漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

女性マンガ
ふれなばおちん 1
この巻を買う/読む

ふれなばおちん 1

通常価格:
434pt/434円(税抜)
(3.9) 投稿数159件
ふれなばおちん(11巻完結)
作品内容

夫は大事です。でも、好きな人ができました。 結婚××年。家族のために生きてきました。それで幸せ、それが幸せ、と思っていたけれど、最近娘が、もっとキレイなお母さんでいてよ、なんてことを言いだした。母だけじゃ、いけないのでしょうか─。

作品ラインナップ  全11巻完結
レビュー
ふれなばおちんのレビュー

平均評価:3.9 159件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 一つの恋のはなし
    花子さん 投稿日:2018/1/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 徹頭徹尾、恋を描いた話だったと思います。 「いや 恋だった んで 愛に負けた」 最後の佐伯のこの台詞が、酷く心に響きました。 大抵の不倫ものがそうであるように、夏の愛は、子ども達へと向けられており、まず第一に優先されるのが子ども達です。 それでも、恋が愛に劣っているというわけではなく、夏の恋、佐伯の恋は誰の目にも特別なものでした。(番外編では、不倫した母親に捨てられてしまった子供の良ですらも、夏と佐伯の恋を特別なものだと感じていたのですから、こう捉えて良いのではないかと思います) 賛否両論あるようですが、ラストシーンはあれで良かったと思います。 普通の不倫ものなら、お互いに納得して別れて、やがて過去の綺麗な思い出へと変わっていくのでしょうが、そんな心安らかな終わり方では、まるで愛であるかのようです。 この話は、愛の話ではなく、恋の話なのですから、あれで良いのだと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 人の心の描写がりある
    みぃすけさん 投稿日:2017/10/11
    同じような立場でいるからなのか、こんなリアルな心情にすごく引き込まれます。なんで、家族って幸せはあるのに、ときめかないんでしょうね〜。どうなっていくのか、今後楽しみです。
  • (4.0) わりと現実的
    einoieさん 投稿日:2017/10/10
    不倫の話にしては、主人公があまり突っ走らなくて、そこそこ現実的でした。色々な意味でもう恋愛できない既婚女性たちの夢を形にした話かな!
  • (4.0) 1巻の表紙
    もやしさん 投稿日:2017/9/28
    誤解を招く表紙だなぁと思いますが、興味を引くには正解なのか?嘘くさい・押し付けがましい部分はあるものの、子持ちの40代女性の心の動きや、綺麗になろうと努力しても絵面的に大した効果はないところ、それでも溢れる「女」の部分がリアルで好きです。
  • (3.0) 皆いい人に見えるけど…
    式日さん 投稿日:2017/9/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画は漫画って区別をきちんとつけられる人なら楽しく読めると思います。 不倫は絶対にしちゃダメですからそれに対して嫌悪感を抱く人はイライラしてしまう可能性があります。 続きを読む▼
女性マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 女と母との狭間で
    若いころはもちろん「女」でした。ヒールの靴も、流行のオシャレもして、キレイでいようとしていました。結婚して〇〇年。子供たちもいて、家族のために尽くすことが幸せと思っていましたが…家族を持ち、子育てに追われて自分のことなんてかまってられない、それでもいいと一生懸命日々を過ごす主婦が、「女」を取り戻すきっかけになるある事件。母である自分には「女」は必要ないけれど、きれいに見られたい相手ができたら話は別です。主人公が、「母」と「女」の狭間で葛藤する様子がとてもリアルで、女性として共感しまくりでした。著者は、ドラマも好評だった「斉藤さん」の小田ゆうぁ。その他代表作に「喫茶anger」があります。
    制作担当:いちご大福
▲ページTOPへ