漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

恋姫 1巻

通常価格:
571pt/628円(税込)
(3.3) 投稿数15件
恋姫(1巻完結)

作品内容

人気歌舞伎役者・優紀は遊び仲間の秋川に密かな想いを寄せていた。戯れを装って身体の関係を持つようになった二人だが、優紀は彼の心にも期待し始め…!? 続編の「小春日和」や、人気読み切りも収録された特別編集・新装版!!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

恋姫のレビュー

平均評価:3.3 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) うーん・・・
    yama さん 投稿日:2019/3/13
    有名な作家さん。悪いとは言えないけど良いとも言えない。モヤモヤした感じ。昔はこんな雰囲気が流行ったなぁって思いました。あまりエロくもなかったし絵も古く感した。残念

高評価レビュー

  • (5.0) 切ない恋の名作です!
    ぽにょぽさん 投稿日:2011/2/27
    初版はかなり前ですが、ずっと忘れられない名作BLのひとつです。 門地先生ファンはもちろん、時代物が好きな方や、叶わぬ恋に胸を痛めてる主人公視点のお話にキュンキュンしてしまう方には是非ともオススメします! ただし、「若くてオンナノコみたい な可愛い受じゃなきゃダメ」って方にはあまり合わないかな…。 そうじゃないから悩むところもこの名作のいい所ですから! もっとみる▼
  • (5.0) 引き込まれます
    灰春ミドレさん 投稿日:2011/2/27
     作者さんが好きな方だったので即買いしました面白かったです!江戸時代が舞台となってるのかな?あまりそういうBLを読んだことは無かったのですが、スラスラ読めました。話し方も江戸っぽさがあって雰囲気でてます!  普段はどうみても男ですが、化 粧すれば歌舞伎の女形としては容姿、演技共に天下一品な役者 優紀さんと、優紀さんの遊び友達(?)にして、ひそかに好意を抱く相手…秋川さんのお話です。  優紀さんは秋川さん一筋なのですが、秋川さんは恋人をとっかえひっかえで遊び人な方です困り者ですね。  秋川さんの発言や行動により、好きな相手として少し期待してしまう優紀さんですが……?  色々波瀾などありますが、最後には良い方向へ転がって終わる…という感じですもう少し続いても良かった!!と思ったのですが、こんな終わり方がこの作者さんらしいなと思いました。  10話までは表題作で(10話は後日談)、後が短編となっております。短編は二作ありましたが、どちらも表題作とは雰囲気が変わりますが、中々面白いです! もっとみる▼
  • (5.0) 良いです。
    ミカヅキモさん 投稿日:2011/2/26
    毎回この方の作品は読む度にブルーになるんですが、今回も軽くブルーになりました(笑) 1から10話が表題作。 売れっ子女形の主人公がとても一途で切ないです 主人公が想いを寄せてる人がまたフラフラしたヘタレ(?)というか、無神経というか…も う周りの人間が哀れです。 でも「小春日和」の最後は、これまでがあるからこそ、かなり萌えました 後半は別ストーリーです。 野球部の4番×家庭有な監督 4番な男子は別の男子からアタックされてます。 「運命の人」は 人付き合いが苦手な教師が両親のいないヤンデレ少年に捕まります。 別ストーリーも気になるなら是非パックで もっとみる▼
  • (4.0) 途中で読むのをやめたらダメ。
    りりこさん 投稿日:2013/8/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 途中で断念なさる方が多いようですが、 最後まで読まないと勿体無いように感じました。途中の短編たちは、暗い話もあり、 スピンオフのような話もありモヤモヤが残りましたが、それでも最後の小春日和まで読んで、ようやく満足できました。 続きを読む▼
  • (4.0) ちょっと苦しい恋の話
    未祐さん 投稿日:2011/4/12
    文学作品のような人間相関図と心理描写が楽しめます。まずは攻めの不実な態度に卑怯だなーと思わせられるんですが、攻めが好きなあまりに受けもちょっと意地悪をしてしまい、後ろめたさに悩む姿や嫉妬などに葛藤し、恋の苦しさに焦点をおいている作品だと思い ます。 華やかな表紙とは裏腹に、受けは容姿も精神もなかなかたくましい印象ですが、現実らしい江戸時代の役者(女形)を描かれているのだと思うので、お話にマッチしていると感じました。 良い意味で展開の予想がちゃんと読めないところも良かった。 もっとみる▼

広告掲載中タイトル

スタッフオススメ!
  • 歌舞伎役者の切ない恋
    表題作の歌舞伎モノと、野球少年モノが収録された門地かおり先生の短編集。歌舞伎モノの方は脚本家・秋川に想いを寄せる人気役者・優紀の、心の動きが切ないラブロマンスです。秘めた片思いがキュンキュンさせる、とても美しい作品です。
    ハイジ
▲ページTOPへ