漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
女性マンガ
風光る(渡辺多恵子) 1巻
この巻を買う/読む

風光る(渡辺多恵子) 1巻

通常価格:
420pt/420円(税抜)
(4.6) 投稿数92件
風光る(渡辺多恵子)(42巻配信中)
作品内容

時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、「壬生浪士組」の入隊試験を受けた。そのために、名前を神谷清三郎とかえ、性別も男と偽った。なんとか入隊を許され、副長助勤の沖田総司の下に付くことができた清三郎。ところが、まわりはケダモノのような浪士だらけで…!?幕末青春グラフィティ!!

作品ラインナップ  42巻まで配信中!
レビュー
風光る(渡辺多恵子)のレビュー

平均評価:4.6 92件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 勉強にもなる
    みっきさん 投稿日:2019/3/17
    小学生のときからずっと続けて読んでいます。 なかなか話が進まない感はありますが、丁寧にかかれていて1巻1巻に重みがあるように感じます。 最近は、最後どのように終わるのかを見届けたい一心で読んでいます。
  • (5.0) ハズレなし
    ぷーたさん 投稿日:2019/3/12
    新撰組ものはハズレなしです。 ちゃんとくっついてほしいけど、、、
  • (5.0) エンディングは分かっていても読みたくなる
    シルクマムさん 投稿日:2019/3/10
    歴史上の人物。沖田総司。歴史に疎い人でも、この人の名前は大抵の方はご存知なくらい分かり切ったエンディングです。でも主人公のセイが絡むと新鮮組も違う角度で見えてしまうから不思議だ。幕府の犬呼ばわりされてまわりは血一色の新選組のようにみえるが、 日々の生活をしている新選組が存在する。色んな漫画家さんがこぞって新選組を描いているが、私は渡辺先生の新鮮組が一番好きだ。時代考証に忠実に描いているので確かに切りつけるグロさも必要だ。吉原と言わず、BLのような男娼も出てくるし、裏切り者を泣きながら斬らないとならない葛藤も描かれている。これを読んだら、日本史のこの時代はバッチリだと思う。残念なのはあまりにも長すぎて年号よりもストーリーが頭に入ってしまうことだ。 もっとみる▼
  • (5.0) 紙媒体から電子に
    アズンガーさん 投稿日:2019/2/23
    この漫画はホントにすごい!少女漫画のレベルじゃない色んな新選組の漫画を読んできた中でダントツに面白い!!本来ならば沖田総司は池田屋の後ほとんど動けてないのにあとがきをきちんと読んだら作者の意図がわかってさらに感動&感謝!史実も大事だけど漫 画だから「こうあってほしい!」って気持ちがわかるだけに最近は毎巻号泣ぜひ読んでいただきたい漫画です! もっとみる▼
  • (4.0) みんなかっこいい
    もわんさん 投稿日:2019/2/21
    最近ではなくなりつつある、昔ながらの「かっこいい」価値観を持った人たちの話です。幕末が好きな歴史好きにもおススメのお話はです。散っていく美学に抵抗がある人にはイマイチかもですが。
女性マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 頑張れ女の子!
    かの有名な新撰組(新選組)の物語です。新選組の前身である壬生浪士組の入隊選抜で、打たれても打たれても向かってくる1人の少年が選抜役の沖田総司の目に留まります。父と兄の仇を討つために入隊を志願、「志だけは誰にも負けぬつもりです!」という心意気に免じて、新入隊士として入隊を許された神谷清三郎。その正体は富永セイという少女だったのです!土方歳三、近藤勇はじめとする血気盛んな浪士組の中で、果たしてセイは…。「ファミリー!」「はじめちゃんが一番!」の渡辺恵子先生が描く、歴史純情ロマン!頑張る女の子セイの姿に、男の友情にぐっとくるはず。ドラマCD化、 第48回小学館漫画賞受賞作品です。
    制作担当:わさびからい
ご来店ポイント
▲ページTOPへ