マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミック新書館ディアプラス・コミックスシェリプラスメルティホワイトアウトメルティホワイトアウト(2)
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
メルティホワイトアウト(2) シーモア先行作品
3巻配信中

メルティホワイトアウト(2)

120pt/132円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「劇団マチナカ」で脚本・演出をしている辰彦のもとに、ある日、声が出せなくなった超人気若手俳優・早坂真樹が現れる。5年前まで劇団にいた後輩で、理由も言わずなぜか辰彦のもとに居座り始める。そんな中迎えた公演で、主演が出られなくなるトラブルが発生。そこで代役を名乗り出たのは「舞台の上でなら声を出せる」という真樹で……!? (この作品はシェリプラス2023年11月号に収録されました。重複購入にはご注意ください)

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • メルティホワイトアウト(1)

    120pt/132円(税込)

    「劇団マチナカ」で脚本・演出をしている辰彦のもとに、ある日、声が出せなくなった超人気若手俳優・早坂真樹が現れる。5年前まで劇団にいた後輩で、理由も言わず何故か辰彦のもとに居座り始める。そんな中迎えた公演で、主演が急遽出られなくなるトラブルが発生し……!? 脚本・演出家×若手俳優の火照りとろける救済物語。(この作品はシェリプラス2023年9月号に収録されました。重複購入にはご注意ください)
  • メルティホワイトアウト(2)

    120pt/132円(税込)

    「劇団マチナカ」で脚本・演出をしている辰彦のもとに、ある日、声が出せなくなった超人気若手俳優・早坂真樹が現れる。5年前まで劇団にいた後輩で、理由も言わずなぜか辰彦のもとに居座り始める。そんな中迎えた公演で、主演が出られなくなるトラブルが発生。そこで代役を名乗り出たのは「舞台の上でなら声を出せる」という真樹で……!? (この作品はシェリプラス2023年11月号に収録されました。重複購入にはご注意ください)
  • メルティホワイトアウト(3)

    120pt/132円(税込)

    「劇団マチナカ」で脚本・演出をする辰彦のもとに、声を出せなくなった人気若手俳優・早坂真樹が現れる。ある日、トラブルを起こした主演の代役を真樹が務めることに。「舞台の上でなら声を出せる」という真樹の圧巻の演技で舞台は成功。しかし真樹を家まで送った辰彦が目にしたのは、何かに怯える真樹と荒れ果てた部屋だった。 (この作品はシェリプラス2024年1月号に収録されました。重複購入にはご注意ください)

レビュー

メルティホワイトアウトのレビュー

平均評価:5.0 20件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 設定から最高
    みちゃさん 投稿日:2024/4/9
    大好きな作家の新作。表紙の絵もごちそうさまです^_^ 序盤だから二人の過去とか気になるところが盛り沢山だけど これから最高な展開になる予感しかない! 続きが待ち遠しいです

高評価レビュー

  • (5.0) メリハリのある面白さ抜群の素晴らしい作品
    あいかさん 投稿日:2024/3/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 鯛野ニッケ先生の作品で、単行本になるまで待とうと思っていたのですが、1話の単話売りが始まって我慢できずにすぐに買っちゃいました(*´`*)今3話まで出ていますが、物語が大きく動き出していて、めちゃくちゃ面白いです 小さな劇団の脚本・演出家である辰彦と元劇団員で今や超人気俳優の真樹のストーリー。大スターの登場に色めき立つも、真樹は声を失っていた。しばらく休もうと、何気なく過ごす日々。そんな中、公演日に主演が間に合わないというアクシデントが起こる。そこで立ち上がった真樹の声が…。 一体真樹に何が起こったのかと、脳内で想像が広がりますが、すぐには答えは見つからない。まずは真樹という俳優がどれだけすごい役者なのかということが短い描写の中で伝わってきて、大スターとしての貫禄に圧倒されます。そして、真樹が今までどんな生活をしていたのかがうっすら見えてきたところで、物語は過去へ…。 いやはや、ストーリーの構成といい、キャラといい、見せ方といい、本当に素晴らしい(//∇//)ゆったりとした空気感の中に緊迫した雰囲気があり、そのメリハリが読者の心を鷲掴みにします 真樹自身もなぜ声が出なくなったのか分からず、一緒に紐解いていく中で、真樹の気持ちがガーっと心に流れ込んできて、切なさでいっぱいになるんですよね(T ^ T)真樹〜!好きだ〜 天才で、何不自由なく我が物にしていると思っていた大スターが本当に欲しかったものとは…、そして、辰彦のオリジナルは生み出されるのか…、どうか2人にとってお互いが救済になりますようにと願わずにはいられません。 鯛野ニッケ先生はどうしてこんなに心情を描くのがお上手なんでしょうね(*´∀`*)なんかもう、毎話読む度に真樹と辰彦の心が一つずつパカッパカッと開けられていって、アイテムゲットしたような感覚になります笑。ホント素晴らしい!真樹くんは目がキラキラしててかわいいし、辰彦さんには「おいで」って私も言われたい笑超かっけーっす!大好きなメインカプに、幸せになってほしい♪(´ε` ) 続きを読む▼
  • (5.0) 君香シャーレ好きにはたまらん。
    カロさん 投稿日:2024/3/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 ニッケ先生の中で1番好きな作品が君香シャーレでした。こちらの作品は受けの雰囲気が君香シャーレの有路さん(受け)を彷彿とさせます。好き。 一つのものに打ち込む熱が強すぎて自分のことを疎かにしてしまったり、攻めに対しての距離の詰め方が不器用なところもたまりません。表情から汲み取れない内面が意外と攻めのことでいっぱいなところも似ていそう。2話で受けの心の深淵に攻めが踏み込んだところで終わったので続きが待たれるところです。 攻めが世話好きなのも君香シャーレの高階くん(攻め)に近い属性の予感がしているのでもう沢山お世話焼かれて心身ともにデロッデロに甘やかされてしまいなよ...!!と枕に頭打ちつけてます。 この作品が気になった方はぜひ君香シャーレも読んでいただきたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 期待度MAX!
    るーくさん 投稿日:2024/1/26
    作者さま即買いです。 新作のリリースありがとうございます!! ある程度話数が貯まるまでレビューは控えようと思ったけど、読んで膨らんだ心のエネルギーをどこかに表現したくて結局書いてしまっています(笑) どうしてこうも透明感のあるキャラク ターを描かれてしまうんでしょうか………たまりません! 儚く消えて溶けてしまうような透明感ではなく、読者の感性にどっと溶け込んでいく強さと熱量のある透明感で、読後に心をひたひたに浸からせて支配されてしまう感覚。 気持ち良くてクセになりそう。 続きを楽しみにしています☆ もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ