漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

TLコミック
夜伽執事 レイ編 1巻 (第1話)
この巻を買う/読む

夜伽執事 レイ編 1巻 (第1話)

通常価格:
100pt/100円(税抜)
(3.6) 投稿数84件
夜伽執事 レイ編(23巻完結)
作品内容

上流階級の家に隠された秘密…「夜伽執事(よとぎしつじ)」。彼らの仕事はその家の娘に男を悦ばせる夜の作法を教え込むこと。鷲羽崎(わしゅうざき)家にやってきた一流の夜伽執事レイは、美しい娘・夜凪(やなぎ)を孕ませてほしいという当主の言葉に驚く。だが、夜凪が本当に欲しいのは父親の精子だった!「お嬢様、どうぞ私を旦那様だと思って抱かれてください」。初めて男を知る夜凪の身体は、冴え渡るレイの夜伽のテクニックに次第に翻弄されていくが…。前シリーズでお嬢様の身体と心を癒し尽くしたあの執事が、舞台を移し華麗に舞う! 待望のシリーズ続編ついに登場!

作品ラインナップ  全23巻完結
レビュー
夜伽執事 レイ編のレビュー

平均評価:3.6 84件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 何事?
    みんみんみさん 投稿日:2018/3/17
    終盤お父さんは結局何者なのか…レイにも見えてるんだよね? いい終わり方だったと思います。個人的には女狐をこてんぱんにしてほしかった笑笑
  • (3.0) 愛情を抑制し葛藤するレイには魅力あるかも
    zrewqさん 投稿日:2017/12/1
    この作者については他作品で知り、この作品も試しに読んでみた。 前回の作品では脇役だったらしいレイが今回はメインキャラということは、既に彼はかなり人気があったんだろうな。それからまず、一巻一巻が短過ぎ。これならもう少し価格が高めでもいいから 、もう少し一巻ごとの話を、長くして欲しい。巻数稼ぎ? 本当についにレイが夜凪に告白する、15巻頃からやっと本格的に、大きく話が動き始める感じ。それまでまどろっこしい展開が続くので、途中で脱落する読者も出るのだと思う。 それから私は特に執事物好きではないせいもあるのか、その時点で感情移入が難しかった。 それに夜伽執事という設定自体も、かなりあり得ない感じだし。 しかも、この夜伽執事が一人だけならまだしも、複数というのにも抵抗が。 何と言っても、父親と夜凪の関係が気持ち悪過ぎると思った。特にこの養父が、相当やばい人物で。夜凪がいつまでも父親父親なのにも、こちらとしてはドン引き及びうんざりしたし。 そしてこの養父がかなり屈折している割には、キャラが薄過ぎるのも物足りない。 夜凪があそこまで絶対視するくらいなのだから、そんな相手である彼にも、それなりの強いカリスマ性とか、圧倒的な個性が欲しかったような気も。 それから、私はこういう執事物周辺に詳しくないので、よくわからないけれど。 ヒロインの相手役の執事が性的に荒んだ過去があるというのは、執事物周辺では結構よくある設定なのか?例えば「妖狐×僕SS」でも、執事の男性の過去がそういう設定だったような。 ただ、敢えてこの話の魅力と言えば、やはりレイのキャラか。彼も日頃は物腰柔らかで礼儀正しく、そしてあくまで夜凪の気持ちに寄り添う姿勢を示しつつ。 しかしレイの、時には一人の男性としての、彼女への激しい愛と欲望が抑えきれなくなる様子が、見ていてなかなかそそられる。また彼の告白により、それまでの夜凪との間の主人と執事という壁が壊れた途端に、堰を切ったように溢れ出す、レイのその夜凪への激しい愛と欲望と情熱もいいと思う。そして自分を殺し、ひたすらご主人の夜凪に奉仕という感じだった彼が、しだいにいい意味での自分の欲が出てきて、人間らしくなっていく感じがいい。 いろいろな障害や隔たりがあって、素直に愛し合えない関係性、そして歪んだ愛要素に惹かれる人には、こういう話はいいのでは? もっとみる▼
  • (3.0) 2巻まで
    帽子屋アリスさん 投稿日:2017/11/15
    エロメインでストーリーが進んでいるのに、それぞれの想いが切なく、背徳ではしたないのに純粋さを感じる。そして、その切ない想いが火をつけ、拍車がかかり、より興奮して燃える夜の営みとなる。読んだのは2巻までだが、絵の綺麗さで更に美しく艶めかしく、 切なさが残るエロストーリーな印象だった。 もっとみる▼
  • (5.0) 読み応えありますー!!
    minoさん 投稿日:2017/11/11
    レイくんがキレイだし、すごいテクニシャンっていう設定がそそりますねー!
  • (5.0) TLで一番好きです
    aeksさん 投稿日:2017/10/13
    TLの括りにするのは勿体無いほど、絵もストーリーも完璧で、最後まで面白かったです。レイの全てが魅力的でたまりません。もっとたくさんの人に見てもらいたい。是非、紙媒体で発売して欲しいです。
▲ページTOPへ