漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

斜陽 ─まんがで読破─

通常価格:
500pt/550円(税込)
(4.8) 投稿数4件
斜陽 ─まんがで読破─(1巻配信中)

作品内容

戦争が終わって、私たちの本当の戦いがはじまった……。没落貴族のかず子は、滅びるものなら華麗に滅びたいと、道ならぬ恋に溺れていく。最後の貴婦人である母と、麻薬に溺れ破滅していく弟・直治、無頼な生活を送る小説家・上原。戦後の動乱の中を生きる四人の、滅びの美しさを描く太宰治の代表作を漫画化!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

斜陽 ─まんがで読破─のレビュー

平均評価:4.8 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) よかった
    さささん 投稿日:2017/11/5
    冒頭のシーンが有名ですが、初めて目を通しました。人物の描きわけが若干不明瞭なせいか途中時系列が意味不明な箇所がありましたが、全体通じ雰囲気などよく出ていました。

高評価レビュー

  • (5.0) ジワジワと
    ティンカーベル好きさん 投稿日:2008/12/21
    ジワジワと面白さが伝わるお話です。 いきなりの貴族生活から田舎での貧しい暮らしへの変化。 かずこがお母さんに対する気持ち・上原への秘められた気持ち。 これは読んでよかったと思いました。
  • (5.0) 文学入門に
    イカ太郎さん 投稿日:2008/7/13
    遠い昔、高校生の頃に読んだ記憶を辿りながら見ました。敗戦により没落してゆく貴族の家庭を描いた物語ですが、今のご時世と重なる点も多く、若い人には理解しにくいかもしれませんが原作の退廃的な雰囲気を忠実に描いてある良い作品です。
  • (4.0) 原作の前に気軽に♪
    みゆタンさん 投稿日:2008/7/24
    太宰なんて難しそう、、、と縁が無かった私ですが一気にさらっとよめました。 上原に特別な感情を持つかず子ですが私ならこんな男性絶対に好きにならないけどな〜なんて思いながら読みました。 最後も【え〜、そういう終わりかた!?】と思いましたが文学的 な作品の終わりってこう言う風なのかしら 難しい活字は無理なんだけど【取りあえず太宰くらいは】と興味のあるかたにはわかりやすくてお勧めです 全体的にマッタリした展開に感じました もっとみる▼
▲ページTOPへ