漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

アイ’ム ホーム 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.0) 投稿数5件
アイ’ム ホーム(2巻完結)

作品内容

事故で過去5年間の記憶を失った家路久。自分のポケットにあった10数個のカギをもとに本当の自分と、帰るべき場所をさがす長い旅が始まった……。 ▼第1話/思い出した家▼第2話/アイジンの家▼第3話/元祖(もと)・家▼第4話/男友達(しんゆう)の家▼第5話/人事課・家路課長▼第6話/義妹(いもうと)の家▼第7話/仮面(じぶん)の家▼第8話/スバルの心情●登場人物/家路久(半年前、事故で記憶をとぎれとぎれに失った40代の男)、ヨシコ(家路の現在の妻)、ヨシオ(家路の現在の家庭の子供。家路になついている)、スバル(家路の元娘。反抗的な中学生)、カオル(家路の前妻)●あらすじ/家路は会社から自分の家に帰ってきたつもりだったが、そこは、別れた家族の家だった。その家で暮らしている娘のスバルに過去のことを聞くが、はっきり思い出せない。さらに彼女からお父さんのことがキライだったと言われてしまう……。(第1話)▼家路はまたもや他人の家に上がり込んでいた。そこは、杏子という女性の家だった。杏子は、かつての愛人だった。彼女が原因で、地方に左遷されたことを知った家路は……。(第2話)●本巻の特徴/離婚した元家族や、友人の家を訪ね歩き、過去の自分のことを聞く家路。果たして記憶は戻るのか!? そして、少しも自分の家族と思えないヨシコたちとうまくやっていけるのか!?

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

アイ’ム ホームのレビュー

平均評価:3.0 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 上巻での期待が…
    あゆさん 投稿日:2018/3/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 上巻での期待が下巻で裏切られた気分です。終わりなんてモヤモヤどころじゃないです。記憶をなくす前のかなりの屑っぷりと今の違いを披露していって…まぁ自分を省みる旅ということでしょうが、最後は何の為の急展開?という感じ。色々あって最後は仮面が取れる…筈じゃないの!?…結局消化不良です。最後でガクリ。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 家族って
    よっちゃんさん 投稿日:2015/4/18
    家族とは何か?結婚とは? この漫画を通して改めて家族のことを考えさせられた
  • (4.0) 家族というもの
    あいさん 投稿日:2018/1/21
    家族というものがどうして家族となりうるのかを、 “記憶”をキーにして書かれている。 記憶、つまり軌跡が、人を家族にしていく。 読んで誰もが自分の思い出と重ね合わせるのではないだろうか。
  • (4.0) 向き合うということ
    どらさん 投稿日:2017/1/15
    家族とはいえ、本音で向き合うことが難しい場合もあって、それが「家族の顔が仮面に見える」という表現で表されているのがとても面白いと思いました。 仮面を外すために、家族と向き合おうとする主人公にとても共感できます。
  • (1.0) なんだこれ
    仮面のオッサンさん 投稿日:2015/8/5
    大根役者が主役の茶番劇の原作らしいのですが…好みじゃないし原作者がかなりの左翼思想なのでアウト
スタッフオススメ!
  • 果たして記憶は戻るのか!
    ごく普通のサラリーマン家路久。妻も子供もいて幸せな家庭なはずだったのですが、単身赴任先の火事が原因で5年間の記憶を失ってしまいます。元妻と離婚をしていたことも忘れていました。再婚し、新たな家庭を持っているのですが、現在の妻と子供の顔が何故か仮面に見えてしまう家路…。元妻と子供のことは覚えているのに…。そして家路が持っていた10本の鍵は一体…。空白の5年と本当の自分を取り戻す為、鍵をヒントに記憶を探していきます。妻と子供の仮面も外すことはできるのでしょうか。2015年に木村拓哉主演でテレビドラマ化された作品です。謎が多く先が気になりとても面白い作品です!
    営業:ませびー
▲ページTOPへ