マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックcomicocomico霧の怪物【タテヨミ】外伝 第 5 話
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全77巻完結

  • 最終話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 1 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 2 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 3 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 4 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 5 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 6 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 7 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 8 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」
  • 外伝 第 9 話

    50pt/55円(税込)

    この世は濃い霧に覆われた。 そしてその霧に侵された者は皆「怪物」になった。 ハヨンはじっと目の前の男を眺めた。 整った真っ黒な髪、冷たくて都会的な印象。 着飾ったスーツは鳥肌が立つほどよく似合い、数年前に彼が社会に出ればこんな姿だろうと想像したのと同じだった。 しかし、その想像とは異なる現実の中で銃口の端を彼の胸に向けた。「笑え」「久しぶりに会った先輩に向かってその言い方はないだろう」「笑わないと撃つぞ」男の顔にはゆっくりと笑みが広がり、その笑みを見たハヨンはそのまま銃口を上に上げて彼の眉間を照準とした。「あんた…怪物だな」「笑ったのになぜ疑う?」そう言う”彼”に対し、ハヨンは嘲笑した。「ミョンウンは俺に笑顔なんて向けないからさ」

レビュー

霧の怪物【タテヨミ】のレビュー

平均評価:3.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 少ない人間関係で深い話
    おにぎらずさん 投稿日:2024/2/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 BLというよりも、怪物のもとである霧を巡る主人公と主人公を愛している男との愛に至る話と怪物のもとである薬品を巡る権力と愛憎の物語です。BL的なものは外伝以降のものですが、A地区に入った主人公が、怪物のもとである霧を排除するまでに、彼の協力者と彼の才能とが絡み合わせて進むヒリヒリとした駆け引きが見物です。 なかなかこういう話の展開に慣れていない日本のBL民には面倒な作品かもですが、物語性の高さでは面白みの高いさくひんです 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (4.0) おもしろいです
    mmさん 投稿日:2023/9/25
    61話(完)まで読みました 〜外伝へ続くようです 海外ドラマ「ウォーキングデッ〇」や「サバイバ〇」のようでした BL要素はなくてよかったかも・・・(ほとんど無かった)
  • (3.0) ?????
    キタさん 投稿日:2022/11/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 取り敢えず無料分は読んでみましたが、いきなり怪物退治と数人での集団逃避行。 ただ主人公らしき人が戦ってるけど、過程をすっ飛ばしてなんの説明もないので、読者おいてけぼりって感じです。 これから面白くなるのかもしれませんが、面白いともつまらないとも言えない。 ただただ意味がわからない、というのが率直な感想です。 なので私は購入までするきにはならないかな。 9話まで読みましたが、怪物倒しながら逃げてる以外の特に進展はありませんでした。主人公の過去は、夢で多少回想がありますが、それに意味があるのかないのかもさっぱりわかりません。 逃げてるとこだけ長々と読んでるだけだから面白いかどうかわかんない。 他の方のレビューもないので、尚更判断がつかない。 購入して読んだけど面白かった、というレビューが今後でたら、その時に購入は考えます。 続きを読む▼
  • (1.0) よく分からない
    まりあさん 投稿日:2022/11/28
    ダイヤルアゲインは大好きでした! 絵もすごく好みで必ずチェックしてます。 今回は、レビュー次第で購入したいと思います。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ