漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

少年☆周波数 王様の棋譜(1)

通常価格:
560pt/616円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数5件
少年☆周波数 王様の棋譜(6巻完結)

作品内容

入江弘貴・15歳は、負けず嫌いの美少年。幼なじみのライバル山根の存在が、最近やけに気になっている。そして、そんな入江をさらに悩ます、一人の男が現れて-!? キラメキ☆ボーイズライフ!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全6巻完結

  • 少年☆周波数 王様の棋譜(1)
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    入江弘貴・15歳は、負けず嫌いの美少年。幼なじみのライバル山根の存在が、最近やけに気になっている。そして、そんな入江をさらに悩ます、一人の男が現れて-!? キラメキ☆ボーイズライフ!!
  • 少年☆周波数 王様の棋譜(2)
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    文化祭ですれ違っただけの裕貴に、なぜか興味を持ち始めた芳賀。一方、母親から理由も知らされないままに、テレビトーナメント杯出場を禁じられた裕貴は――!? キラメキ☆ボーイズ・ライフ第2巻!!
  • 少年☆周波数 王様の棋譜(3)
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    芳賀の通う横浜恵和高で、イベント中に倒れた裕貴。原因は芳賀――!? 一方、家では雑誌に写真がのったことで母と対立してしまい――。キラメキ☆ボーイズ・ライフ、急展開の第3巻!!
  • 少年☆周波数 王様の棋譜(4)
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    突然よそよそしくなった北村の態度にとまどう裕貴。一方芳賀は、ある疑いを抱きながら裕貴の通う高校の学園祭を訪れる。無意識の感情に操られるように近づいていく二人だが――? キラメキ☆ボーイズライフ、緊迫の第4巻!!
  • 少年☆周波数 王様の棋譜(5)
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    史隆が異母兄と知らない裕貴に、母は彼と関わることを強く禁じた。一方、六冠王・北村は現役高校生棋士として裕貴を注目させようと画策し――!? いよいよ物語の核心に向かう第5巻!
  • 少年☆周波数 王様の棋譜(6)
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    裕貴の家族の事情を、北村がわざと暴露した!? 覇王戦で、目標としていた北村六冠王と対戦することになった裕貴は動揺し―――。

レビュー

少年☆周波数 王様の棋譜のレビュー

平均評価:4.4 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 連載時読んでました
    shinoさん 投稿日:2021/1/24
    最近将棋にハマり、昔連載時に読んでいたのを思い出して購入しました。 今見ると、将棋界にかなり忠実に描かれていて、なかなかチャレンジされた作品だったのかと改めて感じました。 特に3段リーグと女流棋士の話はなかなかくるものがありました。

高評価レビュー

  • (5.0) 星4,5。話が面白い!BLぽくはない。
    lvivさん 投稿日:2016/10/19
    はっきり言ってこれほどBL臭のない作品も珍しい(笑、なんでBLカテゴリ?) それほど恋愛の話を期待して読んではいけません。 でもそれでも読んで正解!!! と思うほどストーリー自体が面白い話です。 私は好きでした。 シーモアでは ほとんどレビューのない(あっても低い)方ですが、他社サイトですごく良い感想が沢山ついてた作者さん(広く浅くではなく固定ファンがいそう)。 恋愛抜きの基本ストーリーにちゃんと魅力と面白さがあり、ゆえにBLぽくなくても面白い! でもあえていうならこれが少女誌やひかるの碁のように少年誌で受けるかというとピンとこない。 キャラ的魅力(萌え?)でいうとたぶんBLを読む人に受けそうな気はした。 恋(までは?)ないけど師弟の想いやキスとかあるし。 というわけでいかにもBLらぶじゃなくてもOKな長編好きな方には超オススメしておきます。 ひかるの碁の将棋バージョンのような話。 (でも本作のほうがひかるの碁より古い作品だとか) 主人公や周囲のキャラの将棋にかける想いや勝負のストーリー。 でもたとえば麻雀漫画のように細かいルールはガチで出ないので、将棋を知らない人が読んでも楽しめます。 私はヘボだけど昔好きだったのでさらに面白かった。 まだ学生だけどプロ棋士昇進の主人公。 ライバルは幼馴染。 進学や学生でありながら棋士が優先で普通の学生と違う価値観ですが彼らの葛藤があります。 ただラストが残念。 駆け足だったのかな? もんのすごく面白く読んでただけにいきなり急な展開&エンドでもっともっと先の話まで欲しかった(泣) 番外編の短編が収録された2冊がほかにありますが、それでも物足りない。 これで終わりが本当に残念! でもそれでも6+2冊購入に後悔はない。 それほど読んでて面白かったです。 <以下余談ですが> 登場人物たちがやたら頭良い人たちばかりでかっこいいすが、それも納得。 本当に強い棋士は何十手先も読めるそうなのでつまり頭が良くないと強くなれないのが将棋。 ゲーム類が好きですが、将棋ほど頭を使うゲームを知らない。 麻雀も捨て牌読んだり頭使うけど引きの良さなど運も半分。カードも同様。 けど将棋は100%実力。 チェスは西洋版将棋だけどコマの使い回しがないので将棋のほうがもっと複雑。 もっとみる▼
  • (5.0) 懐かしい
    りかさん 投稿日:2019/7/28
    昔読んだなぁと懐かしくなり、購入しました。将棋界が舞台ですが、知識が無くてもすんなりお話しにはいってきます。
  • (4.0) 懐かしさのあまり買ってしまった
    ちるちさん 投稿日:2019/8/10
    懐かしい〜〜懐かしいよ〜!! この頃羽生さんとかで将棋が流行ってたのかな? それはもっと前か? これ、最初はもうちょっと不思議系の話にしたかったのを無理やり路線変更したのか、その設定自体を途中で忘れてしまったのか、ちょいちょい「これ本当は使 おうと思って張ってた伏線なんだろうな」とか「これ本当は違う使いかたしようと思ってたのにうまく描けなかったんだろうな」ってところが見られる。ものすごく大風呂敷広げたのに、こんなに小さくまとめちゃうの!? っていう話。 もっとみる▼
  • (4.0) 懐かしい
    油谷さん 投稿日:2017/3/12
    佐久間先生を初めて知った本です。将棋について全く知らないのにわかりやすくて読めました。
▲ページTOPへ