漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

シンクロ~入りこむ罪悪感~ 1巻

通常価格:
450pt/495円(税込)
(3.9) 投稿数17件
シンクロ~入りこむ罪悪感~(2巻完結)

作品内容

双子で美人な赤池姉妹は、生まれつき特異な能力を持っていた。それは、他人が罪悪感からみる幻覚や幻聴、恐怖にシンクロしてしまい、自分たちも同じモノがみえてしまうというもの。その能力のせいで、ふたりは様々な事件に巻き込まれてしまう……。――壊れていく人間たちの狂想曲。

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

シンクロ~入りこむ罪悪感~のレビュー

平均評価:3.9 17件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 罪悪感がみえる。
    あゆぴぃさん 投稿日:2019/9/28
    他人の罪悪感が見える双子の話。これってけっこうこわいです。人殺しの罪悪感は死体が見えたり、気持ち悪い。けど、一番こわいのは人殺しなのに何にも見えない=罪悪感ゼロの人がいること。

高評価レビュー

スタッフオススメ!
  • 視えるのは「罪悪感」
    双子の赤池姉妹には子供の頃から人とは違うモノが視えていました。特に人間の多いところに現れるオバケや幽霊のような姿をしたモノたち――それらは人間の「罪悪感」のビジョンでした。大人になった二人は自分たちの能力を理解し、視えてしまうことにうんざりしつつも普通に過ごしていたのですが、その能力のせいで様々な事件に巻き込まれ、人間の背負う業を見てしまうのでした…。「インモラル 性犯罪捜査班」などのサスペンスもので有名な坂辺周一の作品ということでやはりレベルが高いです。罪悪感が見えるという特殊な設定が興味深く、怖いのはオバケや幽霊ではなく人間なのだという真実を突き付けられているような気がしました。
    システム担当:くり
▲ページTOPへ