We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

ミュジコフィリア 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.0) 投稿数1件
ミュジコフィリア(5巻完結)

作品内容

美しい風景や音で溢れる京都を舞台に、芸大生たちが新しい音楽を鳴り響かせる――。「今、生まれるべき音」の芸術を追い求める若き群像とその疾走を、さそうあきらが色鮮やかに描き出す! 『神童』『マエストロ』に続く音楽シリーズ第3作!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • ミュジコフィリア 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    美しい風景や音で溢れる京都を舞台に、芸大生たちが新しい音楽を鳴り響かせる――。「今、生まれるべき音」の芸術を追い求める若き群像とその疾走を、さそうあきらが色鮮やかに描き出す! 『神童』『マエストロ』に続く音楽シリーズ第3作!!
  • ミュジコフィリア 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    美しい風景や音で溢れる京都を舞台に、芸大生たちが新しい音楽を鳴り響かせる――。『神童』『マエストロ』に続く音楽シリーズ第3作!!
  • ミュジコフィリア 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    芸大に入学し、現代音楽研究会の一員となった素朴な青年・朔。朔はそこで、ちょっと変わった作曲家の卵たちと出会い、潜在的な才能を開かせ始める……。 『神童』『マエストロ』に続く音楽シリーズ第3作!!
  • ミュジコフィリア 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    京都芸大の現代音楽研究会で、作曲にのめり込む朔。朔は、同じ音の感覚を持つ凪と惹かれあうようになる。しかし、そんな幸福な時間にも、否応なく未来がつきつけられる―――。 『神童』『マエストロ』に続く音楽シリーズ第3作!!
  • ミュジコフィリア 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    幼い頃、自分からピアノを奪った義兄・大成、遠く離れた東京でシンガーとして歩み始めた恋人・凪。主人公・朔に待ち受ける未来とは――!? 音楽中毒者たちが奏でる青春協奏曲、堂々フィナーレ!

レビュー

ミュジコフィリアのレビュー

平均評価:3.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 隠れた名作なるも未完
    パンサークローさん 投稿日:2021/6/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 さそうあきら先生が得意とする、音楽に身を捧げる若者の、切なくも可憐な世界観が広がります。 あまり知られていない、音科生(主人公は美術科)の日常の描写も、興味深く、地元では神童扱いされても、音楽科に来れば只の人になり、美術科よりも遥かに身を立てることが難しい、少しでも緩むと置き去りにされる、そんな現実が展開されます。 主人公は、ありがちではある、名作曲家の婚外子で、同世代の嫡子との愛憎に苦しみながら、才能を開花させていく設定です。 中盤、登場人物も増え、盛り上がりますが、主人公の恋人となるキャラが、大出世してしまい、いつのまにか、主人公が傍観者のような立ち位置になります。 最初は脇役だった人物が、どんどん出世して、主人公と逆転してしまう展開は、まるで、森の中にピアノがある、あの作品のよう。 それでも、なんとか自分を取り戻した主人公が、人生を切り開いていこうとしたところで、完結した、そのように感じました。 大出世した恋人と、同格になるまで自分も成長する、そんな王道の展開も見たかった、未完の佳作と言えましょう。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ