漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
月光条例 1巻
この巻を買う/読む

月光条例 1巻

通常価格:
420pt/462円(税込)
(4.1) 投稿数15件
月光条例(29巻完結)

作品内容

ある月の青い夜。月光と演劇部の前に、おとぎばなしの住人・鉢かづき姫が、いきなり本の中から現れた。彼女は、不思議な月光でねじれてしまった「おとぎばなし」の世界をもとに戻すため、「月光条例」を執行する人間を求めてやって来た使者だった。偶然、条例の〈極印〉を授かり執行者になってしまった月光は…!?

作品ラインナップ  全29巻完結

レビュー

月光条例のレビュー

平均評価:4.1 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) いつもの藤田作風とちょっと違う
    Ssさん 投稿日:2019/8/16
    いつもの藤田先生の王道なアツい少年漫画…なんですが。 先生の作風は「キャラはその場にいるならどんなモブ級でも何かしら活躍する、話のキーになる」「仲間が力を合わせて勝利する」ことが凡その前提だったと思うのですが、月光条例に限っては主人公ばか りが突出していて、多くの話で「仲間になったヤツ」が出演はするものの即負けして肥やしになっています。途中から出オチすら感じる。 自分の作風を壊したかったのかもしれませんが、その展開でどの層が喜ぶんでしょうか。オレツエーが好きな層? いつもの藤田風えげつない話は終盤から叩き込まれるのでそこは安心したのですが、なんだかから回ってしまった印象の作品。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 狂気と優しさとへそまがりと
    lorso arukasさん 投稿日:2018/10/14
    めちゃめちゃ面白いです。 童話を題材にしたキャラクターたちがわんさか出てきますが、どれもこれも皆が知っているようなお話の登場人物です。(分からない童話があっても、その話のメインなら、童話のあらすじも紹介されるので安心) 狂気に駈られ たキャラクターたちの描写はただ恐ろしく、でも話が進むにつれ狂気の奥底に触れてゆき、最後はビシャビシャに泣きながら読んでいます。 そしてとにかく熱い!藤田先生の作品の例に漏れず熱い!そして余計泣ける。 鉢かつぎが大変好きです。女の子がまた強くてかわいいんですよね! もっとみる▼
  • (5.0) 改めて
    コユキさん 投稿日:2017/4/24
    凄いなぁ、藤田先生。 お伽話を題材にして、藤田ワールドがこんなにも炸裂するとは…!主人公がとても格好良かったです。
  • (5.0) 最高です
    トリッピーさん 投稿日:2016/12/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 うしおととらの作者であるカズヒロさんの作品であります。よくうしおととらのがいいとか言われたりしますがこの話は一気に全部読む事で伏線の回収やら何やらがわかるのであってそうやって読んだ事がない人にとやかく言われるのは違うと思いますね。確かに絵柄に関しては賛否両論あるのはわかりますがないように関しては漫画界でもかなり上であると感じます。YouTubeの方には爆風スランプさんの歌に乗せた月光条例の素晴らしい動画がありますが読みきってから見ると泣けますね。もしみなさんが読むのであれば一気読みをして下さい 続きを読む▼
  • (5.0) なるほど
    虎っちゃくさん 投稿日:2015/7/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 うしおととらに出てくるラーメン屋の名前が「青い鳥」なので、なるほど、となりました(^-^)v 続きを読む▼
  • (5.0) おほっ!面白い!
    仮面のオッサンさん 投稿日:2013/10/24
    誰もが一度は読んだ事のあるお伽噺を題材にした作品 もしもお伽噺の世界のキャラクターが暴走したら?だなんてそんじょそこらの作家には思い付かないでしょな
スタッフオススメ!
  • 桃太郎も大変なのね
    真っ青な月の光が世界中のお伽話の世界を狂わせて、現世界をもおかしくしていく。それを正すのが月齢条例!和洋問わず様々なお伽噺が登場して「こんな話があるんだ」と感心することも。お伽噺の主人公たちが潔白でなかったり、実はジレンマを抱えている様は歯がゆさや切なさがあり、身近に感じます。
    広報担当:ぼんばぶん
▲ページTOPへ