漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

繕い裁つ人(1)

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.8) 投稿数100件
繕い裁つ人(6巻完結)

作品内容

服に命を宿す人。どこか懐かしい町並みに響くミシンの音。祖母の志を受け継いで、その人だけの服、一生添い遂げられる洋服を作り続ける。そんな南洋裁店の店主・市江(いちえ)と、彼女の服を愛してやまない百貨店企画部の藤井(ふじい)。微妙な距離感を保ちながら関わる二人と、服にまつわる人々の思いを描き出す、優しい優しい物語です。

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

繕い裁つ人のレビュー

平均評価:3.8 100件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 独特の雰囲気を持つ主人公もまた発展途上
    エムエムさん 投稿日:2021/1/21
    この頃完成されたいかにもきれいな絵面より、不安定さのある絵に惹かれているような自覚があります。 自分の主義主張を持っている主人公ですが、反面不安定さも知っていて…緩やかに周りの人から影響を受けて咀嚼し成長していってる感じがすてきです。

高評価レビュー

  • (5.0) 素敵
    Ronさん 投稿日:2021/1/18
    ギラギラしてなくて上品でとても綺麗な絵柄。絵本のようでいて、ちゃんと漫画で、作品の中で作られる洋服のように丁寧に愛着を持って描かれているのが感じられます。登場人物も一人一人が物語を持っていて、息遣いさえ感じられる人々の生活、素材まで伝わって くるカップや料理、家や街並み、繊細な線で彩られる魅力的な世界と、ちょいちょい挟まれるコメディタッチなコマ。なんて美しい漫画なんだろうと溜息が出ました。まだ一巻を読んだところなので、ラストまで大事に読ませていただこうと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 繊細でいてしなやかに強い!
    ぺこさん 投稿日:2020/6/13
    淡々とした中に、頑固に光るいぶし銀のような話です。 この優しい世界観が好きで、何度も何度も読んでいます。 余談ですが、映画もなかなかよかったですよ!
  • (5.0) 2人の関係性
    yukiさん 投稿日:2020/6/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公と、その主人公の仕事に惚れ込んだ男性…恋愛、、?展開になるかな、と思いつつ読んでました。ラストは自分にとって『あー、素敵だなぁ。』と思えるラストでした。繊細な線で描かれる人物や洋服、風景ですが、人々はしなやかで、洋服はずっと見ていたい程綺麗に描かれています。個人的にどのキャラクターも好きですが、私は主人公の祖母の妹さん(ニューヨークでダンサーをしてる方)が気に入っています。素敵な漫画でした。 続きを読む▼
  • (5.0) 大好きです
    ねこさん 投稿日:2020/5/21
    話は淡々としてるんですが、内容も好きで何度も読み返してしまいます。絵のタッチも、電子で読んでるのに紙の質感を感じるような独特な風情があって、大好きです。
  • (5.0) 静謐な世界
    minanonnさん 投稿日:2020/4/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 まるでホイッスラーの絵のような端正で静謐、細やかな美しい世界。 でもそれは柔らかで破けそうなものではなくて、 骨太で、頑固な職人の気概が作り上げたもの。 とても美しい漫画です。 個人的には後半は、ちょっと変化に乏しく感じました 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • ひたむきに、誠実に。
    中谷美紀主演で実写映画化された話題の作品。著者は池辺葵。代表作に、文化庁メディア芸術祭受賞作品の「どぶがわ」がある。街の小さな洋裁店「南洋裁店」には静かなミシンの音が鳴り響く。店主の南一枝(いちえ)は、先代の祖母の志を受け継ぎ、その人だけの一生寄り添える洋服を作り続ける。そんな彼女の服を愛してやまない百貨店企画部の藤井。二人を中心に、服にまつわる人々の思いを描き出した、やさしくて温かい物語。淡々とした、でも繊細なタッチで紡がれる物語は、登場人物一人一人に寄り添うように進んでいく。一枝の服に対するひたむきさ、揺るがない信念のあり方に、思わず胸が熱くなる…
    制作:のぞ
▲ページTOPへ