漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
日日(にちにち)べんとう【期間限定無料】 1

日日(にちにち)べんとう【期間限定無料】 1

通常価格:
534pt/587円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数102件
日日(にちにち)べんとう(13巻完結)

作品内容

【春マン!! 期間限定無料!!】※2021年5月13日までの期間限定無料お試し版です。2021年5月14日以降はご利用できなくなります。谷 黄理子。32歳。毎朝の日課は、20年使っている“わっぱ”にお弁当をつめること。雑穀米とつけ物は、欠かせない。ちょっぴり家庭が複雑で、職場の上司にも振り回され気味だけど、毎日コツコツ。それが黄理子流。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全13巻完結

  • 日日(にちにち)べんとう【期間限定無料】 1
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    【春マン!! 期間限定無料!!】※2021年5月13日までの期間限定無料お試し版です。2021年5月14日以降はご利用できなくなります。谷 黄理子。32歳。毎朝の日課は、20年使っている“わっぱ”にお弁当をつめること。雑穀米とつけ物は、欠かせない。ちょっぴり家庭が複雑で、職場の上司にも振り回され気味だけど、毎日コツコツ。それが黄理子流。
  • 日日(にちにち)べんとう 2
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    幼い頃の禅寺での生活のおかげで、糠、粕、麹はお手のもの。そんな黄理子のおべんとうは、地味だけど、なぜかいつも美味しそう。母親とのちょっと難しい関係に悩む日も、職場の上司に不覚にもトキメク日もあるけれど、一日一日を大切に。それが黄理子スタイル。
  • 日日(にちにち)べんとう 3
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    幼い頃、禅寺で過ごした黄理子の毎日は、その日の体調に合わせて、お米を炊くことから始まる。“日日是好日”。一日一日を大切に。苦手だった母親との関係もやや軟化。上司・荒井との距離も近しくなった。そんな黄理子の前に一人の青年が現れ…。
  • 日日(にちにち)べんとう 4
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    初鰹、冷やしおでんにガリご飯。決して豪華ではないけれど、旬と工夫を大切に。おいしく食べて、しっかり生きる。黄理子スタイルは、今日も健在。荒井との仲も、さらに深まった。そんな時、紫藤から“パートナー”になりたいと告白されて…!?
  • 日日(にちにち)べんとう 5
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    幼い頃を禅寺で過ごした黄理子にとって、“食べる”こととは、“生きる”こと。落ち込んだ日も、悩んだ日もいつでも毎日しっかり食べる。ある日、禅寺へお墓参りに行った黄理子は、方丈爺の墓前で紫藤に遭遇し、思いがけず一泊することに。そして、それを荒井に知られ…。
  • 日日(にちにち)べんとう 6
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    悩んで、迷って、心が疲れたら、黄理子だって食欲がなくなる日はある。だからこそ思う、「ごはんを美味しくいただけるって最高」。SC食品での最終日、紫藤からの告白を断った黄理子。その一方、荒井からのプロポーズにも返事をしないままで…。
  • 日日(にちにち)べんとう 7
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    荒井からのプロポーズに「結婚してもいい」と答えた黄理子。しかし結婚準備は、荒井の実家や元嫁も絡み、なかなか進まず…。そんな時荒井が、黄理子にとって、信じられない行動を!? 黄理子と荒井。黄理子の母・紅子、そして、紫藤との関係が大きく動く第7巻!
  • 日日(にちにち)べんとう 8
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    恋と仕事。人生の、大きな曲がり角。傷ついた心は、どうやって癒したらいい? 誰よりも“食”を大切にする、黄理子の場合は…。荒井との別れに胸を痛める黄理子。まかないの仕事をこなす中で、デザイナーとしての大仕事が! そして、そんな彼女の隣に寄りそうのは…。
  • 日日(にちにち)べんとう 9
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    紫藤と新しい生活を始めた黄理子。その中で、黄理子に初めての気持ちが芽生える。「“家族”って、こんな感じでいいんだ」無理しすぎず。がんばりすぎず。恋も仕事も前進してきた。そんな時、紫藤に思わぬ疑いが!? 一方、黄理子の母・紅子の身にも…。
  • 日日(にちにち)べんとう 10
    登録して購入
    通常価格:
    534pt/587円(税込)
    幼い頃から、母・紅子とは生き方が相容れなかった。大人になっても、それは変わらない。特に女としての生き方は。紫藤と暮らし始めて、もうすぐ一年。黄理子の、紫藤との“フランス婚”生活も軌道に乗ってきた。そんなある日、ふたりに大きな変化が!?

レビュー

日日(にちにち)べんとうのレビュー

平均評価:4.0 102件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 深い海のような心になれます!
    ebiminさん 投稿日:2021/5/8
    正直、最初は全然面白くないって思ってたのにっ!って感じでストーリーの構成にただただプロの技が光りまくってやられっぱなしです。銀ちゃんの時からの紫藤くんとの付き合いも、アッパーカットでノックダウン的なのにそれすら気持ちいい!!最初のプロローグ は必要なストーリーだった、とじわじわくる、素晴らしい作品です。天才的な人物の動かし方に心鷲掴みされました。古き良きの時代を心に響かせる。佐野先生、お見事です。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 早く次巻が読みたい!
    きんぎょさん 投稿日:2017/2/24
    現在8巻まで読みました。食と人間ドラマがいい感じに絡み合ってて面白い。最終的にどうなるのかドキドキハラハラもあって、次巻が待ち遠しいです。お願いだから、あっちとはくっつかないでとか、こうなったのには何か理由があってのことなんだろうなとかいろ いろ思いめぐらしながら読みました。 ※最新刊追加9巻最高!もうめっちゃ面白くて繰り返し読んでしまいました!最初、1巻はただのメシ漫画の印象。主人公もガサツで荒さが目立ち、読む人をイラッとさせます。1巻だけ読んで読むのをやめた人絶対に損してます!6巻くらいからどんどん面白くなります! もっとみる▼
  • (5.0) 面白い!
    futomomoさん 投稿日:2019/11/18
    少女漫画?(女性漫画?)にしては主人公のきりこがホントに可愛げも色気も全く無いですが、なぜか二人の男性から言い寄られていました。 でも荒井さんに対する態度や対応が、ホントに冷たいし(しかもエッチもしてない)、連絡もしない、話す機会があると ケンカばかり、で乗り換えられて当たり前だなと思います。むしろ、荒井さんはよくあそこまで忍耐したなと…。 でも時折出てくるきりこの育ての親のお坊さんの言葉に、ハッとさせられたり背筋が伸びたり。。 ちゃんとしたご飯を食べたくなるし作りたくなる漫画。 もっとみる▼
  • (5.0) 美味しくて幸せ
    うさららららさん 投稿日:2020/5/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 美味しいものがたくさん出てくるグルメ本?と思いきや、主人公の生い立ちから、幸せになるまでの道のりをお弁当箱が語りながら、進んで行きます。 お母さんとの確執、恋人をまさか実の母親に盗られるとか、主人公には、考えられないような問題がたくさん出てきますが、本当に愛する人を見つけて幸せをつかむことへのステップだったのね。と、納得できます。 もちろん、お料理の要素もたくさんあり、楽しむことができます。 人生、真面目にコツコツやればちゃんと見てくれて幸せになれるよ。と力ももらえます。 続きを読む▼
  • (5.0) ほっこりするお話
    ポポロン86号さん 投稿日:2020/2/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 最後まで読みました 曲げわっぱが焦げちゃうシーンでは、予期せぬ出来事で黄理子と同じく大ショックを受けてしまいました 荒井さんと付き合ってる時から、紫藤さんといる時の方が自然体で2人の纏う空気感がすごく素敵だったので、その2人がくっついたのは嬉しかったです 完結してしまいましたが、2人に子どもは出来るのかとか…フェードアウトした青太郎に幸せは訪れたのか…とか、もっともっと続きが読みたかった作品です。 日日の暮らしを丁寧に生きようと思わせてくれる、素敵な作品です 続きを読む▼
  • (5.0) 面白いです。
    アトムさん 投稿日:2018/11/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 佐野未央子先生の 漫画大好きです。 前の きみのいない楽園も そうですが、 ひとりひとりの 感情と いうか 作り出す事が 上手いです。 主人公が たんたんと しているけど とても 強い。 荒井さんの裏切りは ショックでした。 紅子さんも 娘の 彼氏と 寝る? と思うけど そのお陰で 紫藤くんと ラブになったので 結果オーライですかね? このまま 紫藤くんと 幸せになってほしいです。 とても 楽しい 優しい ストーリーです。 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • 弁当の中身は個人情報!
    「君のいない楽園」「お目にかかれて光栄です」の筆者、佐野未央子先生が描く毎日を大切にコツコツ暮らす32歳、デザイン事務所勤めの個性の強いOLさんのお話です。黄理子は禅寺育ちの節約女子、物を大切にし、滋味料理を丁寧に作り本当に必要なものしか持たず、堅実・質素な女でしかも「わっぱ」にお弁当を詰めるヒロイン!そして、なんと20年来の主人公の持ち物である、まげわっぱの弁当箱がナレーターという本作(笑)黄理子のわけありの家庭や、仕事、恋?の行方そして…。使い捨て、飽食が溢れている現代だからこそ、そんなヒロインの生き方に沢山の感じる事があるかも知れない1作です。毎日に疲れた時にこそサプリのようにこちらをどうぞ!!
    制作:パーマ
▲ページTOPへ