漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(11)

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.1) 投稿数15件
おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(11巻完結)

作品内容

一升庵若女将おせん、最後の最高のおもてなし! 部屋の室礼や古物の弄り方など、一升庵の帳場係としてずいぶんと板に付いてきたグリコ。しかし実家の母から入った一本の電話が、彼の日常を大きく変えることになり……!? ただひたすらに、ただひたむきに、変わらぬ日々に積み重なる伝統。日本のまっつぐな心を鮮やかに艶やかに描き続けた秀作「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」、これにて終幕!!

作品ラインナップ  全11巻完結

レビュー

おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。のレビュー

平均評価:4.1 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 小粋な、おいしい漫画
    maikoさん 投稿日:2019/8/8
    主人公が粋で好感がもてる。 なにより料理がおいしそう! 全く食べたことのない料理がでるのだが、 不思議とどんな味がするのか想像でき、 じゅるりとよだれがたれる。 深夜に読むとおなかがへります(笑)

高評価レビュー

  • (5.0) 作品タイトル通り「おせん」の続編です
    いっちゃんさん 投稿日:2018/5/7
    前作「おせん」がドラマの酷い出来の為に作者が一旦筆を降ろし、時間をおいて再開した続編です。 その当たりの不平不満を最初に作品内でチクリとやり返したり、作品タイトルもドラマを認めないという意味を込められていて、相当頭にきていたものと思われま す。 作品は前作「おせん」の和食文化そのものを描くのを引き継いでますが、加えてそれに関わる人間模様も描いております。 コマ割りは相変わらず横割りと縦割りが突然変わったり、見開きが縦になったりと独自で慣れない人には読みにくいですが、それも作者の作品文化とも言えるかと。 もっとみる▼
  • (5.0) 料亭
    まっくさん 投稿日:2017/2/28
    料亭のよだれが出てしまいそうなくらい美味しそうに描かれた素敵な料理、そして、おせんサンの品を感じさせるキャラクターに大満足。
  • (5.0) 作者のこだわり
    のほほんさん 投稿日:2017/1/4
    前作から新シリーズに至るまで、実写化の悪夢という悲劇を作者さんもファンも心底味あわされた末に生み出された再開編。 作者さんが筆をとり立ち直るまで1年以上も必要としただけに、どれだけ安易な実写化が弊害しかないかと思わされた事か。 それはさ ておき、前作から時間を置いた事、ひどい実写化を通して打ちのめされた作者さんが再開にあたって期したこと、そういう微妙な作品への臨み方の変化が新シリーズには表れています。 前作では、とにかく和文化の紹介に関わって現代っ子の主人公が徐々に和文化の良さに気付いていく、そういう人間ドラマでしたが、新シリーズからは和文化をもっと突き詰めて職人や造り手としての拘りや矜持といった部分まで踏み込んで、根源的な和文化の魅力と奥深い世界、現実に直面している課題や現代的な時代のニーズ、様々な側面から掘り起こして、時代が移ろいでも崩してはいけない守るべき文化の「和」の大切さを説いています。 前作が人間模様と文化の融合だったのに対して、今作は文化を通して向き合い方の美しさ、筋が通らぬことへの怒りが主軸となっているので、やはり、実写化への作者さんの想いが織り込まれていますね。 もっとみる▼

広告掲載中タイトル

青年マンガランキング

▲ページTOPへ