漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

ピカロ 2巻

通常価格:
550pt/605円(税込)
(4.0) 投稿数2件
ピカロ(3巻完結)

作品内容

1984年の大阪に飛んでしまった冴えないフリーライターの安住純は、自分が一度は記事にしようとした昭和最大の未解決事件「オギリ・東亜事件」が開幕するまさに直前、その震源地にいることを知る。事件の未来を知っているのは、この時代では彼ただ一人。1984年から今に至るまで、永遠の謎となった真犯人・ピカロ。“俺にしか暴けない世紀の大スクープが……そこにある”事件の詳細が書かれてあるタネ本を武器に、今まで誰も解けなかった未解決事件の真犯人を暴こうと、安住は真犯人・ピカロに宣戦布告する!「ノイズだらけのカセットテープ」「事件前に大阪府内で起きた郵便局強盗」「監禁時にオギリの社長が着せられていた戦前の軍用コート」「安住が飛んできた平凡な団地の一室」……これらは「オギリ・東亜事件」とどのように絡み、どのような「思惑」が込められているのか!?幾重にも織り重なる「昭和最大の謎」を切り崩せるのか!?そして…事件は起きる。安住の想定外の形で。果たして、安住のいるこの世界は一体なんなのか?さらに加速する、日本震撼ダークミステリー!

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

ピカロのレビュー

平均評価:4.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 最後までハラハラ
    さとくまさん 投稿日:2019/3/13
    1巻無料で読んだら続きが気になって最後まで一気に読んでしまいました。事件の首謀者、主犯の家族、事件を暴こうとするライターと仲間達がそれぞれキャラが立っているし、長くなりそうな内容を3巻でコンパクトにまとめているので無理のない長さで読みやすか ったです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 戦後最大の劇場型犯罪、開幕
    りのさん 投稿日:2016/2/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 昭和の未解決事件であるグリコ森永事件をモチーフに、タイムスリップというファンタジー要素を加えて、冴えないフリーライターが事件解決に挑むお話。無料で読んだ一巻は、物語が走り始めるまでで不穏な雰囲気がこの先を期待させてくれます。事件の全貌もさることながら、どうしてタイムスリップしたのか、声帯のない女性の謎など、続きが気になります。 続きを読む▼
▲ページTOPへ