漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

半熟作家と“文学少女”な編集者

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.2) 投稿数5件
文学少女(9巻配信中)

作品内容

新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわか笑顔で容赦なく原稿修正を指示してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り回される!? そんな時届いた脅迫状じみたファンレター。そこにはまだ刊行される前の小説の内容が書かれて……って差出人は、まさか!? 半熟作家・雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、物語や文学を食べちゃうくらい愛する“文学少女”の、最後の物語。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • “文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!
  • “文学少女”と飢え渇く幽霊【ゴースト】
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    文芸部部長・天野遠子。自称“文学少女”。彼女は実は食べ物の代わりに物語を食べる妖怪だ。彼女の後輩・井上心葉は、常に彼女に振り回され「おやつ」を書かされている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」などと書かれた紙片や数字を書き連ねた謎の紙が投げ込まれる。文芸部への挑戦だと心葉を巻き込んで調査をはじめる遠子だが、見つけた「犯人」は「わたし、もう死んでるの」と笑う少女で!?
  • “文学少女”と繋がれた愚者【フール】
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「これは食べ物への冒涜よっ!」物語を食べちゃうくらい深く愛している”文学少女”天野遠子。彼女が、図書館の本のページが切り取られていることを発見してしまったため、文芸部の後輩井上心葉は、またしても振り回されるハメになったのだが……。 学園中が文化祭の準備に沸く陰で、追いつめられ、募っていく狂気。過去に縛られ立ちすくむ”愚者”に、”文学少女”が語る物語とは――?
  • “文学少女”と穢名の天使【アンジュ】
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    文芸部部長、天野遠子。物語を「食べちゃうくらい」愛しているこの“文学少女”が、何と突然の休部宣言!? その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放課後を過ごすことになったりと、平和な日々が過ぎていくが…。クリスマス間近の街からひとりの少女が姿を消した。必死で行方を追うななせと心葉の前に、やがて、心葉自身の鏡写しのような、ひとりの”天使”が姿を現す―。
  • “文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    遠子の受験・卒業を目前にし、寂しい思いにとらわれながらも、ななせと初詣に行ったりして、和やかなお正月を迎える心葉。だが、ななせがケガをし、入院先に見舞いに行った彼は、その心を今も縛り付ける、ひとりの少女と再会する―! 過去に何があったのか。そして今、彼女は何を望んでいるのか…。心葉は、そしてすべての物語を読み解く”文学少女”は、その慟哭の中から「真実の物語」を見つけ出すことができるのか!?
  • “文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    『悪い人にさらわれました。着替えと宿題を持って、今すぐ助けに来てください』―そんな文面で呼び出され、貴重な夏休みを姫倉の別荘で過ごす羽目になった心葉。“おやつ係”として呼ばれたはずが、麻貴の挑発に乗せられた遠子に引きずられ、昔屋敷で起こったという惨劇の謎解きをする羽目になり―!? 不敵に微笑む麻貴の望みとは? 自らの“想像”に心を揺らす“文学少女”の“秘密”とは―?
  • “文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】 上
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    2月。文芸部の放課後の時間は、今も穏やかに流れていた。けれど、遠子の卒業の日は迫っており、次第に彼女は別れをほのめかし始める。そして―。突然の、”文学少女”の裏切りの言葉。愕然とする心葉を、さらに流人の言葉が翻弄する。「天野遠子は、消えてしまう」「天野遠子を知ってください」―”文学少女”の真意とは? 心葉と遠子の物語の行く末は!?
  • “文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】 下
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    「書かなくてもいい。ずっと側にいる」―そう告げるななせに救われた心葉。だが、そんな彼を流人の言葉が脅かす。「琴吹さんのこと、壊しちゃうかもしれませんよ」…そんな時、突然、遠子が姿を消した。空っぽの家に残るのは切り裂かれた制服だけ。心葉は遠子を追えるのか? 露わになってゆく真実に、彼が出す答えとは? 遠子の祈り、叶子の憎しみ、流人の絶望―その果てに秘められた物語が今、明らかになる…!
  • 半熟作家と“文学少女”な編集者
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわか笑顔で容赦なく原稿修正を指示してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り回される!? そんな時届いた脅迫状じみたファンレター。そこにはまだ刊行される前の小説の内容が書かれて……って差出人は、まさか!? 半熟作家・雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、物語や文学を食べちゃうくらい愛する“文学少女”の、最後の物語。

レビュー

文学少女のレビュー

平均評価:3.2 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 遠子先輩…ほんとに食べてるの?
    Sahyaさん 投稿日:2019/5/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 本のページをむしゃむしゃ食べる、っていうのが、比喩なのかリアルなのかで「えぇ…?」となりました。ファンタジーなのかなと見せかけて、「ある人の人生を読み解いていく」という『読解力』を武器に謎を明らかにしていくという、不思議なお話。独白が、まさかあの人のものだとは…。有名な作品のオマージュなので、原作本も読み返してみたくなります。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 他人とうまくいかない少年少女のための青春
    はさみさん 投稿日:2018/5/27
    主人公は、好きな女の子を目の前で失うという痛ましい経験をした少年です。 それまでの自分の世界が全て崩れ去るような想いをした彼は、それ以来、人との関係の構築を避けています。 しかしあるとき、そんな彼の前にとある“文学少女”が現れます。彼女 は、人間関係の複雑にもつれた感情や意思を物語のように読み解きながら、主人公ひとりでは見えない世界の扉を開いてくれるのです。 友達とうまくいかなかったり、好きな人と傷つけあったり、家族に見捨てられたり、信じた人に裏切られたり、大切な人を失ったり……それでも私たちは生きていかなくてはならない。 そんなときにページをめくると、苦悩を感じて生きているのは自分だけではないと、そっと勇気づけてくれるような優しさのある青春小説だと思います。 一方で、作家の孤独や、作品が他人を傷つけることの業にも踏み込んだ作品でもあります。 自分が描くことで誰かが傷つくことに苦悩したことのある人間なら、主人公の苦悩に共感するところがあるかもしれません。 それでも尚、この作品はそういった愛憎の全てを含んだうえで、物語を生み出すことを信頼を込めて肯定しています。 その信頼は、読むたび私の心をあたため、小さくとも確かな灯を胸に抱かせてくれます。 もっとみる▼
  • (3.0) 続きが気になる
    カズキさん 投稿日:2018/1/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 一話完結のミステリーであり、全体を通じての謎解きもあり…なので続きが気になる面白さ。 ただ当の主人公の秘密が途中でわかっちゃうのが残念。もう少し引っ張っても良かったし、もう少しひねりが欲しかった。 一話完結のミステリーも文学をなぞってるだけあって謎解きとしては簡単すぎるかな。 文学パロとしては元ネタを知ってると解釈が面白いと思うので、モチーフの文学を読むか最低でもあらすじを抑えておくといいかも。 結局文学少女がなぜ紙を食べちゃうのかってのが気になってたのでそこの謎が全く明かされなかったのががっかり。謎じゃなくてそこだけファンタジーなところに違和感が残った。 個人的には文学少女をはじめ女性キャラの性格がみんな好感を持てなかったのでキャラにはハマれなかった。 続きを読む▼
  • (3.0) 私は好きかな
    みみずくさん 投稿日:2015/11/21
    最後がこんな感じかなーと思っていた通りに終わってしまったのが残念だけど、とでも面白かったです!
▲ページTOPへ