漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

極食キング 2巻

通常価格:
550pt/605円(税込)
(3.3) 投稿数4件
極食キング(5巻完結)

作品内容

B級グルメ店復活請負人・北方歳三が、奇想天外な修行で、潰れかけた店を復活させる。大人気コミック『食キング』の続編シリーズ!!

作品ラインナップ  全5巻完結

レビュー

極食キングのレビュー

平均評価:3.3 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 続編
    いっちゃんさん 投稿日:2019/7/26
    食キングの続編。 基本的なパターンは食キングと同じで、何かしらの問題を抱えたお店の再建ですが、こちらでも大抵が料理人の心の問題で、調理で参考になる点はほぼありません。 最後にかつて敵対した相手を再建したのは面白かったです。

高評価レビュー

  • (4.0) シュールな笑いを誘う料理漫画。
    まぐろさん 投稿日:2016/10/24
    潰れかけの飲食店を蘇らせる凄腕の「再建請負人」北方歳三の活躍を描く作品。 その再建方法とはその店の店主に修行をつけさせることだがその修行がことごとく料理と関係なくて笑える(パチ屋で働かせたり、宿屋で働かせたり、車整備させたり・・・なんか今 考えると全部働いてるな・・・) そんな個性豊かな修行のために「なんでこんなことをしなきゃならんのだ!」といつも店主に言われるが北方はそれに対して「質問は一切受け付けん!」と頑なにその姿勢を崩さない。そして、店主が修行している間に北方が再建に必要な新メニューを作って、それを店主が引き継いで(というか最初から北方がメニューを作ってあげればいいんだが何故かそれをしないのも笑える)店が繁盛するというところまでがパターン。 しかし、この漫画敵の大将と最終的に漫才コンビを組んだり色々と滅茶苦茶。 しかもそれを大まじめにやるもんだからたまらない。 ちなみに、これは『食キング』という漫画の続編なのだが特にそれを読まなくても楽しめるようになっている。私は前作を読んでいないがこの漫画は割と楽しめて読めました。 もっとみる▼
  • (4.0) 勝負は
    なたさん 投稿日:2015/8/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 店に対する嫌がらせの奴らを用意したり、やらせの仕込みをした時点で勝負はついていたと思う。 他業種に修行に出ることによって初めの気持ちか戻ってきて、気持ちがリフレッシュされて、また頑張れるのかな。 最終巻では厳しかった面が強かった管財人が、メンツを立てるために演技をしてやったりと優しさもみれた。 そういえばこの漫画、料理人本人がお金出して依頼するとは限らずに関係者がお金出して依頼することも多いんだと。 続きを読む▼
  • (3.0) 可もなく不可もなく
    トムさん 投稿日:2016/2/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 この人の料理マンガは、いつも続編は息切れ気味。今回も途中から、最後に「このメニューだ!」バーン!!で終わり、後日談も何もなくなってきたなぁと思ったらまた、唐突にこれで終わり?というラストでおわり。締め方の下手な作者さんなんだろうか…。 続きを読む▼

広告掲載中タイトル

青年マンガランキング

▲ページTOPへ