこっちの方が好みかも。なんせ原作の良いところを本当に美味しくいただける3冊だと思うのでかなりオススメです!いやー、爽快でしたし見せる場面での見せ方も良かったです!!!完結表示がないので、もしかしてラノベでは続いているぽい王太子妃編も読めるのか?!と密かに期待しております笑。ヒロインとヒーローのイチャイチャをもっと読みたいので是非お願いします!!! もっとみる▼
  • (5.0) 悪役令嬢24時!
    love7さん 投稿日:2023/2/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 断罪イベント発生の24時間前に前世の記憶を取り戻したアレクサンドラは、自身の破滅を回避するべく行動に移す。 冷静に機を読み、行動する彼女の聡明さにスカッとします。 強欲なヒロインに憑いている友人のご令嬢が誰か気になるところ。もう半日前には、王太子の後継者剥奪も決定しており、何も知らない王子様がアバンチュールに興じている姿もマヌケ過ぎて笑える。徹底的なザマァを期待して完結編24時を楽しみにしています! 【追記・完結編】私としては食い足りない感のある解決編ではありました。バタバタと終わった様に思えます。特に断罪劇は徹底的に王太子を断罪して欲しかったです。後にサラリと補足されてはいますが、王太子が婚約者のある身で芋女と密通していた事。芋女にとっても、未婚の女性が婚前交渉に持ち込んでいたというのは相当な傷の筈。そこにはそれ程触れず、のみならずルシアが王太子以外の男にも擦り寄っていた事に、王太子は彼女に言及しない。危険な聖戦に赴くという時点で、嫌がるルシアを見て、自身を省みてショックを受けるか、アレクサンドラに謝罪して欲しかった。 あんなにも長い時を過ごして来たのに。王太子に愛想が尽きたとはいえ、全てが終わった後、アレクサンドラの流した涙の意味を、王太子は深く反省して欲しかった。アレクサンドラの闘いは無意味では無かったけれども。彼女は確かに幼ない頃から愛情を育もうと努力して来たのだから。心ある陛下と王妃のお陰で、王位継承権が回って来た第3王子と幸せな結婚をするアレクサンドラが見れたのは良かったですけども。また、ルシアに取り憑いていたと思われた影の存在も明らかに。拍子抜けする程の種明かしだったけれども。これを持ってルシアへの断罪も完結。呆気なかったなぁ。2巻までのグイグイ感が楽しみ過ぎたので、評価は変えないです。 続きを読む▼
  • (5.0) スッキリサッパリ
    るゐさん 投稿日:2024/5/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 いつ読み返してもサクッとテンポ良く楽しめます。今読み返すと、とある「中の人」がヒロインver.な話だよな、と思います。 そして「中の人」はお互いがお互いをすごく大事に想いあって行動してるけど「ルシア」は独り善がり。逆ハーにこだわったりしないで、「ルシア」にも攻略対象にも誠実に向き合っていたら「ヒロイン」でいられたのでは? ある意味「教訓本」であり、転生・悪役令嬢ものの「お手本(または定石)」ですね。 見落としがちだけど主人公のヒロインへの「暴行未遂」は謝ったし未遂だったから罪に問われなかったのかな? ザマァ後に泣いちゃう主人公は健気で可愛すぎて…… 賢い・強いからって傷つけられていいわけがない。身近な人に味方がいて良かった。妹も姉の家族愛に気づいて良かった。 真実の愛って男女の情愛のことじゃないだろ、っていつも思ってしまいます。自分を多少押し殺しても、大事な人を思い遣って行動することでしょ。妃教育だの重圧に耐えたのに立場や尊厳を蔑ろにされて良きパートナーでいれるわけないから(怒) 続きを読む▼
  • (5.0) 3巻で完結しているのが良い
    たかなしさん 投稿日:2024/4/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 一気に読み走れて、途中でダラけることがなく逆転断罪しきれるところが良かったです。悪役令嬢としてはまあよく見る性悪吊り目キツい性格の巨乳というビジュアルで珍しくないな、逆に王子がなんかちょっと芋いくらいで目新しさは無いですが、何と言っても幕間が無く話がダラダラしてないのがいい。最初はジェラールの顔が可愛いすぎて主人公と釣り合わないなぁと感じましたが、確かに少年の成長は早いw 3年後、見事に背が伸び程よく瞳が小さくなってスンゲェイケメンになってました。義弟ポジの時からも天然さを見せつつ押しの強さは垣間見せてましたので、王子との養殖恋愛しか知らない初心なヒロインは側から見て押しに弱いしで、彼の強引さが見事にマッチしておりお似合いだなと思いました。ジェラールに押せ押せで迫られたらアレクがたじたじになってる場面が容易に想像できます。漫画でも見たかった。結婚式前には既に2児も設けてるし、手が早い...ww 敵サイドの皆様がさらっと書かれているだけですがあまりに無惨な結末なのもスカッとしてて良かったです。 続きを読む▼
  • (5.0) イッキ読みおすすめ
    ひとみんさん 投稿日:2024/7/8
    完結マークを確認して一気に読んだので、えったった一日で何が出来るの?と思いつつもクライマックスまでがすごくスリリングでした。アレクサンドラはお金もコネも何でも使って自分を破滅させようとしてくる相手を次々と叩き潰していきます。原作未読ですが原 作では各攻略相手達とのやり取りがもっと多いのでしょうか?とにかくテンポ良く進んでいきます。 アレクサンドラが破滅せずに済んだのは、彼女自身の働きはもちろん、それとは別に王妃や第三王子に未来を予知する手紙を送った人物がいるからです。その人物とは…?と言うのが物語のカギです。 それにしても逆ハーレムエンドとは強欲ですね。ヒロインは王太子と結婚しながら周りの男性も全て自分のもの。その男性達は王太子に愛されるヒロインの元で生涯独身のままヒロインをチヤホヤし続け、死ぬまでヒロインに飼い殺しにされる運命だったのでしょう。破滅と共に彼らの目は醒めたのでしょうか? もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

悪役令嬢のリアル「24」が見逃せない!!
設計:AI王子(シーモアスタッフ)
本作における冒頭の懇切丁寧な世界観のインフォメーションがあるのは、壮大な物語と登場人物の相関図をきっちりと補完されて読みやすいのはありがたいです。というのも、読み手が主人公の主観で異世界に放り出されて、一緒に記憶を思い出していくような感覚が面白い。蘇った記憶は、24時間後に悪役令嬢の破滅ルート確定すること。この窮地を前世で趣味だった乙女ゲー等の知識を駆使して、逆転を目指すというハラハラドキドキの悪役令嬢・アレクサンドラの異世界ラブロマンスの結末が見逃せない…!―「小説家になろう」出身でファンが多い福留しゅん(フクドメシュン)先生が原作。そして、漫画は、数多くのライトノベルの挿絵も担当されてきた美しい画力を持つ天城望(あまぎのぞむ)先生による安定のコミカライズで超オススメです!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ