漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
DEATH NOTE モノクロ版 1
この巻を買う/読む

DEATH NOTE モノクロ版 1

通常価格:
371pt/408円(税込)
(4.3) 投稿数104件
DEATH NOTE モノクロ版(12巻配信中)

作品内容

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!

作品ラインナップ  12巻まで配信中!

レビュー

DEATH NOTE モノクロ版のレビュー

平均評価:4.3 104件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 深い
    Mayu Kawadaさん 投稿日:2019/10/11
    ラストはあっけない感じがしたものの、そこまでに持っていくストーリー展開が緻密でゆっくりしっかり読まないと全部捉えきれないほど情報量が多い作品でした。
  • (5.0) リアルタイムで読んでいた頃は
    もりやさん 投稿日:2019/9/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 L退場がショックであまり身が入らない状態で連載を眺めていましたが久々に読んだらメロニアもなかなか良かったです。 まあやはり見所は捕まっていたされてた月がノートを放棄してきれいな月になるところと火口確保の際の「計画通り」でしょう。ほんとこの辺り大好き。 アニメはL退場シーンがかなりドラマティックに演出されててあれは良かったなあ、と思い出したり。 あともしも自分がデスノートを手にしてしまったら、というのは誰しも考えると思いますが自分ならたぶん犯罪者を片っ端から裁くのではなくあの事件やあの事件やあの事件なんかの犯人を被害者と同じ目にあうようにしてやっちまいたいな!なんて思いました…新世界の神にはなりたくないけどね!w 続きを読む▼
  • (5.0) このタッグが神
    まるこさん 投稿日:2019/8/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 当時リアルタイムで読んでいましたが、ジャンプ+で無料版を久し振りに読んだら止まらなくなってしまいこちらで全巻購入。 原作の練り込まれ方、美麗な絵、構成、コマ割り、もう本当に最高としか言えない作品です。 個人的には松田さんの人間臭さがとてもリアルで好きです。 優秀すぎる人達の中で、自分なりに頑張ろうとして結局足を引っ張ってしまったり(それがヨツバ編 最終段階で火口逮捕のキーになっていく展開もホントよく練られてるな〜、と思います)、キラ確保の際感情が抑えきれなくなって発砲してしまう場面もあったり。 ラストの発砲シーンは本当に胸熱です。 また、Lひとりでは捕まえられなかったキラをニアとメロが力を合わせたことで決定的な証拠を突きつけられた、というのもこの作品の素晴らしいところだと思います。(そして2人の協力が全面的ではないというのもたまらない) L対キラだけでは成し得なかった世界観の広がりが、この漫画に更なる奥行きを生んでいると思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白い
    よこさん 投稿日:2019/8/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 Lがいい!Lまでで一旦休憩して先を読みました。犯罪に関係ない人も殺してしまったから主人公には共感できないですね。 続きを読む▼
  • (5.0) 大好き
    猫大好きさん 投稿日:2019/8/13
    連載当時は興味がなく、いまさら読んでみたら止まらなくなり全巻購入。 小畑さんの画力が素晴らしいなあーー! ストーリーも、活字が多いけれど夢中になって読んでしまう、読ませるのがすごい。 月が徐々に狂人になっていく様が哀れ。

広告掲載中タイトル

少年マンガランキング

スタッフオススメ!
  • 頭脳バトル
    死神界に住む死神のリュークは「名前を書くと人が死ぬノート」、デスノートを人間界に落としてしまいます。それを拾ったのは、この物語の主人公、頭脳明晰な高校生:夜神月(やがみらいと)です。最初はデスノートの効果を信じてなかった月ですが、デスノートの効果を知り、自分が悪人を裁いていく新世界の神になることを目指します。その一方で、悪人が連続で不可解な死に方をしていることをおかしく思い、天才探偵のLが動き出します。月とL、二人の天才の頭脳バトル、先の読めない展開がとても気になります。アニメ化、映画化もされている超人気作品です。著者の代表作には「バクマン。」などもあります。
    営業担当:体育委員長
▲ページTOPへ