We Love コミック!
TOP
漫画(まんが)・電子書籍のコミックシーモアTOP記事一覧デスゲーム漫画おすすめ100選|話題のデスゲーム漫画ランキングを一挙公開!!

デスゲーム漫画おすすめ100選|話題のデスゲーム漫画ランキングを一挙公開!!

デスゲーム漫画おすすめ100選|話題のデスゲーム漫画ランキングを一挙公開!!

Netflix等でデスゲーム作品が今話題!手がけた監督も少年時代に日本漫画の影響を受けていたとか!!そんな影響力あるデスゲーム漫画の中から、2021年度本当に面白かった話題の作品をランキング形式で一挙公開。映画化、ドラマ化されたものから最新の作品までスタッフとシーモアユーザーのレビューから選りすぐりでお届けします!!

デスゲームランキング100選

第1位 ダーウィンズゲーム

ダーウィンズゲーム

FLIPFLOPs

【紹介文】見知らぬアプリ「ダーウィンズ・ゲーム」を起動させてしまった高校生・カナメの前に、対戦相手のパンダ男現実に現れ…!? 生死を懸けたソーシャルゲームが始まった!!

【ユーザーレビュー】・このマンガは話が進めば進むほどおもしろく、夢中になってしまいます。未だに今後の展開がどう転ぶか分からないのですごく楽しみです。
・まぁグロい。でも読み進めずにはいられなかった展開のウマさ!最初のタイトルのイメージからは想像できないほど中身は面白いです。
・ゲームの世界と現実の世界。特に刑事がゲームを事件として追うのが面白い。

【おすすめするポイント】起動させてしまったのは、死のゲーム。「ダーウィンズゲーム」は、別冊少年チャンピオンにて大人気連載中のサスペンス漫画です。本作はストーリーやゲーム設定がよく考えられていて、ぐいぐい話に引き込まれてしまいます。

【関連キーワード】生死 殺し合い 命がけ バトルゲーム 異能 超能力 グロい

第2位 ブルーロック

ブルーロック

金城宗幸 / ノ村優介

【紹介文】2018年、W杯、日本代表ベスト16敗退…。これを受け日本フットボール連合は、W杯優勝のため、300人の高校生を集めた育成寮“青い監獄(ブルーロック)”を設立。コーチを務める男・絵心甚八は、日本に必要なのは「エゴイズムにあふれるストライカーだ」と断言。無名のFW・潔 世一たちは、己をエゴイストに変える蹴落とし合いの選別に挑む!

【ユーザーレビュー】・普段スポーツとは無縁でサッカーの知識もありませんが、それでも十分楽しめます。個性的なキャラクターも多くて魅力的です。
・今までは、one for all,all for one の精神を謳っていて仲間で、チームで切磋琢磨して勝利を勝ち取るっていう王道から、他人を蹴落とし自分のための勝利や快感を求める「究極のエゴイスト」を作り上げる。今まで見てきた漫画とは真逆にして、人間のエゴと欲求が見えます。

【おすすめするポイント】第45回講談社漫画賞少年部門受賞、2022年TVアニメ化もされた作品。原作・金城宗幸先生、漫画・ノ村優介先生による大人気サッカーxデスゲーム漫画。最後の一人になるために戦うサバイバルサッカー、最強のストライカーになる為にエゴイズムむき出しの展開。ハラハラすること間違いなし。デスゲームといってもグロくはないので皆さんお楽しみいただけます。

【関連キーワード】サッカー 生き残り エゴイスト ストライカー 監獄

第3位 出会って5秒でバトル

出会って5秒でバトル

みやこかしわ / はらわたさいぞう

【紹介文】それはいつもと変わらない朝から始まった。

ゲームと金平糖をこよなく愛する高校生の白柳 啓は、
魅音と名乗る謎の女によってある日突然戦いの場に巻き込まれてしまう。
集められた人々に対し「あなた達にもはや戸籍はない」
「実験モニターになってもらう」そして「能力を与えた」と語る魅音。

啓は己に与えられた能力を使ってゲームを勝ち上がり、
組織を潰すことを決意するが――。

誰もが予想しえない能力と、類まれな”脳”力を武器に、
新時代の頭脳派能力バトルが始まる!!

【ユーザーレビュー】・話も面白いし、アクション要素が主流だけど、恋愛要素とかも混じってて、読み飽きない!!
・王道バトル系かと思ったら、意外と頭脳戦・心理戦要素もあって、ワクワクしながら見ることができておもしろい!
・ゲーム内容が結構凝っていてこちらは理解するで精一杯なのに、主人公たちはそのルールの穴をかいくぐるようにゲームを進めていて、頭の回転の速さに毎回驚かされます。見てる分には興奮するし臨場感もあって面白いですが、絶対に参加はしたくありません(笑)。

【おすすめするポイント】ゲーム好きの高校生の白柳啓は、平凡な日常に飽きていた。しかし突然、戦いの場に巻き込まれてしまうことに…!啓に与えられた新しい能力とは?巻き込まれた理由は?予想できない謎と能力の中、啓の知力を使ったバトルが始まる!圧倒的スピード感に目が離せません。

【関連キーワード】頭脳 身体能力 アニメ化 バトル 異能 ゲーム 拉致

第4位 DEAD Tube ~デッドチューブ~

DEAD Tube ~デッドチューブ~

北河トウタ / 山口ミコト

【紹介文】映画研究部に所属する業得学園2年・町谷智浩は学園トップクラスの美少女・真城舞に、ある日突然、声をかけられる。なんでも2日間だけ、24時間完全密着の撮影をしてほしいとのこと。同行する町谷だったが……!? 実力派タッグが放つ戦慄の学園スリラー!!

【ユーザーレビュー】・過激な表現が多くなりますが、ましろと主人公の表現がとても良く出てると思います。現代の漫画に良くある感じですが楽しく読めました。
・非日常の出来事が次から次へと起こり、無法地帯化した状態で話が進んでいく。とても面白いので、次が気になって、どんどん読み進めてしまう。
・色々な物を抱えながら人は生きていると実感できる作品でした。登場人物は決まって裏の顔がある。想定問答のような展開は全くないです。あれ、怖いと思いながら、ワクワクしながら読んでました。おすすめ。

【おすすめするポイント】「凄惨な事件を美しく撮る。」事件にかかわるうちに主人公の異常な性癖が…。動画投稿サイトやアングラを題材としており非日常・過激さに制限がなく刺激的です。「トモダチゲーム」の作者・山口ミコト先生と成人向け漫画でも活躍中の北河トウタ先生タッグによるグロxエロxミステリー大ヒット作品。

【関連キーワード】動画投稿サイト 性癖 凄惨 映像 エログロ 狂気

第5位 俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~

わるいおとこ / 彭傑&奈栩 / 夕薙

【紹介文】ある日、目が覚めたらそこはゲームの世界? 時間を巻き戻す「セーブ」&「ロード」や、不思議な効果を発揮するアイテムを駆使して、後ろ暗い秘密を持つ彼女たちを「攻略」せよ! 「小説家になろう」発! 興奮必至のクライムサスペンス!
※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。

【ユーザーレビュー】・ゲームの世界とリアルの世界が入り混じり、ハラハラドキドキの展開が続く。ミッションも決まっているわけではなく、続きが気になってしまうマンガ。
・主人公の心理描写が多く、やや小説っぽい感じの漫画。サスペンスに露出もはいってるので苦手な方は注意かもしれません。
・軽く読んでみたら、手に汗握る展開ですぐ次が読みたくなりました。
・描写が良い、緊張感のある展開で読者をハラハラドキドキさせる。

【おすすめするポイント】わるいおとこ先生、彭傑&奈栩先生、夕薙先生による作品です。主人公の亮にある日不思議な能力が目覚める。こんな能力欲しいなぁと何度妄想したか分からないです(笑)多分全ての男の夢…。セーブ、ロードでやり直しが効くのも最高ですね。そんな人生だったらいいのに。

【関連キーワード】ロールプレイング サバイバル ゲーム 攻略 エロ

第6位 GANTZ

GANTZ

奥浩哉

【紹介文】地下鉄のホームで撥ねられ死んだはずの玄野、加藤は謎のマンションの一室に一瞬にして転送される。そこに置かれた得体の知れない黒い球の指令により、ねぎ星人の暗殺を命じられた玄野らは、状況を把握できないままねぎ星人の元へと転送される。マンションにいた仲間によってねぎ星人は殺されるが、新たなねぎ星人が現れ…。

【ユーザーレビュー】・いまさら?と思うと思いますが、いまさらハマりました。
・グロテスクなシーンや気持ち悪いシーンもありますが、感動的なシーンもあり、バトルマンガとして完結した作品だと思います。
・奥先生の漫画でGANTZだけは老後の楽しみに取っておいていたのですが読み出したら止まりませんでした。圧巻の一言・・・ため息しかでない・・・
・エロ、グロ、アクション、どれをとっても最高。マルチメディア化された、凄い作品。学生時代から読み始めて、自分も玄野達と成長してきたような…。

【おすすめするポイント】HENシリーズで有名になった奥浩哉先生の、現代の日本を舞台にしたSFアクション!SF的な武器や身体能力を向上させるスーツなどわくわくする要素が盛りだくさん!エログロ描写も多々あるがCGを使った精密な絵も世界観にマッチしており、それまで活躍していたキャラが急に殺されるなど、無情でリアルな死を感じることができる。アニメ化、実写映画化もされている名作。

【関連キーワード】SF 非現実 戦闘 侵略 グロい 映画化 アニメ化

第7位 なれの果ての僕ら

なれの果ての僕ら

内海八重

【紹介文】『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。


同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと。たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。正義と道徳を問う、禁断のサスペンス。

【ユーザーレビュー】・狂気のホラーサスペンスです。命の大切さに気付かされます。あと人は大切にしなきゃなって。めっちゃグロ描写あるんで苦手な人はやめときましょう。でもストーリー自体もすごく面白いし、普通に伏線回収とかうまい。面白い。
・ある人はきっとこの作品を見て憤慨し、侮辱していると、差別していると叫び回るだろう。それでもこの作品は必要な存在だ。見つめなければいけない闇だ。新しい『体験』をありがとう。この作品もまた、『倫理や道徳にズバズバと踏み込む作品を世間に見せたらどうなるのか』という実験になるのでしょう。

【おすすめするポイント】『新海綴の読解録』を作者名「八海薫」で連載デビューした内海 八重先生の衝撃作。「極限状態での善性を試す」ことを目的に監禁下に置かれた同級生たちの学級裁判が始まる。警察の事情聴取により徐々に事件が明らかになる展開でドラマを見ているように緊張感がありオススメできる作品です。

【関連キーワード】実験 教室 監禁 極限 善悪 暴露 復讐 グロい

第8位 サタノファニ

サタノファニ

山田恵庸

【紹介文】『エデンの檻』『DEATHTOPIA』の山田恵庸、最新作! 活発で食いしん坊な、普通の女の子だったはずの彼女は、ある事件をきっかけに「羽黒刑務所」へと導かれる。島に建てられたその刑務所には、メデューサ症候群と呼ばれる殺人少女たちだけが集められているのであった。彼女たちに宿る凶悪とは――!?

【ユーザーレビュー】・登場人物の美少女たちの魅力◎作品のスリル○実在した歴代犯罪者の逸話◎のため、読み直し含め、ついつい全巻購入しました。
・惨虐性と絵柄の描写が好きです。いろいろな殺人鬼のテーマも知っていると更に深く楽しめます。
・始まりから、次から次へと謎に満ちて行きます。主人公が刑務所に送られる事から物語が始まり、これからの展開が、まだまだどうなって行くのか分からないままに、次巻へと続いてしまいましたが、面白いです。で、やたらとエロチックです。

【おすすめするポイント】可愛い女の子のバトルロワイヤルが見られます!世界観はどぎつく、メデューサ症候群によって奪われた千歌ちゃんの穏やかだった日常が恋しくなります(笑)山田恵庸先生の描く濃い世界観はミステリー好きにもサスペンス好きにもおすすめです♪

【関連キーワード】美少女 グロテスク セクシー 惨殺 刑務所

第9位 リアルアカウント

リアルアカウント

オクショウ / 渡辺静

【紹介文】国民的SNS『リアルアカウント』を舞台に、新世紀型デスゲーム開幕!! 『リアルアカウント』の世界にネット依存の柏木アタルほか1万人が、突如吸い込まれた! 「フォロワー0で即死亡」「中の人が死ぬとフォロワーも即死亡」という条件のもと、彼らは人とのツナガリを問う過酷な「ゲーム」に挑む!! 最初のゲームは「リアルフォロワー診断」!!

【ユーザーレビュー】・途切れない面白さ、次々に現れる魅力的なキャラクター、怒涛の展開、そして鮮やかすぎる伏線回収と納得の大円団。すべてが完璧でした。ハイレベルな絵のおかげで、最後まで没頭して読み通すことができました。とても面白かったです。単なるデスゲーム物語ではなく、現代人にネットとは何なのか?を問いかける風刺的なメッセージもあり、大変深い作品でした。買ったことに一切損のない、素晴らしい漫画です。
・今現代のSNSを題材にしているこの作品だが、今の若者や社会に割と刺さるような場面が多くて面白い。
・頭脳を駆使しながら生き延びるゲーム漫画です!後半は彼が登場し、色々複雑になりますが、面白かったですね。彼とは、、、見てのお楽しみで☆

【おすすめするポイント】新たなデスゲームの幕開け。ネット依存症の主人公・柏木アタルをはじめ、ゲームに巻き込まれた人数はなんと1万人。「フォロワー0で即死亡」「中の人が死ぬとフォロワーも即死亡」など、某SNSをしている人からしたらぞくりとしてしまうような内容がたくさん出てきます。たくさん散りばめられた伏線が、今後どう回収されていくのか楽しみです。作者は原作:オクショウ先生、漫画:渡辺静先生です。渡辺先生の代表作には「思春期のアイアンメイデン」があります。

【関連キーワード】ネット SNS フォロワー数 依存症 信頼 即死 

第10位 トモダチゲーム

トモダチゲーム

山口ミコト / 佐藤友生

【紹介文】主人公の友一は4人の友達とともに、借金返済のため謎のゲームにのぞむ。友情さえあれば、おそろしく簡単なゲームのはずだった。そう、友情さえあれば…。だが、誰かのおかした裏切りが疑心を生み、ゲームは息づまる心理戦となる!!

【ユーザーレビュー】・2回、3回と読めば読むほど伏線や機微の内容変化を楽しめる飽きない漫画!推理系が好きな人にとてもオススメです!
・心理描写のクオリティが最大限出されています。主人公だけでなく、周りの人にも一癖二癖あるので、楽しめます
・白熱する頭脳戦が繰り広げられていて見ていて飽きない。新巻が出るとワクワクドキドキしてしまいました。おまけに登場人物もたくさんいてそのキャラごとの思いや考えがすごく面白い!他にもキャラごとの魅力に惹かれてしまったり仲間の絆がかんじられます。是非面白いので見てください。

【おすすめするポイント】「DEAD Tube」の山口ミコト先生原作、佐藤友生先生作画の各種メディア化された話題作。友情さえあれば簡単にクリアできるゲームであるはずが金という呪縛により裏切りや策略へと変貌する。極限状態における人間の弱さや本性が現れ考えさせられる作品です。繰り広げられる頭脳戦となるゲームも必見です。

【関連キーワード】拉致 借金 友情 裏切り ドラマ化 映画化 アニメ化

第11位 THE NEW GATE

THE NEW GATE

三輪ヨシユキ / 風波しのぎ

【紹介文】デスゲームと化したオンラインゲーム「THE NEW GATE(ザ・ニュー・ゲート)」は、最強プレイヤー・シンの活躍により解放のときを迎えようとしていた。しかし最後のボスを倒した直後、突如未知の光を浴び、シンは500年後のゲーム異世界へと飛ばされてしまう――。デスゲームから異世界へ、比類なき強さを誇る青年剣士が新たなる伝説を創り上げる!!

【ユーザーレビュー】・不思議な現象が起こって、謎がある始まりですが、基本の物語がゲームを元にしてるのでRPGとかオンラインゲームが好きな人は読みやすいと思います。異世界転生系の物語が好きな人にもオススメです!
・面白くて引き込まれてしまった。また続きを読みたい。緊張と爽快感。適度なコミカルさ。いい感じです。
・見ていて気持がいい戦闘です。主人公の天然?な感じも良い。イラストも悪くありません。王道ファンタジー

【おすすめするポイント】風波しのぎ先生原作の小説を三輪ヨシユキ先生がコミカライズ!スマホゲームにもなった人気作品。最強プレイヤー・シンの活躍により、デスゲームクリア→ログアウトして終了!のはずが何故か五百年後のゲーム世界に飛ばされ…新たな無双伝説が今始まる!異世界俺TUEEE系の中でも人気が高く一読の価値あり!

【関連キーワード】異世界 オンラインゲーム 剣士 モンスター 無双伝説

第12位 今際の国のアリス

今際の国のアリス

麻生羽呂

【紹介文】生き残る道はただひとつ。「げぇむ」をクリアし続けるのみ!究極のサバイバルゲーム開始!

【ユーザーレビュー】・これは現代社会にモヤモヤしてる人は必読だと思いました。こういう残虐系のマンガって途中でお腹いっぱいになって最終回まで読めないことが多いんですが、この作品はメッセージ性が強く、終盤になればなるほど作者さんの伝えたかったものをビシビシ感じました。
・生き残りを賭けたサバイバルゲームです。ゲーム中のヒトの描画に迫力があり引き込まれてしまいます。アニメよりも原作のほうがその迫力がより伝わってくると思います。
・サバイバル系の漫画はグロさが苦手であまり好きではなかったのですが、この作品には引き込まれました!とにかく面白い!友情、人間関係などがストーリーに上手に絡み合っていて切なくなるところもあって。

【おすすめするポイント】主人公の有栖良平(アリスリョウヘイ)はいわゆる落ちこぼれの高校生、平凡で退屈な日々に飽き飽きし、いっそこんな世界ゾンビだらけになっちゃえばいいのに…なんて思ったりもしていました。そんな風に思っちゃうことありませんか?高校生や中学生のころにあった閉塞感から抜け出したい気持ちをリアルに表現してくれています。巨大な花火を合図に友達の張太(チョータ)と苅部(カルベ)の三人に起こった不思議な「げぇむ」そして待ち受ける残酷な日常、有栖はこれにどうたちむかっていくのか!?気になる展開ばかりです。「旅行解禁!! ハイド&クローサー」の麻生羽呂先生が描く今際の国での奇妙な世界。退屈な日々は幸せ?不幸せ?

【関連キーワード】異次元 謎 サバイバル サスペンス ドラマ化 アニメ化

第13位 嘘喰い

嘘喰い

迫稔雄

【紹介文】遊ぶ金欲しさに闇金に手を出し、取立てに追われる青年・梶くんの前に現れた謎の男・斑目貘。自らギャンブラーと名乗り、借金返済を手伝うと豪語する貘は、闇カジノへと乗り込むが…!?

【ユーザーレビュー】・何度も繰り返し読みました。読み返すたびに「こんなところにも伏線があったのか!」と、驚くほど、細かいこところまで話が作り込まれているし、ムダがありません。
・とても面白いです!ゲームの面白さはもちろん、勝負が終わった後の種明かしも読者をスカッとさせます。
・ほんと面白いです!駆け引きもバトルも程よいバランスで構成されているため、飽きることなく読めました!魅力あるキャラクターも多いです!女性でも読みやすいです。

【おすすめするポイント】横浜流星出演で映画化、迫稔雄先生の話題作。ギャンブルを題材とした作品であるがアクション要素もあり、またシュールなギャグも良いスパイスとなっていて広く楽しめます。生き残りをかけた中にも痛快さのあるストーリーとなっており、細部まで練られた伏線にもうなる事間違いなし。荒々しい内容ではあるが、画風が美しくバランスが良い作品となっていておすすめです。

【関連キーワード】ギャンブル 抗争 頭脳戦 駆け引き イカサマ 裏社会

第14位 デスラバ

デスラバ

智弘カイ / カズタカ

【紹介文】話題騒然!!早くも100万DL突破エロス!!女嫌いの高校生・藤代康介は学校からの帰り道、突如何者かに拉致されてしまう。目が覚めると、椅子に縛り付けられ、見知らぬ美少女看守に嬲られようとしていた!!そこは男が檻に閉じ込められ、女たちに管理される謎の監獄!!ここは一体どこなのか?そして美少女たちの目的は!? 謎が謎を呼ぶ、絶望エロティック・サバイバル!!

【ユーザーレビュー】・ここまでエロスをストーリーに組み込めた作品が今までにあっただろうか。そもそも智弘カイさんの作画が好みというのもありますが、出てくる試練が見事に性癖にジャストミート。シリアスな空気から放たれる言葉の数々はまさに「声に出して読みたい日本語」。男対女の組み合わせもある程度決まっているのでNTRチックな印象を受けることはありません。もちろん、登場する女性の好みはありますがストーリーにぴったり当てはまっていることもポイント。話に中だるみ感があまりないのも魅力的です。
・何よりも作画が綺麗すぎて、とりこになってしまいました。ストーリーもしっかりあって単純なえろじゃないのもまた良いです

【おすすめするポイント】一見タイトルで殺伐としてる漫画なのかなと思いきやとてもエロティック!?日常を過ごしていた主人公・藤代康介が拉致された先は美少女達が管理する監獄。サバイバルを強いられた男たちと美少女の様々な誘惑・お色気シーンにドキドキします。原作はカズタカ先生、漫画は智弘カイ先生が担当されています。

【関連キーワード】拉致 エロ 監獄 美少女 サスペンス 純潔 ギャグ

第15位 タマロワ ~100%金目当て 資産35億のイケメンを巡る訳アリ女達の玉の輿バトルロワイヤル~

タマロワ ~100%金目当て 資産35億のイケメンを巡る訳アリ女達の玉の輿バトルロワイヤル~

山口ミコト / まりお

【紹介文】約35億円の資産を持つイケメン実業家の独身男性を、ワケありの美女たちが”あんな手”や”こんな手”で奪い合う「玉の輿婚活バトルロワイヤル」開幕――!!!! 借金持ちの美女、後藤優奈(27歳・処女)の人生逆転を懸けた闘いが始まる!!!!!

【ユーザーレビュー】・6人の女性が繰り広げるバチェラー的漫画。誰が犯罪者なのか含め、予想しながら見れるのが本当に楽しい。予想との裏切り、お金の欲望の素直さ、人間性の暴露、リアルに抜き取ってる部分もありとてもハラハラできる。多くの漫画を読んできましたが中々面白い部類に入ってくるし読者としてリスペクトと賞賛を素直にしたい作品
・内容といい、画とも買う価値がある作品だと、思います!
・女同士の戦いが上手く描かれていてすごくおもしろい作品です。自分の好きな感じの漫画でした。

【おすすめするポイント】「トモダチゲーム」「DEAD Tube ~デッドチューブ~」などデスゲームを題材とした作品で数々のヒットを飛ばす山口ミコト先生と成年向け漫画で活躍中のまりお先生による作品だけあってストーリーも作画も隙がありません。人気のリアリティ番組の様な展開の中にリアルでは描けないような人間のエゴ、過激さ、犯罪性などがあり没頭する事間違いありません。エロシーンもおすすめです。

【関連キーワード】人生逆転 過激 エロ 資産家 絶対服従 パワーゲーム

第16位 プラチナエンド

プラチナエンド

大場つぐみ / 小畑健

【紹介文】「私が“生きる希望”をあげる」 架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う――!?

【ユーザーレビュー】・展開がよめなさすぎて最高の一言です。キャラも凄くいいし、話の展開も無駄がないから一気に読めてしまいました。
・神の存在や生死の考え方、優劣や他人との向き合い方、自身との葛藤、幸せの在り方など生まれてきて誰もが一度は踏みとどまるテーマが多様に用いられており、読者がどの視点で見るかによって世界観も大きく変わる面白い作品だと思います。良い意味で漫画らしくない線の多いリアル調の絵柄が大好きで、一コマ一コマ人物の動きや表情をじっくりと楽しむことが出来ました。価値観はそれぞれだと思いますが、必ず誰の心にも響くものがあると思います。

【おすすめするポイント】バクマン。やデスノートを手がけた大場つぐみ先生原作、小畑健先生漫画のヒューマンドラマ。卒業式、今後の人生に絶望し自殺を図る架橋明日でしたが、恩人ならぬ恩天使に助けられます。恩天使は自由と愛を明日へ授けるというのです。その能力で明日は過去の真実を知ります。果たして現れたのは天使か、悪魔か。

【関連キーワード】天使 神 粛清 惨劇 戦い 死 アニメ化

第17位 100万の命の上に俺は立っている

100万の命の上に俺は立っている

山川直輝 / 奈央晃徳

【紹介文】合理的で友達もつくらない帰宅部の中学3年生、四谷友助。そんな彼が、唐突に異世界に飛ばされ、同級生の女の子2人と力を合わせて戦う羽目に。単独行動大好き、独自の視点でマイペース道を行く四谷は、主人公としてどうなのか──!!? アンチファンタジーを謳う、ファンタジー異色作!!

【ユーザーレビュー】・面白い。俗にいう邪道王道といった趣の漫画で、一癖も二癖もある主人公の一挙手一投足から目が離せない。また頻りに挟まれる心理描写も独特の描かれ方なので少し見づらいですがこれも魅力的だ。異世界ファンタジーの新たな金字塔の誕生であるのかもしれない。
・王道な異世界系の設定感ながらストーリーと主人公は異端な感じが面白い。増えていくキャラは本当に多様で、うるさくない程度に立っていて、それぞれに個性や役割も感じられる。クエストの内容は考えさせられることが多分にあり、読み応えあります。

【おすすめするポイント】「マイホームヒーロー」の原作者・山川直輝先生と奈央晃徳先生によるTVアニメ化もされた作品。ひねくれた性質の主人公のおかげか?お約束のゲーム、異世界ワールドを面白おかしく盛り上げています。冒険、恋愛、バトルありで飽きることなく読み進められる作品です。本作は「オープン・ワールド/ゲリラ農奴>>能動」を連載化したものとなっています。

【関連キーワード】異世界 召喚 攻略 クエスト 戦闘 討伐

第18位 無能なナナ

無能なナナ

るーすぼーい / 古屋庵

【紹介文】絶海の孤島にある学園。そこでは人類の敵に対抗すべく、若き能力者達が訓練に明け暮れていた。そして転校生の主人公も同様に「人類の敵抹殺」を胸に、行動を開始する…。想像をことごとく裏切る、正義と悪の知略サスペンス開幕!!

【ユーザーレビュー】・展開のスピード感が読みやすく、続きが気になってしまう作品。少しずつ主人公に芽生える優しさ感情の変化だけでなく、ミステリーチックな殺害犯行に関する推理も見どころ。多種多様な特殊能力持ち達のキャラ設定もわかりやすいので、変なストレスもなくスイスイ読めるのが好印象。
・面白いです!推理小説を読んでいるかのように、まさかまさかの展開が続くのでどんどん読んでしまいます

【おすすめするポイント】ストーリーのスピード感とナナの頭の回転の速さに驚き、引き込まれます。人類の敵と戦おうとするナナがクラスメイトを知るにつれて考えが変わっていくのですが、そのストーリーは涙するほど胸を締め付けます。原作を担当するるーすぼーい先生と古屋庵先生による、異能力学園ファンタジーから目が離せません!

【関連キーワード】能力者 孤島 学園 抹殺 トラウマ サスペンス アニメ化

第19位 終園地

終園地

本田真吾

【紹介文】平凡だが真面目な父、美しく優しい母、問題のない息子と娘。
何一つ不満のない幸せな家族……のはずだった。
そんな小宮一家が謎の遊園地“Happy Land”に迷い込むまでは──。
家族同士の秘密が暴かれ、目を覆う惨劇の幕が上がる…!

「ハカイジュウ」「切子」の本田真吾が新たに放つ、
戦慄の家族崩壊パニックホラー開園!!

【ユーザーレビュー】・秘密を暴露しないと生き残れない←これはありがちなパニックホラーの設定だなと思いつつ読み進めていたら、まさかまさかの衝撃のオチ。タイトルの伏線回収が凄い。これは絶対読むべき。
・まさかまさかの展開ばかりで、最初の不気味さと雰囲気で背中がずっとゾクゾクしていました。
・これは読んで損はない!こういうの好きだなー実際にあったらやだだけど。

【おすすめするポイント】「彩子」「ハカイジュウ」「切子」など、ホラーを得意とする本田真吾先生の家族の生き残りをかけたアトラクションパニックホラー。とにかくグロい、人がどんどん惨殺されて恐怖しかない。幸せな家族の絆が崩れだし、本性が露になっていく。一体どんな秘密が隠されているのか!?2巻完結作品、一気に読破しよう!!

【関連キーワード】ホラー 惨劇 秘密 パニック 家族崩壊 グロい

第20位 家族対抗殺戮合戦

家族対抗殺戮合戦

菅原敬太

【紹介文】小心者のサラリーマン・鞠山雅彦は妻と二人の子供、認知症の母と慎ましく暮らしていた。そんなある日、町から人が消えた!? 戸惑いの中、呼び集められた場所にいたのは7つの家族と巨大な人形たち。そして始まる強制参加のレクリエーション。逃げることは許されず、勝てば豪華賞品、最下位は罰ゲーム。家族会議で一人を生贄に!? 『走馬灯株式会社』の菅原敬太が贈る、命がけのドメスティックスリラー!!

【ユーザーレビュー】・グロい場面もあるけど、ただ全部がグロばかりでなく、家族の大切さ、人としての思いやりの大切さが魅力の漫画!
・グロやホラーが大丈夫で、デスゲーム物が好きな方は絶対に読む事を強くお勧めします。私がデスゲーム物に求めるのは「面白いゲーム内容であるか」が一番で、それに伴う「人間関係ゆえの諍いや意外性、どんでん返し」が二番目です。でもこの作品は人間関係の方にかなり振っているのにドハマリしてしまう面白さがあります。
・絵がちょっとグロっぽいけど、内容はすごく面白いです。理不尽な内容ながら、家族の絆や、お父さんの頑張り、友情に感動したり、けっこう読ませます。

【おすすめするポイント】菅原敬太先生の人気コミック。雅彦は妻に怒鳴られ、娘に疎まれ、息子に無視され、認知症の祖母に曖昧な微笑みを向けられる。ある日、町の家族を巻き込んだ殺戮ゲームが開始され──。エンターテイメント性もありながら、家族についても考えさせられる作品です。

【関連キーワード】ホラー 生贄 惨殺 対抗戦 犠牲 泣ける 感動

第21位 神さまの言うとおり弐

神さまの言うとおり弐

金城宗幸 / 藤村緋二

【紹介文】「生きる。」それだけがルール。ありきたりの日常が、「だるま」の出現で儚くも崩れ去る。それでも生きろ。生きてみせろ。死にたくなったことのある全ての人に贈る、「生」の物語! ――別冊少年マガジンの超人気カタストロフィ・サスペンスが週刊少年マガジンに移籍し、完全新作新連載! 第壱部『神さまの言うとおり』の同日・同時刻に始まる世界中で起こる“試練”!

【ユーザーレビュー】・一気に読破してしまいました……なんだろう、こんなにも大勢人が死ぬのに読後感に、謎の爽やかさが……限られた登場場面でのキャラクターの立たせ方が秀逸すぎて、前のめりに購入ボタンを押し続けていました。
・デスゲーム漫画の最高峰です。見ないほうが損でしょう。登場人物一人、一人が個性の塊で最後まで飽きません皆読みましょう
・とても面白くほんの数日で読破してしまいました。今まで読んだ作品の中で1番いい作品だなぁと思いました。

【おすすめするポイント】バトル・ロワイヤルや漂流教室などの、サバイバル・シチュエーション・ホラーの流れを汲むこの作品。親友同士の青山仙一と明石靖人。だが二人には、とあるわだかまりがありました。そんなある日、青山と明石、それぞれに試練が襲い掛かります…!平和な学校生活に突然現れる非日常。しかも、学校にある身近なものたちが突然牙を剥いてくる恐ろしさ。彼らを待つのは生か死か、第弐部も見逃せません!著者は原作:金城宗幸 作画:藤村緋二。代表作に「神さまの言うとおり FROM THE NEW WORLD」「インビジブル・ジョー」などがあります。第一部は2014年、三池崇史監督によって実写映画化されています。本作は、そんな大人気作品、待望の第弐部です。もちろん、第一部を読んでいなくてもバッチリ楽しめますよ!

【関連キーワード】ホラー 教室 日常崩壊 試練 命がけ 生き残り

第22位 BTOOOM!

BTOOOM!

井上淳哉

【紹介文】日々を無為に過ごす典型的なニートの坂本竜太は、突如見知らぬ男たちの手によって南海の孤島に連行される。そこで彼が強いられたのは、同じく島に連れ去られて来た人々との爆弾を駆使した殺し合い!?なぜ、誰が、何の目的で!?ゲームの名は『BTOOOM!』。その中身は驚愕の「リアルボンバーデスゲーム」。時限式、クラッカータイプ、リモコン型。数種の爆弾を使いこなし生き残るために爆殺せよ!!容赦なしのサバイバルゲームがスタート!!

【ユーザーレビュー】・少年マンガにありがちなヒーローものの荒唐無稽の創作世界を青少年向けに若干リアルにアレンジしたような荒唐無稽なバトル漫画。世界的な陰謀に巻き込まれて殺し合いを余儀なくされた人々の物語。主役の22歳男性とヒロインの15歳の少女に感情移入できる読者であればスリルを味わい成長や変化を堪能できるし面白く楽しめる。
・登場人物が魅力的で、どんでん返しに次ぐどんでん返しの連続で「そう来たんだ!!」とワクワクが止まりません。ラストが作者の書きたいラストと読者の望むラストの2パターンあるのも画期的で良かったです。
・この世の終わり系の漫画が好きです。この漫画はゲームにクリアしないと死んでしまうので頭脳戦のようなのが楽しいですね。

【おすすめするポイント】ニートの坂本竜太は、サバイバルゲームで10本の指に入る実力者。ある日突然無人島に連行され、現実世界での生き残りを強いられます。殺し合いの緊迫感、極限状態に陥った登場人物達のとる行動は!?ゲームクリエイターでもある井上淳哉氏の人気作品で、テレビアニメやゲームアプリにもなっています。

【関連キーワード】孤島 拉致 殺し合い 爆弾 脱出ゲーム 謎 アニメ化

第23位 DEATH NOTE モノクロ版

DEATH NOTE モノクロ版

大場つぐみ / 小畑健

【紹介文】このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!

【ユーザーレビュー】・キラとLのスピード頭脳戦、何年経っても、何回読んでも面白い。死神が憎めないキャラばかり。人間の方がよっぽど恐ろしいんじゃないか。絵もキレイで好きです。
・大学生の時に漫画で読んで20年以上経ちまた読みました。小畑先生の絵が大好きで難しいけど何度も読みたくなります。死とか殺すとか怖い言葉がたくさん出てきますが、不快感より興味や面白さが上回って、作者さんと漫画家さんのパワーに圧倒されました。
・ファンタジーサスペンス的な作品として、これくらいの完成度の作品があまり無いという点から☆5にしました。死神のノートを手に入れたことからの、主人公の変化とそれをめぐる駆け引きが秀逸だと思う。真っ当におもしろい

【おすすめするポイント】死神界に住む死神のリュークは「名前を書くと人が死ぬノート」、デスノートを人間界に落としてしまいます。それを拾ったのは、この物語の主人公、頭脳明晰な高校生:夜神月(やがみらいと)です。最初はデスノートの効果を信じてなかった月ですが、デスノートの効果を知り、自分が悪人を裁いていく新世界の神になることを目指します。その一方で、悪人が連続で不可解な死に方をしていることをおかしく思い、天才探偵のLが動き出します。月とL、二人の天才の頭脳バトル、先の読めない展開がとても気になります。アニメ化、映画化もされている超人気作品です。著者の代表作には「バクマン。」などもあります。

【関連キーワード】死神 サスペンス 頭脳戦 捜査 殺人 推理

第24位 カラダ探し

カラダ探し

ウェルザード / 村瀬克俊

【紹介文】【「少年ジャンプ+」人気No.1サバイバルホラー!!】友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香たち。それは、学校に伝わる“赤い人”の怪談を予感させるものだった――。早くすべてのカラダを見つけなければ、永遠に同じ日が繰り返され、何度も“赤い人”に殺されると言うが…。

【ユーザーレビュー】・今までいろいろなホラーを見てきましたが、ここまで読み応えのあるホラーは初めてでした。グロめの描写があったり、怖いシーンがあったりですが、苦手じゃない方には是非読んでいただきたい作品です
・ホラーな内容ではありますが、話が進むにつれて変化していく人間関係や赤い人達..ハラハラする場面があったりどうなるの?とドキドキしながら読むのが止まらない!
・公開された当初はただ怖くてグロかった印象でしたがカラダ探し、カラダ探し解と読み進めるとそれぞれのキャラ達が魅力的になっていきました。最初は衝突していたり、悪いキャラも最後の方は頼もしかったり。絵も綺麗で読みやすかったし、綺麗なので余計に怖さもありました。すごく、すごく面白かったです!!

【おすすめするポイント】少年ジャンプ+で絶賛連載中の人気作品。ある日友人の遥にカラダを探して欲しいと言われます。カラダ探しとは明日香の学校に伝わる怪談話でした。放課後一人でいると「赤い人」に会ってしまう、「赤い人」に出会ったら校門を出るまで振り返ってはいけないなど。そして明日香たちは深夜の学校へいつの間にか送られてしまいます。そして学校へ入ると「赤い人」が現れたという校内アナウンスが…。明日香たちは無事カラダを探し外へ出る事ができるんでしょうか。はっきり言ってめっちゃ怖いです!でも続きがどうなるんだろうってとにかく気になって一気読みしてしまうような作品です。原作はウェルザード先生の携帯小説です。作画は「DOIS SOL」「K.O.Sen」の村瀬克俊先生。

【関連キーワード】ホラー 怪談 サバイバル 仲間 精神錯乱 衝撃

第25位 血海のノア

血海のノア

里見有

【紹介文】豪華客船に乗り込んだ、あかり達一家三人。
「楽しい国内ツアー」という触れ込みだったこの旅行は、実は吸血鬼たちが支配する、地獄への片道切符だった――。
何処にも逃げ場のない孤立した海上で、一人、また一人と乗客が殺されていく――。
★単行本カバー下画像収録★

【ユーザーレビュー】・凄く好きです。現代版の吸血鬼スプラッターですが、ゴシックホラーなところもちゃんとあります。とても考えて作られているようで、妙な安心感と不安感が程よく混ざって読むのがやめられません。
・一気に読んでしまった。集中切らさず気づいたら読み終わってる漫画って中々無い。
・吸血鬼ものの中でもかなり魅力的。逃げ場のない船上、吸血鬼が確立した残虐な社会秩序の中で、生き残る術を模索する数人の無力な人間。

【おすすめするポイント】「蟲姫」「火傷少女」などのホラーを得意とする里見有先生の旋律のサバイバルホラー作品。海上という孤立した場面で、逃げることのできない壮絶な狩猟殺戮劇、スプラッターものが好きな人にオススメします。搾取する側とされる側、社会の縮図のような地獄のクルーズで乗客たちの運命は!?作品の隅々まで不穏な空気が漂っています。

【関連キーワード】ホラー 豪華客船 監禁 吸血鬼 サバイバル グロい

グロテスクから異世界ファンタジーまで奥が深いデスゲーム作品に眠れなくなること間違いなし!!

いかがでしたでしょうか?今回は自信をもってお届けできる本当にハマるデスゲーム作品をご紹介しました。デスゲームといえどもただの「グロい」描写の作品だけではありません。頭脳戦や心理戦であったり、極限状態の中の人間のエゴや弱さ、あるいはそんな中でも揺るぎない強い意志や尊厳などの人間模様が垣間見え、また新たな漫画ジャンルへの扉となるはずです。これを機にぜひ読んでみてくださいね。

メールで送る
LINEで送る
▲ページTOPへ