マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガマッグガーデンEDEN月刊コミックガーデンMAGCOMIうらうらひかる 津々に満つうらうらひかる 津々に満つ 1巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
女性マンガ
うらうらひかる 津々に満つ 1巻
2巻完結

うらうらひかる 津々に満つ 1巻

630pt/693円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

最愛の人が遺したのは、臓器と自分の子どもでした。 最愛の恋人・千津子と別れ、色褪せた日々を送る圭祐はある日、彼女と自分の子供だと言う少年・航士に出会う。驚きつつも喜ぶ圭祐だが、彼女の死を告げられた。失意の圭祐に航士は「母の臓器提供(ドナー)相手に会いたい」と協力を頼むが……。 父と子になりきれない未満家族が、最愛のカケラを訪ねる、ひと夏のセルフポートレイト第1巻。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全2巻完結

  • うらうらひかる 津々に満つ 1巻

    630pt/693円(税込)

    最愛の人が遺したのは、臓器と自分の子どもでした。 最愛の恋人・千津子と別れ、色褪せた日々を送る圭祐はある日、彼女と自分の子供だと言う少年・航士に出会う。驚きつつも喜ぶ圭祐だが、彼女の死を告げられた。失意の圭祐に航士は「母の臓器提供(ドナー)相手に会いたい」と協力を頼むが……。 父と子になりきれない未満家族が、最愛のカケラを訪ねる、ひと夏のセルフポートレイト第1巻。
  • うらうらひかる 津々に満つ 2巻

    640pt/704円(税込)

    SNSで大反響を呼んだ「最愛が遺した臓器を巡る、即席父子のひと夏のポートレイト」完結。 「お父さんの子どもじゃなくてごめんなさい」旅を経て、父親の自覚を持てた矢先に航士からの告白に戸惑う圭祐。――なぜ千津子が今まで自分に連絡をしてこなかったのか。確信が確証に変わる瞬間、圭祐は彼女との絶望の始まりを追想する。父と子になりきれない未満家族が、最愛のカケラを訪ねる、ひと夏のセルフポートレイト想葬の最終巻。

レビュー

うらうらひかる 津々に満つのレビュー

平均評価:5.0 18件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) やっぱり泣いた(TдT)
    くっち〜さん 投稿日:2024/2/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 まさかの…心臓があの人に…とは思わなかった。 1巻は謎を孕みながらも、臓器提供された人たちとの不思議なつながりと温もりを感じるエピソードにほっこりしながら読んでいたが、終盤は確かに不穏な空気を醸し出していた。 案の定2巻は、それぞれの思いが交錯しながらエンドへと進んでいく。もうすでにこの世にいない人も辛くても生きていかなければならない人も…皆にいつかは幸あれと思いながら泣いた。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 作者様のストーリー構築の手腕が光る作品U+A0
    me*さん 投稿日:2024/2/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 幸せ溢れる圭祐の千津子へのプロポーズシーンから始まり、ページをめくったら一気に急転直下な展開なのに、そうなった理由は一切明かされないまま話が進むので、もうこの冒頭部分だけで気になりすぎて物語の世界に一気に引き込まれてしまいました。そして畳み掛けるように圭祐の子供を名乗る少年が現れて、千津子の死を告げられ、彼女が臓器提供した人たちを訪ね歩く旅へ。旅の過程で圭祐と少年が少しずつ心を通わせる様子にほっこりさせられ油断しているところに、爆弾が落とされ次巻へ続くって・・・こんなの読まない訳には行きませんよね〜! 読者の心を掴んで離さない作者様のストーリー構築の巧みな手腕が光る作品で、とてもおすすめです。 続きを読む▼
  • (5.0) 繰り返し読みたい1冊
    ぴろみつさん 投稿日:2024/2/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 彼女にプロポーズしたら逃げられた。こんな出だしから始まる。そして、12年後、その彼女の子供が現われる。自分の息子だといって。驚きつつ、喜びを覚える圭祐だが、彼女・千津子は亡くなったという。千津子は臓器提供意思表示カードを持っており、全国にいるレシピエントに会いに行くという息子・航士とともに旅に出る。即席親子の旅は母親だけが頼りの関係。徐々に良くなっていく関係性が微笑ましいが、航士は何かを隠している様子。ひと夏の親子旅がもたらす想いと驚きの結果。涙無しでは読めません。楽しさだけでなく、怒りや悲しみをも凌駕する物語り。オススメです。 続きを読む▼
  • (5.0) 不条理の中で「生きる」ということ
    みっっっきーさん 投稿日:2024/2/28
    うらうら(日の光がのどかで明るいさま) 津々(あふれでるさま、絶えず湧き出るさま) 人生のドロドロしたまっくろい醜悪な側面をまざまざと見せつけながら、それでいてほんの少しの善意が文字通りうらうらとひかり、津々として満ちていく。 人生の 不条理の中で、それでも人と人がまざりあって生きていく様子を全2巻という短い中にも繊細に捉えた人生讃歌の秀作だと思います。 読後にうらうらとしたひかりが心に津々として満ちていき、タイトルの秀逸さにも感動。 一読の価値有り。 もっとみる▼
  • (5.0) 美談で終わらない所にある面白さ。
    オレンジさん 投稿日:2023/12/7
    試読と目次見たら即決買っちゃうわこんなの。他人からの臓器移植って半ばベールに包まれてて半ば聖域でほぼ美談じゃないですか。でも美談で終わらない所に人間の本当の喜怒哀楽はあるんじゃないかと思う。特に哀の部分が。2巻では過去の背景が明らかになって いくようです。固唾を飲んで続きを乞います。追記※2巻で完結。ほんとに読んで良かった。(最後のタイトルが『血液』だった事に全ての凄みを感じました…) もっとみる▼
  • (5.0) すごい作品だ!
    ははさん 投稿日:2024/2/14
    すごい作品だった。何気に見たねとらぼの記事からpixivで1話を読んで、クーポンあったから2冊まとめて買った。なんというか、絵といい構図といい、うまい作者さま、読ませる人だと引き込まれて読んだ。漫画を読んでる余裕があったのは1巻まで。感情全 部持っていかれた。もう、たまらなくなった。いやもう、すごすぎる。言葉にならない。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ