漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

海辺のエトランゼ

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数197件
エトランゼ(5巻配信中)

作品内容

「男が好きでもおかしくないよ」 好きになった相手と抱き合えたら。そんなこと絶対叶わないと思ってた────。 2人は沖縄の離島の海辺で出会った。小説家の卵でゲイの橋本駿(はしもとしゅん)は、物憂げに過ごす高校生・知花実央(ちばなみお)が気になりナンパめいた声をかける。日に日に距離を縮めた2人だったが、実央は島を離れることに。そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と駿に迫る。しかし駿はいざ実央と恋人同士に、となると1歩を踏み出せなくて──。 年下フリーターとゲイ小説家のじれったいほど切ない恋。 心が、洗われるようなボーイズラブ。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • 海辺のエトランゼ
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「男が好きでもおかしくないよ」 好きになった相手と抱き合えたら。そんなこと絶対叶わないと思ってた────。 2人は沖縄の離島の海辺で出会った。小説家の卵でゲイの橋本駿(はしもとしゅん)は、物憂げに過ごす高校生・知花実央(ちばなみお)が気になりナンパめいた声をかける。日に日に距離を縮めた2人だったが、実央は島を離れることに。そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と駿に迫る。しかし駿はいざ実央と恋人同士に、となると1歩を踏み出せなくて──。 年下フリーターとゲイ小説家のじれったいほど切ない恋。 心が、洗われるようなボーイズラブ。
  • 春風のエトランゼ(1)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    小説家の駿(しゅん)は、沖縄の離島で出会った年下の恋人・実央(みお)を連れて、故郷の北海道へ向かっていた。かつて、幼なじみとの結婚式をゲイだと言って逃げ出して以来、駿は実家とは絶縁状態でいたが、父親が病気だと聞き、一度帰ることを決意した。迷惑をかけた実家に男の恋人を連れて行く。駿にとっては気まずい帰省だっがが、親を亡くした実央には―。 海辺のエトランゼの続編、天涯孤独成年とゲイな小説家の切なく瑞々しい恋。第1巻。
  • 春風のエトランゼ(2)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    若手小説家の駿(しゅん)は、父親の体調不良を知り、同性の恋人・実央(みお)を連れて何年も音信不通にしていた実家へ戻った。離れに住むことになった2人は、風変わりな実家生活を始めるが、養子の“弟”ふみにベッドシーンを見られてしまう。桜子の助けで謝罪と言い訳の機会をもらうも、駿は事実をそのままふみに伝えてしまって…。実家での奇妙な生活に初めは居心地が悪かった駿だったが、すこやかに過ごす実央のそばで、次第にこの暮らしを受け入れていく。そんな日々の中で、実央のとある気持ちを知り―――? いとおしく巡る日々。幸せな時間。心が洗われるようなボーイズラブ。シリーズ第3巻。
  • 春風のエトランゼ(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    小学生の義弟・ふみの授業参観に行った駿と実央。そこで駿は、かつての想い人である同級生・和田に再会する。駿が動揺する一方で、実央はひょうひょうと振る舞う和田と不思議と親交を深めていく。そんな折、執筆に煩悶していた駿の小説が出版され、作家活動に転機が訪れた───。心が洗われるようなボーイズラブ、第一部完結!!
  • 春風のエトランゼ(4)【特典付】
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    『海辺のエトランゼ』アニメ映画化!!

    【あれから5年。待望の第二部スタート!】駿の実家・橋本家に実央が居着いて5年。駿は小説家を休業し、実央は車の整備工をしながら元気に暮らす日々。ゆるく街公認のカップルとなった2人だったが、倦怠期ぎみの日々にお互い「おや…?」と疑問を持ち始めていた。そして、そんな恋人たちのかたわらで、今にも噴火しそうな火山がひとつ。駿の義弟・ふみに反抗期が訪れたのである――。【紙&電子共通応援書店ペーパー収録】

レビュー

エトランゼのレビュー

平均評価:4.5 197件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ジャンルがBL表紙のもっと厚いストーリー
    hatumiさん 投稿日:2021/6/15
    一巻は登場人物が際立ったBLストーリーかと思いきや、 二巻以降は色んな気持ちと在り方を詰め込んだ家族のストーリーです。絵も素晴らしく、表情がとにかく良い。つまり、とにかくキャラクターが全体的に魅力的です。この本を読んで改めて思ったのが、良 い人はもがき苦しみ、自分はどうしたいのか、相手にとってこれは幸せなのか、思考を行ったり来たりしてる様は、見守るという気持ちにさせます。私だけかもしれませんが 笑 ですので、是非読んで欲しいです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 星4,5。現在4冊。さらなる続刊欲しい!
    lvivさん 投稿日:2017/6/20
    現在シリーズ4冊、完結?続く?かは不明な各巻でキリの良いエンド。 202,193,185,194ページ、すべて表題作。 <1巻:海辺のエトランゼ→2巻目以降:春風の〜> 当初、1冊目の海辺の〜だけだと期待ほどじゃなかったと残念に思 いましたが、続編春風の〜も読みすすめたらそんな気持ちも薄れました。 元が読みきり短編だったのが延長。 そのせいか、長編目的で描かれた続編、2冊目以降の春風の〜からが読んでてしっくりきて面白いです。 作者さんの作風でしょうが、雰囲気がすごく良い! 田舎のほのぼのとした日常。 背景の雑然とした家の中や風景とか、すごくらしくて情緒ある邦画のよう。 確かに絵(顔)が幼いけど、雰囲気にあってるのでそこはイイ、気にならない。 けど、なんだろ? 海辺の1冊だけに限って言うなら、雰囲気だけで話が進んでいて唐突に感じる展開、説得力がない、状況がつかみにくい。 登場人物たちが見目が可愛い(幼い)のは画風だからさておき、みおは学生上がりだとしても、他の人間、シュンや彼の幼馴染の年齢が不詳。 10代じゃないはずなのに、言動・展開に成人らしさがないから(絵が可愛らしいだけに)皆10代の学生に見えちゃう。。 イマイチ読み応えがのれんに腕押しみたいに、ぼんやりぼやけた印象の読後感でした。 (ここまでは海辺の〜、の1冊だけを読んだ感想です) ちなみにシュンの年齢は続刊の春風で出てきます。 2冊目春風からはストーリーもしっかりしてて、海辺で読んでる時のような違和感もなく、普通に面白かった。 春風からは小さい弟フミくんも登場、にぎやかで絵と話の雰囲気があってて、読んでてすごく楽しいです。 ただ、みおのイメージが1冊目海辺の最初とは変わってきてる気がした。 明るく前向きになってて、それならそれでいいんだけど、だとしたらその変化の成り行きをお話に入れて欲しかったな。 いろいろごちゃごちゃな感想になっちゃいましたが、せっかく読むなら続きと合わせて一緒に読むのをオススメします。 ただしお話自体、各巻で読了してもキリの良いエンドですので最初から全巻そろえる必要はなく、面白かったら1冊ずつ買い足して続編を楽しめるから、読みやすい。 さて、4冊目が出て久々に全巻読み直し。 これ、まだ続く?? ぜひとも続刊欲しい! *再読後、投稿編集済み。 もっとみる▼
  • (5.0) 大好きな作品(4巻レビュー追加)
    ましろさん 投稿日:2020/5/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 相変わらずの素晴らしい画力とストーリー構成。そしてリアルな人間模様と心理描写。さすがです。 BL漫画は想いが通じて終わる話が多いですが、この作品はそれが海辺の〜の1話で終わります。エトランゼは言わばその後のお話ですね。ほっこり(?)日常BL。 読めば駿と実央の二人の関係がとても愛しく思えることでしょう。 もちろん二人が中心のお話ですが、その他の人間模様も良いんですよね。 「周りと同じでないことの何がいけないのか」「自分と違うものをなぜ人は受け入れられないのか」というメッセージがギュッと込められているように感じました。 完全なハッピーエンドではなく、しこりを残したラストなのがとてもリアルで、でも二人でいればこれからも大丈夫なんだろうなと思える素晴らしい第一部の締めくくりでした。 ★ <4巻の酷評レビューがあったので一応補足> 読む前にBLではなくNLとのレビューを見たので、ふみと桜子のスピンオフになっているのかと勘違いしてしまったのですが、全くそんなことはなかった。 ちゃんと実央と駿のその後の話です。5年も経って初々しさもなくなりすっかり家族に馴染んでる感じがリアルでした。相変わらずのふたりに安心します。 変わってしまったものはたくさんあるけど、変わらないものもたくさんある。そんな当たり前の日常を大切にしたくなる温かい巻でした。 今までは実央と駿のふたりにずっと焦点を当てていたのに対し、4巻はそれだけではなくなっただけの話(それがふみの恋の話)。 というかこの作品は海辺の〜の時から、主人公の周りは全員男が好きみたいなBLあるあるとは無縁なので、NLがあるのは普通というか今更というか。GLもありますし。 まあ4巻はとっても健全(もはやセッ○スレス?)だし、今まで以上にドタバタホームコメディ色が強くなっているので、エロがないなんてBLじゃない!と言われてしまったら元も子もないんですが。 あのレビューを見て楽しみにしていた人が購入を止めてしまったら悲しいなと思って書かせていただきました。 続きを読む▼
  • (5.0) 祝・アニメ映画化!「エトランゼ」シリーズ4作再読
    nekoさん 投稿日:2017/6/28
    「海辺のエトランゼ」〜「春風のエトランゼ 1〜3」と続く「エトランゼ」シリーズ。シリーズとしては未完だが「春風のエトランゼ 3」にて第一部が完結。(個人的に「海辺」★4「春風」★5といった印象。) ★ アニメ映画化ということで、 久しぶりに再読。可愛らしい絵柄と優しい世界観が、じんわりあたたかい気持ちにさせてくれる癒し系作品。元アニメーターである紀伊カンナ先生の描くこの作品は、背景から細部に至るまで素朴で優しいテイストで描かれていて、そちらにも目を奪われます。駿と実央のストーリーはほのぼの日常ものですが、取り巻く環境の中で出会う人々との触れ合いを通して、互いを見つめ成長していく様子がじんわり沁みてきて心地よい仕上がりです。個人的に繊細かと思いきや、おおらかで真っ直ぐ突き進む実央のキャラがお気に入りです。作中には絵理と鈴の同性CPや元・婚約者桜子など、個性的な女性キャラも登場します。 ★ 「海辺のエトランゼ」全4話 紀伊カンナ先生、初コミックス作品。小説家・駿と高校生・実央のお話。両親は他界し孤独な実央と家族と絶縁した駿は親しくなるが…。二人の恋が美しい南国の景色と共に瑞々しく描かれています。描写はトーンにて。 「あとがき」1ページ 「イラスト」1ページ ★ 「春風のエトランゼ 1」1〜4話 舞台は沖縄から北海道へ。新しい登場人物も増え、ストーリーは賑やかに進行していきます。 「しとしとエトランゼ」描き下ろし8ページ 「あとがき」1ページ ★ 「春風のエトランゼ 2」5〜8話 「かにかにエトランゼ」描き下ろし3ページ ★ 「春風のエトランゼ 3」9〜12話 「おでかけエトランゼ」描き下ろし8ページ 「イラスト」1ページ もっとみる▼
  • (5.0) 大大大好きな作品です。
    MIさん 投稿日:2019/4/25
    何度も読み返してる大大大好きな作品です。絵は、作者さんの他作品もそうですが、ちょっとショタっぽいです。とても30手前には見えません!童顔設定ですが…。回想で駿の中学時代とか出てきますが、ほぼ変わりません。未央も出会ったときから顔は変わってな いね。 可愛い顔した2人がいちゃこらしてるだけではありません。そんなにエロはないです。 未央は出会った頃は思春期真っ只中で、自分が世の中で1番不幸くらいにとがってたけど、島に戻ってきたら、吹っ切れて、きっともともとはそうだったんだろうと思わせる明るくこだわりがない全てを受け入れる広ーい懐の男に成長。 駿はずーっとうじうじした性格だけど、不器用ながら自分に素直に生きたいともがいています。好きな人との細やかな幸せを夢見てる、実はいじらしい子なんだよねー! ストーリーがね、ホントにいい。みんな、何かしら抱えているのに、あたたかい。読むとほっこりあたたかくなるというより、チクチク胸が痛むんだけど、皆それぞれの事情や気持ちがあり、折り合いつけつつ、でも人生は自分のものだから、進みたい方向にもがくのを見守りたくなる、感じです。 未央が結局のところ駿を救ってくれてるんだよね。 駿のことを、「女の子が好きだよ。でも、駿が好きだよ」「誰でもよかった。たまたま声をかけてくれたのが駿だった」とか「駿のかっこいいとこなんか見たことない」とか言うのが好きです。未央流の愛の言葉です。 2人のやりとりはずーっと見ていてたいです。 とりあえず読んでほしいです。BLとか興味ない人にも読んで欲しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 柔らかで熱い素敵な作品( *´艸`)
    わっきゃさん 投稿日:2019/7/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 【雪の下のクオリア】で紀伊さんファンになり、今回はエトランゼシリーズ。【海辺】は沖縄の離島【春風】は北海道と舞台を変えて、実央×駿の日常生活の苦さや喜びを柔らかく描いた現在4冊とても素敵な話です(^^) 二人のニコイチ世界は台詞やシーンの緩急が絶妙で、アニメ映画を観ているような贅沢感ある空気がたまらないです。 【海辺の〜】 沖縄ののどかな離島。ゲイを隠し通せず結婚式の最中に破談にした小説家 駿と天涯孤独の高校生実央の馴れ初め編。出会ったものの実央の施設入所で離れ離れとなり、3年後おとなになり全て覚悟の上で島に戻って来た実央と、ゲイとノンケの差に葛藤し逃げる駿の二人が恋人になるまでで、梅雨明けのこの季節にピッタリの話。 【春風〜】は絶縁していた駿の実家・北海道編。二人で帰郷し駿家族との奇妙な同居生活が楽しい。一緒にいる事で互いの世界が変わり人として大切な経験を重ねる二人。感情表現がストレートで無鉄砲に見える実央の行動は、駿がいる安心感で出来ているから感動。駿は駿で拗らせた対人関係やウジウジしているようで、ちゃんと芯があり実央に甘えられるから出来るのもいい◎ そして【春風】3巻!!駿が人気作家になり諸々一段落でホッとしたのに、ラストの思春期 文くん(駿の義弟)には衝撃(笑)駿も実央も反抗期をちゃんと過ごしてなさそうなので、文くんと一緒に苦い気持ち吐き出せたらいいなぁ。文くんの壊れっぷりに期待(笑)次巻が待ち遠しいです。 続きを読む▼
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • ピュアで爽やか切ない
    紀伊カンナ先生のデビューコミックスは、爽やかで甘酸っぱいのに切ない作品です。親を亡くし天涯孤独な実央と若手小説家・駿は出会って直ぐ惹かれ合い、3年後も変わらず駿が好きな実央。実央のことが好きなのに、実央のことを考えるがあまりに一歩踏み出せない駿が切ないです。
    編集:烏龍
▲ページTOPへ