漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

このよのはじまりこのよのおわり

通常価格:
619pt/680円(税込)
(3.9) 投稿数16件
このよのはじまりこのよのおわり(1巻完結)

作品内容

幼馴染みへの恋心を自覚した、あの日から早十年――…
人気女形となった佐根市は、相も変わらず幼馴染み・善介への想いを秘めたまま、“惚れた腫れたは芸の肥やし”と数多の女たちと色恋を繰り返していた。そんなある日、次の演目の役がどうしても掴めず、煮詰まった佐根市は善介の家を訪ねる。しかし、そこで彼の縁談相手だという娘にばったり出くわし――…!?

さまざまな時代の儚くも粋な恋模様を緻密に描いた待望の麗人ファーストコミックス!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

このよのはじまりこのよのおわりのレビュー

平均評価:3.9 16件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 心に残る短編集
    salmonさん 投稿日:2019/12/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 「傘を持て」がすごく良くて、たうみまゆ先生の作品を読みたくて購入しました。初コミックスのようですが、この本に収録されている短編も全部良かったです。愛する人の死から始まるお話が二つあってそれぞれに残された者が前を向いて歩き出せるようなやさしい終わりかたでした。その時代時代で生きていく人の営みや温もりを感じられたように思います。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 素晴らしい
    michelleさん 投稿日:2017/8/4
    心に響くいいお話ばかりでした。時代物ですがその時代時代の難しいことは描かれていないので小難しくなく読めます。時代背景上、人物の髪型が同じで描き分けが分かりにくいお話もあります。とてもいい短編集でした。
  • (5.0) 全ての結末が良かった
    おもちさん 投稿日:2017/3/31
    半額の機会に作家さん買い。かつ最近百と卍を読んで芽生えた江戸欲を満たしたくて。 江戸時代が3作品、明治から昭和迄を1作品ずつ収録。短編だからと購入後回しにしていたの軽く悔やむぐらい良い作品ばかりでした。 時代物といっても小難しくは無 く、一般的に皆がイメージする其々の時代の雰囲気の作品ばかりなのも読み易かった要因かも。 全体的に話にピリッと痛いテーマはあるのですが暗いままで終わるのが一つも無くてそこが良かった。短編特有のもっと続きが読みたい!な物足りなさは無く、余韻を残しながらもうまく纏まっています。短編で星5って中々付けにくいですけど結末の良さに。 後書きで「なんちゃって時代物として読んでね」と作者さん謙遜されてますが、詳しい方でもあんまり違和感は感じないんじゃないかな?と全然詳しくない私は思いました(^^) もっとみる▼
  • (5.0) いい話多過ぎ
    イシュカさん 投稿日:2017/3/27
    ツライ思いや、報われない思いや大好物ばかりでした。もちろんハピエンも。無理矢理くっつけるとかないから、甘々ではないけどリアルで胸にくる。無理矢理盛り上げようとかなくて、淡々とした中に情が流れてて気付くと夢中に。本当にあった話だと言われても疑 う事ないと思う。沢山あって得した気分です。 もっとみる▼
  • (4.0) 一風変わった時代もの短編集
    Minminさん 投稿日:2019/12/4
    江戸時代から昭和初期までの6cpが登場する時代もの短編集。普通のBLに飽きたあなたにオススメです。表題作『このよのはじまり このよのおわり』は前編で十代の恋の自覚と戸惑いを、後編で10年後の2人が結ばれるまでを描いています。 色恋は芸の肥や しだと女遊びばかりしていた女形役者の佐根市が幼馴染の善介だけには純情な様子にニヤニヤしちゃいます。 女みたいに綺麗な善介の方が実はキッパリしていて漢でした。 最後の描き下ろしで2人の更に10年後が見られます。その他のお話もそれぞれ良いですが、『カラスの名前』が切なく余韻の残る感じで好きでした。短編だから仕方ないけれど、全部もうちょい先が見たかった。エロはあるにはあるけど、そっちはあまり期待せず物語重視だと思って下さい。 もっとみる▼
  • (4.0) 時代劇短編集
    どらみさん 投稿日:2017/5/17
    ハピエンから切ない別れまで、色々な話が入ってます。江戸〜昭和初期まで時代背景も様々。姉の婚約者と恋仲になってしまい苦しむ弟の話と、若くして亡くなった兄の葬式で、兄の恋人と会う弟の話が切なかったです。
▲ページTOPへ