We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
きみと見た ほうき星を探して【描き下ろしおまけ付き特装版】 1巻

きみと見た ほうき星を探して【描き下ろしおまけ付き特装版】 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数216件
きみと見た ほうき星を探して【描き下ろしおまけ付き特装版】(1巻配信中)

作品内容

【描き下ろし番外編18Pを新たに収録!!】近くにいれば、いつでも会えると思ってたんだ――高校最後の文化祭、天文部の展示を手伝ったことで、絆を深めた河合と大原。ところが、卒業後、だんだんとすれ違いはじめ…。息がかかるほど近くにいるのに、絶望的に届かない。流れゆく星を追いかけるようなふたりの恋は――。すべてのはじまりだった高校最後の文化祭を描いた番外編「はじまりの星」もお見逃しなく!! 【本作品は「きみと見た ほうき星を探して」第1~6巻/第1~16話を収録した電子特装版です】【フィカス】

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • きみと見た ほうき星を探して【描き下ろしおまけ付き特装版】 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    【描き下ろし番外編18Pを新たに収録!!】近くにいれば、いつでも会えると思ってたんだ――高校最後の文化祭、天文部の展示を手伝ったことで、絆を深めた河合と大原。ところが、卒業後、だんだんとすれ違いはじめ…。息がかかるほど近くにいるのに、絶望的に届かない。流れゆく星を追いかけるようなふたりの恋は――。すべてのはじまりだった高校最後の文化祭を描いた番外編「はじまりの星」もお見逃しなく!! 【本作品は「きみと見た ほうき星を探して」第1~6巻/第1~16話を収録した電子特装版です】【フィカス】

レビュー

きみと見た ほうき星を探して【描き下ろしおまけ付き特装版】のレビュー

平均評価:4.4 216件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) すごい大恋愛
    ピカさんさん 投稿日:2021/9/11
    なんて話だ〜!大大大恋愛…!!単純にこんなに好きな人が出来るって羨ましい。ふたりの相談役の先輩がいいですね。

高評価レビュー

  • (5.0) これ毎度泣いちゃうのよね〜
    わっきゃさん 投稿日:2018/2/4
    展開わかってるのに泣けちゃう。好きなお話。 高校時代から両片想いの二人、大学生の河合×高卒会社員の大原のお話。大原のそばにいたくて同じマンションに住んだのに、いざ大原が越す時になり慌てた様に恋心に捉われる河合。 すれ違いや思い込みで 気持ちが寄り添わない二人〜もぅ!踏み込みきれないどっちの気持ちもよくわかるから切なかった。大原はノンケ×ゲイの壁や家庭環境から進学もやめたし諦める事に慣れちゃってたのかな、切ない。 流星群と同じだなぁと思った。ほんのちょっとのタイミングやズレで見るチャンス逃してしまう流星群と二人の恋心。上手いなぁ。 あのままじゃホントにダメだっただろう二人が、代々木先輩のナイスアシストであんなクライマックスを迎えられるなんて。代々木先輩MVP!プラネタリウム作って仕切り直しは可愛くて切なくて泣けた。前向きな仕切り直しでやっと通じ合った二人、この先は大丈夫かな?覗いてみたいなぁ。続編は無理なのかな〜 もっとみる▼
  • (5.0) 自然消滅な恋をもう一度やり直す
    るんさん 投稿日:2021/8/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 作家さん買いです。家庭の事情で進学を諦めた大原は、一人天文部河合の文化祭展示物を手伝ったことで互いに絆を深め距離を縮める。河合はわざわざ大原と同じアパートに引っ越してきたのに、大学とバイトに明け暮れ、社会人大原の誘いをことごとく断る。大原はそれでも天体望遠鏡を買い天文学に詳しくなり二人の関係が深まることを信じていたが、ついに諦めアパートから引っ越すことを決める。で、河合が焦って何とか関係を修復しようと頑張り始めますw河合は自分から大原と同じアパートにしたのに、何やってんだろうね。こういう性格はなかなか変わらないから大原は見切りつけたほうがいんじゃないかとも思ったw環境が変わり、すれ違いから自然消滅なんてよくある話だけど、二人の根底には、文化祭展示物をコツコツ作ったあの時間があったから、頑張って踏み止まれたんだろうな。しかし、文化祭で誰も見に行かないとかあるのか。入りが少ない場所は皆んなで顔出したりしたけどなあw 続きを読む▼
  • (5.0) 両想いから付き合うまでがリアル
    あいさん 投稿日:2018/6/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 この作品を読んで、昔の自分を思い出して身悶えしてしまった。単純に河合くんが旦那に似てるのもあるけれど。 わかる、わかるぞ。 どうしようもなく好きなんだけど、傷つきたくないから虚勢を張って、諦めよう試みたり、友達のままなら永遠にこの関係続けられるんじゃないかとか、でも、ダメだ、好き過ぎる。 距離ができると平穏に戻るのだけれど、距離が近づいた瞬間に燃え上がる。 相手に好きだと言われても、素直に受け入れられず、気持ちに温度差があるんじゃないかと疑って号泣したり。私と同等の好きでなければ許さないと妙に強気だったり。 急に呼び出したり。突き放したり。 無茶苦茶だった自分を思い出した。 よく旦那、私と付き合う気になったなぁ。 あの頃を無茶苦茶だと思えるのは、もう関係が成熟して愛情が確立しているからなのだと妙に納得してまった。 続きを読む▼
  • (5.0) 胸が締め付けられるようなキュン。
    チコリさん 投稿日:2015/9/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 三月先生のお話はほとんど拝読させていただいてますが、どれもハズレなく、本当に素晴らしいです。毎回、長編の映画を見終わったような読後感で、胸が熱くなります。 両想い同士の二人にはズレがあって、そのズレはなんなのか、お話が進むにつれ、だんだんわかってきますが、そこがもどかしい。でも全く間延びしていない。最初から最後まで二人の関係が『星』と絡み合って繋がっていきます。 心情の描写が丁寧で、人間臭くて、BLだからこそ描ける世界なのが良いです。 とにかく、絵がとても丁寧で綺麗で読みやすくて大好きです。 エロシーンもエロくていいです。物語りの流れで必然性もあるし、描写が結構生々しくて、大好きです。 キューピッド佐々木が、ほんといい人!惚れる!(笑) 描き下ろしがついていて嬉しかったです。 続きを読む▼
  • (5.0) 教科書指定作品です
    いなげさんさん 投稿日:2018/6/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 高校最後の文化祭で出会ったひとり天文部の河合くんと天文部を手伝うことになった大原くん。スタートは高校ですが、お話の起点はその2年後から始まります。それも両片思いであるとお互い認識すると同時にアパート隣同士を引越す決意を大原がするという波乱の幕開けです。 ストーリーテラー三月えみ先生の作品名だけにふたりの描写や内に秘めたほの暗い感情などゆっくりあぶり出しのように見えていきます。どんな恋心も明るいだけの感情では居られないことを思い出させてくれるお話です。 BLのというより恋愛漫画の教科書のような1冊です。 この電書のほかに紙コミックスが別表紙でありますが内容はほぼ同じ。紙コミックスは電書コミックスからの改定完全版です。より深く作品を理解出来ると思います。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ