漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

裏の祠の狐憑き

通常価格:
648pt/712円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数1件
裏の祠の狐憑き(1巻完結)

作品内容

「美しすぎて、なんや目も眩む気ぃするわ」
「先生? 小汚い子狐ですよ?」

引きこもりの漫画家に、アシスタントが世話を頼んだのは子狐。けれど、漫画家には儚げな絶世の美少年に見えるらしい。
それは『恋』のしわざかも…v 誑かされたのは人間? それとも神のお使い狐? 平凡な日常に散りばめられた摩訶不思議事。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

裏の祠の狐憑きのレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ファンタジーな作品集
    ねねさん 投稿日:2019/7/6
    表題シリーズほか、短編と中編ひとつずつ収録。全体的に優しいファンタジー。ちょっと古めの作品。 「裏の祠の狐憑き」 小さな祠のおきつねさんが人の姿になって縁結び。その壱はいつも祠にお供えしている漫画家アシスタント・矢敷×同じアパートのリー マン・習ちゃん。その弐からその参は矢敷のアシ先の漫画家・泉水×キツネ。キツネからはあまり恋心のようなものは匂ってこず、性格は騒々しいけど内容は淡々と。矢敷と習ちゃんの方がちゃんと恋愛してる感じで好きかなー。 「あんなに可愛かったのに」 2歳年下の幼馴染み・尊×瑛太。可愛かった幼馴染みが大きく成長。昔ながらの夏祭りいいなあ。 「君という現象」ほか1作 叔父の家に居候している高校生・諒が出会った幽霊の少年。もう仕方なかったとはいえ、何年も執着していた叔父さんのことはいいのかな? もっとみる▼
▲ページTOPへ