漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】

通常価格:
560pt/616円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.2) 投稿数5件
文学少女(9巻配信中)

作品内容

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

レビュー

文学少女のレビュー

平均評価:3.2 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 遠子先輩…ほんとに食べてるの?
    Sahyaさん 投稿日:2019/5/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 本のページをむしゃむしゃ食べる、っていうのが、比喩なのかリアルなのかで「えぇ…?」となりました。ファンタジーなのかなと見せかけて、「ある人の人生を読み解いていく」という『読解力』を武器に謎を明らかにしていくという、不思議なお話。独白が、まさかあの人のものだとは…。有名な作品のオマージュなので、原作本も読み返してみたくなります。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 他人とうまくいかない少年少女のための青春
    はさみさん 投稿日:2018/5/27
    主人公は、好きな女の子を目の前で失うという痛ましい経験をした少年です。 それまでの自分の世界が全て崩れ去るような想いをした彼は、それ以来、人との関係の構築を避けています。 しかしあるとき、そんな彼の前にとある“文学少女”が現れます。彼女 は、人間関係の複雑にもつれた感情や意思を物語のように読み解きながら、主人公ひとりでは見えない世界の扉を開いてくれるのです。 友達とうまくいかなかったり、好きな人と傷つけあったり、家族に見捨てられたり、信じた人に裏切られたり、大切な人を失ったり……それでも私たちは生きていかなくてはならない。 そんなときにページをめくると、苦悩を感じて生きているのは自分だけではないと、そっと勇気づけてくれるような優しさのある青春小説だと思います。 一方で、作家の孤独や、作品が他人を傷つけることの業にも踏み込んだ作品でもあります。 自分が描くことで誰かが傷つくことに苦悩したことのある人間なら、主人公の苦悩に共感するところがあるかもしれません。 それでも尚、この作品はそういった愛憎の全てを含んだうえで、物語を生み出すことを信頼を込めて肯定しています。 その信頼は、読むたび私の心をあたため、小さくとも確かな灯を胸に抱かせてくれます。 もっとみる▼
  • (3.0) 続きが気になる
    カズキさん 投稿日:2018/1/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 一話完結のミステリーであり、全体を通じての謎解きもあり…なので続きが気になる面白さ。 ただ当の主人公の秘密が途中でわかっちゃうのが残念。もう少し引っ張っても良かったし、もう少しひねりが欲しかった。 一話完結のミステリーも文学をなぞってるだけあって謎解きとしては簡単すぎるかな。 文学パロとしては元ネタを知ってると解釈が面白いと思うので、モチーフの文学を読むか最低でもあらすじを抑えておくといいかも。 結局文学少女がなぜ紙を食べちゃうのかってのが気になってたのでそこの謎が全く明かされなかったのががっかり。謎じゃなくてそこだけファンタジーなところに違和感が残った。 個人的には文学少女をはじめ女性キャラの性格がみんな好感を持てなかったのでキャラにはハマれなかった。 続きを読む▼
  • (3.0) 私は好きかな
    みみずくさん 投稿日:2015/11/21
    最後がこんな感じかなーと思っていた通りに終わってしまったのが残念だけど、とでも面白かったです!
  • (1.0) 暗い話
    なたさん 投稿日:2015/10/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻読んだが、太宰治の人間失格を意識して作っていて、 あまりに有名な作品でもあるので新鮮味もなかった。 続きを読む▼
▲ページTOPへ